TOP
衛生管理コラム

第12話 不可聴域への録音について思う

マネジメントのヒント

CDは可聴域だけの録音ですが、レコードは不可聴域さえも録音されているとお話ししました。
例え耳には聴こえなくても、五感に感じるものがあるようです。

この「見えたり・聞こえたりしなくても感じるもの」に似たものが、仕組みの作りこみだと思います。
「仕組みつくり」については、コラム「よりよい組織つくりのために」でお話してきました。

多くの人は「ただ仕組みを作り」ますが、仕組みの大切さを知る人は、「仕組みを作りこみ」ます。
人がふだん気づかないような所まで作りこむことによって、その場の雰囲気を“深い”ものにします。

例えば、手洗いを丁寧にしないといけない雰囲気、粘着ローラーをただしくかけないといけない雰囲気、
「怠けると、どことなく違和感がある」、「怠けていては、その場に居づらい」ような感覚です。

ただ仕組みを作るのではなく、細かなところまで練り上げて、仕組みを作りこむ。
もし良かったら、チャレンジしてみてください。

最新の衛生管理コラム 6件

ペストマネジメント
第98話 勉強会後活動はゆっくりと 勉強会後の食品安全管理の実践は、ゆっくりやることです。 5S活動を中心に、やりやすい所から、少しずつやります。 一カ所うまくいったら、別の箇所へ、それがうまくいったら、また別の箇所へ。…続き
ペストマネジメント
第97話 勉強会後活動の利点 ただ勉強会をおこなうだけでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することをお話ししました。 勉強会では、知識を頭に入れるだけです。 知識は実践してこそ理解でき、身につきます。 皆が…続き
ペストマネジメント
第96話 勉強会の時に意識したいこと② 勉強会の成果を出すためには、勉強会実施の環境を整えることも大切です。 まず、社長や工場長自身が、「勉強会は大切」という意識を持つことです。 「勉強会は大切」という意識を持つと、準備の大…続き
ペストマネジメント
第95話 勉強会の時に意識したいこと① 食品安全管理では、ルールを守りやすい環境を作ることが大切です。 理想をいえば、守らないと違和感を覚えるような環境が良いです。 食品工場中には、FSMSの認証を取っていても、 いざ、一…続き
ペストマネジメント
第94話 勉強会を食品安全管理に活用する 前話に続き、勉強会を食品安全管理に活用することの続きです。 勉強会の後、従業員が動くようにします。 勉強会後「今日の内容を、日々の仕事に活かしてください」だけでは、 動ける従業員はほ…続き
ペストマネジメント
第93話 勉強会のあり方 従事者の勉強会をおこなう時は、 「おこなわないといけないから」と、ありきたりの勉強会をおこなうのでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することを考えたいです。 話を聞いて終わりでなく、…続き