TOP
衛生管理コラム

第25話 本質の考え方④ HACCP/FSMSを例として

マネジメントのヒント

本質の考え方の3つめの例として、HACCP/FSMSのお話しをします。
HACCPによる衛生管理は、各原料の受入から製造、製品の出荷までのすべての工程において、食中毒などの健康被害を引き起こす可能性のある危害要因(ハザード)を科学的根拠に基づき管理する方法です。

コラム「工場のペストマネジメント」で、HACCP/FSMSの優れた点として、製造現場に出て、製造現場を全体的にとらえ、効果的な仕組みを作ることの大切さと、その手順を示したこととお伝えしました。

私は、CCPでの管理も大切ですが、CCPを決めるまでの手順、一般的衛生管理をチェックし管理の仕組みを作ることも大切と考えます。
特に、食品安全で効果的な仕組みを作る過程で、いろいろ気づくこと、調べて知識がつくこと、共同作業でチーム力がつくことを考えると、この仕組み作りも、HACCP/FSMSの本質のように思います。

HACCP/FSMSの本質を考えた時、例えHACCPが義務化されても、自ら現場に立つことなく、見本のチェックシートを写しただけ、他のマニュアルや手順書を写しただけでは、食品事故は減らず、HACCP の効果が疑問視されるのではないかと思います。

最新の衛生管理コラム 6件

ペストマネジメント
第93話 勉強会のあり方 従事者の勉強会をおこなう時は、 「おこなわないといけないから」と、ありきたりの勉強会をおこなうのでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することを考えたいです。 話を聞いて終わりでなく、…続き
ペストマネジメント
第92話 工場内に工事業者を入れる時② 工場内に工事業者さんを入れる時に、おこなうべきことを考えます。 まずはおこなうことです。 工事業者さんの出入口を決めます。 できれば1か所にしぼりたいです。 【工事前】 歩行昆虫…続き
ペストマネジメント
第92話 工場内に工事業者を入れる時① 工場でモニタリングをしていると、急に捕獲数が増えることがあります。 何か変わったことがなかったか訊くと、「工事が入った」との言葉を聞いたりします。 品質担当者の方の中には、製造中以外は…続き
マネジメントのヒント
第42話 食品安全で問われるもの 肉まんで有名な会社の異物混入が報道されました。 工場で豚まんのあんの中にビニール片が入っているのを従業員が見つけたそうです。 会社は、混入原因とみられる箇所を確定し、対応すると同時に、1.…続き
マネジメントのヒント
第41話 日本人の持つ「和」の強さを信じる 令和6年能登半島地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。また、犠牲になられた方々に、謹んで哀悼の意を表します。 また、東日本大震災で犠牲になられた方々にも、謹んで哀悼の意を表します…続き
マネジメントのヒント
第40話 小さな行動が大きく変える この所、会社の倉庫がきれいになりました。 昨年入った新人のおかげです。 洗濯場の汚れた作業着は、洗濯後いつもきれいにたたんで置かれます。 大切な道具である噴霧器はきれいに手入れされ、…続き