TOP
衛生管理コラム

第58話 HACCP/FSMS対応ペストマネジメント契約時③ 実践的図面の作成

ペストマネジメント

モニタリングのところでお話しましたが、図面はとても大切です。

基本図として、以下のものを詳しく書きます。
工場の区画、出入り口、各部屋の間。
製造ライン(製造工程)、
危険箇所(製品に危害が加わる可能性のある箇所、重点管理が必要な箇所)

基本図に追加したい内容(一つの図面としたもの、それぞれ図面として作成したもの。両方ある理想です)
○排水経路
○空調経路
○問題箇所(虫の侵入箇所、虫の発生箇所、各危害要因箇所)
○各動線(従業員動線、資材動線、原料動線など)

モニタリング結果は、できるだけ早く作成して、運営していきます。

最新の衛生管理コラム 6件

ペストマネジメント
第98話 勉強会後活動はゆっくりと 勉強会後の食品安全管理の実践は、ゆっくりやることです。 5S活動を中心に、やりやすい所から、少しずつやります。 一カ所うまくいったら、別の箇所へ、それがうまくいったら、また別の箇所へ。…続き
ペストマネジメント
第97話 勉強会後活動の利点 ただ勉強会をおこなうだけでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することをお話ししました。 勉強会では、知識を頭に入れるだけです。 知識は実践してこそ理解でき、身につきます。 皆が…続き
ペストマネジメント
第96話 勉強会の時に意識したいこと② 勉強会の成果を出すためには、勉強会実施の環境を整えることも大切です。 まず、社長や工場長自身が、「勉強会は大切」という意識を持つことです。 「勉強会は大切」という意識を持つと、準備の大…続き
ペストマネジメント
第95話 勉強会の時に意識したいこと① 食品安全管理では、ルールを守りやすい環境を作ることが大切です。 理想をいえば、守らないと違和感を覚えるような環境が良いです。 食品工場中には、FSMSの認証を取っていても、 いざ、一…続き
ペストマネジメント
第94話 勉強会を食品安全管理に活用する 前話に続き、勉強会を食品安全管理に活用することの続きです。 勉強会の後、従業員が動くようにします。 勉強会後「今日の内容を、日々の仕事に活かしてください」だけでは、 動ける従業員はほ…続き
ペストマネジメント
第93話 勉強会のあり方 従事者の勉強会をおこなう時は、 「おこなわないといけないから」と、ありきたりの勉強会をおこなうのでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することを考えたいです。 話を聞いて終わりでなく、…続き