TOP
お役に立ちたい…
東化研
衛生管理
コラム〉〉〉
HACCP/FSMS対応
ペストマネージメント

東化研の考えるペストマネージメントとは?

HACCP/FSMS対応 ペストマネージメント

HACCP/FSMS対応ペストマネージメントは、明確な防虫計画を立て、防虫計画に基づき昆虫調査をおこない、対策を実施し、記録を残していく昆虫対策です。

HACCP:虫混入が起こる要因を明らかにして、虫混入を防ぐ計画を立て、
FSMS:その計画が、ただしく運用されるようにします。
HACCPの製造工程一覧図にそって、現場を確認し、防虫計画を立てることが特長です。

虫のリスクは無視できない

ねずみ・虫対策は、「一般的衛生管理」の中で、「年2回以上のねずみ・昆虫の駆除作業、又は、定期的な生息調査等に基づく防除措置に関すること」とだけ書かれています。
危害要因として考えると、虫は軽微ですが、異物混入を起こしてしまうと、印象が悪いだけでなく、回収になることもあります。食品工場の皆様にとって、そのリスクは無視できないものです。

それでも、なおざりになる虫対策

しかし、虫対策は、害虫駆除業者任せになっている工場が多いです。こんなことはありませんか?
・明確な防虫計画がない。
・第三者に自社の工場の防虫対策を説明できない。
・毎回の生息調査で、調査結果の表と、トラップの位置だけを示した報告書を受け取って終わっている。

昆虫対策は、生息調査をおこなうだけのものではありません。薬をまくだけのものでもありません。

手をぬいた調査・モニタリングがおこなわれていませんか?

・虫の数が多いと、中央付近の一部だけを調べ、それを単純に10倍している。
・報告書には、結果の表とトラップ位置だけが載っている。
・毎回、不可能な対策が、繰り返し記載されている。
・ライトトラップのランプ交換がおこなわれていない。
※ライトトラップについては、誘虫灯の紫外線が劣化するため、年に1回以上に交換することが望まれます。

なぜ、HACCP/FSMS対応ペストマネージメントはできないか?

防虫計画の作成は大変です。防虫計画には、今ある問題から、製造ラインの重点箇所を、どのように守るかを計画します。害虫駆除業者の、姿勢・力量が問われる場面です。
ところが、実際にはどうでしょうか?ある業者から契約が変わったとき、防虫計画が示されることなく、前の業者と同じ内容でモニタリングを始める会社があります。お客様から「今の害虫駆除業者と同じ内容で見積もって(今より安くしてね)」と言われ、まったく同じ内容で値引きしている場合も多いです。そうすれば、当然、ねずみ・昆虫対策は同じ内容になりますし、毎月のモニタリングも、いかに時間をかけずにおこなうかを考えるようになります。
価格が安いのが問題であると言っているのではありません。防虫計画の大切さが、食品(や医薬品)工場の皆様に、理解されていない。防虫計画がないままに、モニタリングだけがおこなわれ、モニタリングという作業が無駄になっていることを、問題視しています。

工場の皆様は、日常業務に追われ、時に監査対応などが入り忙しい。害虫駆除業者も、モニタリングなど日々の業務に追われて大変です。それで、毎月のモニタリング結果も、十分に検討されないままファイルされ、目を通すのは監査の前だけということがおこります。
これでは、良いペストマネージメントは望めません。

「防虫対策は製造ラインを守る」という意識の欠如

防虫対策は、製造ライン(製造ラインの異物混入が起こる可能性のある場所)を中心に考えないといけません。異物混入を防ぐとは、侵入する/発生する虫から、製造ライン(製造ラインを流れる製品)を、守ることだからです。

虫を侵入させない/虫を発生させない対策を立てることは必要ですが、それが十分でないときは、侵入した/発生した虫を、製造ラインに近づけないようにする対策を考えないといけません。製造ラインを守るために、第一の対策だけでなく、第二・第三の対策を合わせて考えるわけです。
しかし、製造ラインを守るという意識がなければ、対策を組み合わせるという考え方が浮かびません。報告書に対策を羅列して終わったり、できない対策を毎回繰り返して報告したりします。

解決にならない2つのパターン

1)対策の羅列
製造ラインを守る虫対策は、仕組みで考えないといけません。仕組み作りには、対策の組合せや優先順位が必要です。ただ対策を羅列しただけでは、なんの解決にもなりません。

2)解決不可能な指摘の繰り返し
潤沢に予算が使える工場はなく、多くの工場が構造的な問題を抱えています。そのような解決不可能な問題を毎回指摘してもなんの解決にもなりません。「現状、この様な(解決できない)問題があるので、この様にして製造ラインを守る」という考え方をしないといけません。

虫対策の第一歩は、現状を知り、それにあった防虫の仕組みをたてることです。

虫の侵入には、原料・資材搬入/製品搬出管理や施設の構造が深く関わります。
虫の発生には、施設・設備の構造や管理が深く関わります。
昆虫に起因する異物混入は、製造ライン上で起こります。「昆虫の侵入や発生は、どこが危険なのか」、「製造ラインのどこで異物混入が起こる可能性があるのか」、防虫の仕組みは、この2つの視点で計画しなければなりません。そして優先順位を決めていきます。

