TOP
衛生管理コラム

第52話 「工夫されないペストマネジメント例」⑤ 毎回報告書の内容が同じ

ペストマネジメント

毎回、報告書の指摘事項が同じという話もよく耳にします。
「毎回、不可能な対策が、繰り返し記載されている」とのことです。
改善不可能な対策を並べても意味がありません。

守ることができる(無理でない)防虫計画をたて、その効果を評価していくことが大切です。
守れないなら、なぜ守れないか考え、守るのが無理なら次善策を考えていくことが大切です。

ここで大切なのが、「製造ライン(製造ラインを流れる製品)を守る」という目的です。
侵入させない/発生させない対策を確実に実行するのが難しい場合、「対策ができていません」と繰り返すのではなく、
「侵入させない/発生させない対策は大切ですが、それらの対策に限界があるならば、侵入/発生を止められなかった虫が、製造ラインの危険なところに近づかないようにする」ことが大切です。

例えば、包装室での混入の可能性があるならば、包装室の密閉度をあげたり、途中にトラップを配置したり/増やしたりして、包装室内に虫が入る前に、虫を捕獲するようにします。

「改善不可能」で終わるのではなくて、目的達成のために、その次の対策を考えたり、いくつもの対策を組み合わせたりして、最終目的である、製造ラインを守る体制に近づける姿勢が大切です。

最新の衛生管理コラム 6件

ペストマネジメント
第98話 勉強会後活動はゆっくりと 勉強会後の食品安全管理の実践は、ゆっくりやることです。 5S活動を中心に、やりやすい所から、少しずつやります。 一カ所うまくいったら、別の箇所へ、それがうまくいったら、また別の箇所へ。…続き
ペストマネジメント
第97話 勉強会後活動の利点 ただ勉強会をおこなうだけでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することをお話ししました。 勉強会では、知識を頭に入れるだけです。 知識は実践してこそ理解でき、身につきます。 皆が…続き
ペストマネジメント
第96話 勉強会の時に意識したいこと② 勉強会の成果を出すためには、勉強会実施の環境を整えることも大切です。 まず、社長や工場長自身が、「勉強会は大切」という意識を持つことです。 「勉強会は大切」という意識を持つと、準備の大…続き
ペストマネジメント
第95話 勉強会の時に意識したいこと① 食品安全管理では、ルールを守りやすい環境を作ることが大切です。 理想をいえば、守らないと違和感を覚えるような環境が良いです。 食品工場中には、FSMSの認証を取っていても、 いざ、一…続き
ペストマネジメント
第94話 勉強会を食品安全管理に活用する 前話に続き、勉強会を食品安全管理に活用することの続きです。 勉強会の後、従業員が動くようにします。 勉強会後「今日の内容を、日々の仕事に活かしてください」だけでは、 動ける従業員はほ…続き
ペストマネジメント
第93話 勉強会のあり方 従事者の勉強会をおこなう時は、 「おこなわないといけないから」と、ありきたりの勉強会をおこなうのでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することを考えたいです。 話を聞いて終わりでなく、…続き