TOP
衛生管理コラム

第66話 HACCP/FSMS対応ペストマネジメントにおける異物検査②

ペストマネジメント

異物混入がおこると、「この混入事故は工場外で起こった」という前提から調査を始め、工場内で起こっていない証拠をさがす人がいます。
虫が混入した時に「種類を調べて欲しい。工場のある場所に生息していない虫だと良いけど」と言う人がいます。

まず、虫を調べて、種名(種類)まで分かることは、一部の虫を除いて希です。
「特別な虫であってほしい」という気持ちは分かりますが、日本国内だけで約3万種類の虫が確認されています。
なかには判別が難しい種類や、見分けるのに顕微鏡が必要な種類、見分け方の資料がない種類も多々います。
さらに、混入した虫は、体の一部が欠損したり、つぶれたりしています。体の一部だけの場合もあります。
そうなると、日頃から、“鬼のように”昆虫を見慣れていたとしても、「この辺の仲間」としかわかりません。
まして「工場がある地域周辺には生息しない」とかは、まず分かりません。

「混入事故」がおこった時は大変ですが、冷静になって、たんたんと事実を積み重ね、どこでどのようにして、混入がおこったのかを追求することです。
「うちの工場のせいだ」とか、「うちの工場のはずがない」とか思い込むことは好ましくありません。
とにかく、冷静になって、理論的に対処することです。

最新の衛生管理コラム 6件

マネジメントのヒント
第44話 時間を有効に使う 会議のあり方② それでは、時間を無駄にしない会議とはどんな会議でしょうか? ① 無駄な会議をしない。 どうでもよいことで皆を集めて、「いまの時間はなんだったのだ?」と思われてはいけません。 「皆を集…続き
マネジメントのヒント
第43話 時間を有効に使う 会議のあり方① 「時間を有効に使うこと」について考えます。 会議の様子を見ると、その組織の時間に対する考え方が分かります。 「無駄な会議」が多い。 皆が時間通りに集合しない。 議題と関係ないことを…続き
ペストマネジメント
第100話 「従業員ができない」でなく ある工場で、従業員によって清掃のできに差が出るということでした。 清掃に手を抜く従業員がいるので、どうしたらいいかと聞かれました。 私は、基準作りをお勧めしました。 従業員はどこまで…続き
ペストマネジメント
第99話 勉強会後活動で得られるもの 第98話で「リーダーには忍耐が必要」と申し上げました。 「日常業務だけでも忙しいのに・・・」そんな声が聞こえそうです。 勉強会後活動で、一般的衛生管理プログラムが進めば リーダーの気…続き
ペストマネジメント
第98話 勉強会後活動はゆっくりと 勉強会後の食品安全管理の実践は、ゆっくりやることです。 5S活動を中心に、やりやすい所から、少しずつやります。 一カ所うまくいったら、別の箇所へ、それがうまくいったら、また別の箇所へ。…続き
ペストマネジメント
第97話 勉強会後活動の利点 ただ勉強会をおこなうだけでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することをお話ししました。 勉強会では、知識を頭に入れるだけです。 知識は実践してこそ理解でき、身につきます。 皆が…続き