対策を絵に描いた餅にしないために優先順位が必要です。

優先順位をつけることは、2つの点から大切です。

①予算組みができること。
ねずみ・昆虫対策予算には限りがあります。明確な防虫計画を立て、重要度と費用対効果を検討し、優先順位をつけることによって、予算の無駄をなくします。

②対策を守る環境を作る
ほとんどの対策は、作業の手間を増やします。その手間が対策徹底を難しくします。一度に多くの対策を始めるのでなく、もっとも大切な一つの対策から始めます。一つの対策が実践できたら、次の対策と、徐々に広げていきます。
作業者に、対策を徹底する経験と、効果を実感してもらい、対策を守る環境(文化)を作っていくと良いです。

むつかしく感じますか?

防虫計画を立てることを、むつかしく感じますでしょうか?難しいというより、大変と感じるかも知れません。
しかし、最初に防虫計画を立てると、モニタリングの結果も活かされますし、作業者への説明もしやすいです。監査の時の説明も明確になります。
とは言っても、皆様の仕事は、虫対策だけではありません。むしろ、虫対策は、業務のほんの一部です。虫対策に、そんなに時間をかけられない気持ち分かります。

もし良かったら、お手伝いさせてください

今までいくつもの工場の防虫計画を立ててきました。防虫計画の運用にも関わって来ました。品質管理の方、工場長と、二人三脚で取り組んだこともあります。
皆様の仕事を、お手伝いさせてください。

私どもの採用を真剣に考えてくださるのであれば、HACCP/FSMS対応ペストマネージメントをご説明します。内容を気に入っていただければ、皆様の工場の防虫計画を作成いたします。できあがった防虫計画を見て、私どもの採用をご検討ください。

防虫計画作成の流れは次の通りです

第1日目:面談、内容説明、聞き取り、製造工程一覧図/図面お預かり(防虫対策図作成)
※第1日目で、お互い信頼できれば、防虫計画作成します。

第2日目:現場調査
※工場の広さにもよりますが、十分な時間をください(通常1日)
防虫計画作成に数日お時間をください。

第3日目:プレゼンテーション・管理見積り提出
2時間くらいお時間をください。できるだけ多くの方に出席いただいてください。
見積りについては、必要な金額を算出いたしますが、予算などあればご相談にのります。

遠慮しないでください。条件はたった一つです。

ねずみ・虫対策を真剣にお考えの方は、遠慮しないでください。
例え、条件が合わなくても、防虫計画を立てる過程で、皆様は多くの情報を得ることができます。皆様が、真剣に虫対策を考えて、私どもの採用を検討いただく限り、多くの情報・ヒントが得られます。条件は、ただ一つです。
「真剣に虫対策を考えて、私どもの採用を検討いただく」ことです。

「採用するつもりはないけど、情報だけは取ろう」「任せたら仕事が楽になりそうだから採用するか」
この様なお客様は、お断りさせていただきます。

「真剣に虫対策を考えて、私達を信頼してくださるお客様」のために、私たちは働きます。

皆様は、明確な防虫計画によって、次のことが確認できます。

・HACCPの製造工程一覧図にそった、現場(製造ライン/施設)確認
・施設内の問題箇所(虫の発生箇所、侵入箇所)
・製造ライン上で異物混入が起こる可能性のある場所
・上記をまとめた図面
・問題箇所から、異物混入が起こる可能性のある場所を守るための防虫計画
・その優先順位
・対策が計画通りに機能しているかを、チェックするモニタリング計画

採用検討時、価格保証いたします。

防虫計画作成に当たっては、実費いただきます。
費用に含まれるもの:交通費/担当者人件費 ※費用については、お見積もりします。担当者人件費は「お客様の熱意」によって変わります。本費用は、ご契約をいただければ、同額を管理費から値引きさせていただきます。

[価格保証]
万が一、ご報告・ご提案内容が、お気に召さない場合は、費用は全額お返しいたします。安心して、ご連絡をください。
※この場合、作成した全資料は持ち帰らせていただきます。
私どもの採用を真剣に考えてくださる皆様には、情報を出し惜しみいたしません。是非、ご連絡をください。

私が対応します。

30年間以上、防虫関係の仕事に携わって来ました。お客様に恵まれ「どのようにしたら製造ラインが守れるか、対策が活かされるか」に取り組み、実践できる時間をたくさん持つことができました。忙しい中、限られた予算の中、いかに現場に即した対策をたてるか試行錯誤を繰り返すことができました。いまだにその経験がベースにあり、防虫計画を重視しています。
監査に来た方も、HACCPの様に理論だった防虫計画に、感心される方が多いと聴きます。きっと皆様のお役にたてると思います。

カタログ一覧他サービスのカタログ一覧へ

只今準備中です。