TOP
衛生管理コラム

第70話 HACCP/FSMS対応ペストマネジメントにおける異物検査⑥ カタラーゼテスト②

ペストマネジメント

前話に続き、カタラーゼテストの話をします。
前話では、反応状況を観察するというお話をしました。

分かりやすくするために、虫だけでなく、髪の毛についてもお話します。
次の点を押さえて下さい。
髪の毛:毛根部にしかない(毛根部が残っていないと髪の毛はカタラーゼテストできない)。
昆虫:キチン質上にはない。ということです。

○髪の毛をカタラーゼテストします。
1)毛根部だけから、酸素が出ていたら、非加熱。
2)毛根部から酸素が出なければ、加熱もしくは、頭部から落下してかなり(数ヶ月以上)日が経っている。
3)毛根部だけでなく、毛幹部からも、酸素が出ていたら、微生物がいると考えられる。
ア)毛根部からの酸素発生の勢いが明らかに強い→非加熱の可能性が高い。
イ)毛根部からの酸素発生が、毛幹部からの酸素発生量と同じ。
→ 加熱後か、頭部から落下してかなりの日数経過している可能性が高い。

○昆虫体をカタラーゼテストします。
1)虫体の内部だけから、酸素が出ていたら、非加熱
2)虫体の内部から酸素がでなければ、加熱もしくは、死後かなり(数ヶ月以上)日が経っている。
3)虫体のキチン質部位や翅から、酸素が出ていたら、微生物がいると考えられる。
ア)虫体の内部からの酸素発生の勢いが明らかに強い→非加熱の可能性が高い。
イ)虫体内部からの酸素発生が、他の場所と同じ→加熱後、もしくは死後かなりの日数経過している可能性が高い。
その他に、カビが生えていたら、アルコールで拭き取って、検査したりします。

この様に、酸素発生量だけでなく、発生状況を細かく観察することによって、カタラーゼテストは加熱有無判定の有効な手段となります。
報告書には、酸素発生状況写真をしっかり載せ(数枚載せる時もあります)、どうしてその様に判断したかを、理論的に説明します。

最新の衛生管理コラム 6件

ペストマネジメント
第98話 勉強会後活動はゆっくりと 勉強会後の食品安全管理の実践は、ゆっくりやることです。 5S活動を中心に、やりやすい所から、少しずつやります。 一カ所うまくいったら、別の箇所へ、それがうまくいったら、また別の箇所へ。…続き
ペストマネジメント
第97話 勉強会後活動の利点 ただ勉強会をおこなうだけでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することをお話ししました。 勉強会では、知識を頭に入れるだけです。 知識は実践してこそ理解でき、身につきます。 皆が…続き
ペストマネジメント
第96話 勉強会の時に意識したいこと② 勉強会の成果を出すためには、勉強会実施の環境を整えることも大切です。 まず、社長や工場長自身が、「勉強会は大切」という意識を持つことです。 「勉強会は大切」という意識を持つと、準備の大…続き
ペストマネジメント
第95話 勉強会の時に意識したいこと① 食品安全管理では、ルールを守りやすい環境を作ることが大切です。 理想をいえば、守らないと違和感を覚えるような環境が良いです。 食品工場中には、FSMSの認証を取っていても、 いざ、一…続き
ペストマネジメント
第94話 勉強会を食品安全管理に活用する 前話に続き、勉強会を食品安全管理に活用することの続きです。 勉強会の後、従業員が動くようにします。 勉強会後「今日の内容を、日々の仕事に活かしてください」だけでは、 動ける従業員はほ…続き
ペストマネジメント
第93話 勉強会のあり方 従事者の勉強会をおこなう時は、 「おこなわないといけないから」と、ありきたりの勉強会をおこなうのでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することを考えたいです。 話を聞いて終わりでなく、…続き