TOP
衛生管理コラム

第48話 最小限の仕組みつくりの例

よりよい組織作りのために

最小限の仕組み作りとは、その作業の本質を理解し、「絶対に必要なこと」だけをおこなうことです。
防虫対策の要である前室(入出荷口)を例に考えます。

入出荷口に望まれることを列記して、その中で、絶対に必要なことに○をつけました。
1)全てを含んだ作り込まれた仕組みです。
○入荷/出荷時に施設内に虫が直接入らないように、二重シャッターにして前室を作る。
開閉速度を速くするために、二重シャッターをシートシャッターにする。
作業性をあげるために、シャッターにセンサー探知をつけ自動にする。
自動にしたシャッターが無駄に開閉しないために、センサー感知範囲を示す。
○二重シャッターが同時に開かないようにルール化する。
二重シャッターが動じに開かないように、インターロックにする。
○前室内の光は、虫を寄せないような光にする。
○シャッターとシャッターの間、外に光がもれない位置にライトトラップを設置する。

2)絶対に必要な項目(○がついた項目)だけをおこなったのが、最小限の仕組みです。
入荷/出荷時に施設内に虫が直接入らないように、二重シャッターにして前室を作る。
二重シャッターが同時に開かないようにルール化する。
前室内の光は、虫を寄せないような光にする。
シャッターとシャッターの間、外に光がもれない位置にライトトラップを設置する。

「作り込まれた仕組み」と「最小限の仕組み」で、大きく違うことが分かります。
第49話では、この違いを、運用的に考えたいと思います。

最新の衛生管理コラム 6件

マネジメントのヒント
第39話 鬼滅の刃が描いた「受け継がれる力」 「鬼滅の刃」を4~5回読み返した話をしました。 鬼が永遠の命を持つのに対して、 鬼殺隊員の、限りある命、「なまみ」の身体で、鬼に立ち向かう姿に心を打たれ、 「例え、自分は死んでも、思いは…続き
マネジメントのヒント
第38話 鬼滅の刃に見る「作りこみの極み」 「鬼滅の刃」を全巻4~5回読み返しました。 読むたびに新たな発見がありました。 鬼殺隊の柱を中心とした隊員達の描写 とりわけ鬼殺隊に入るきっかけになったできごとと そのできごとを乗…続き
マネジメントのヒント
第37話 しなやかなリーダーシップ 職場では、先輩や上司、つまり自分より立場が上の人と、価値観が合わない時があります。 私は、転職を繰り返しましたが、辞める時の多くは、周り(主に上司)との摩擦が原因でした。 今話は、会社…続き
ペストマネジメント
第91話 工場を建設する時 工場を建設する時は、当然、製造ラインを中心に計画します。 この時、図面を見せてもらって、防虫対策や防かび対策をチェックさせてもらうのが理想です。 食品工場建設経験が少ない、地元工務店に工事…続き
ペストマネジメント
第90話HACCP/FSMSのお手伝いをする上での「害虫駆除業者の立ち位置」  HACCP/FSMS認証を受けた工場で、害虫管理の仕事をする時、 誤解を恐れずにいえば、 害虫駆除業者の立場は、アドバイザーであるべきと思っています。 正しくいえば、アドバイザーとしてふ…続き
マネジメントのヒント
第36話 不動心について 安倍元総理の慰霊碑(留魂碑)には、安倍元総理が好んで使った「不動心」という言葉が刻まれています。 不動の心は、志に向かって、ゆるぎなく歩む力強い言葉ですが、 不動の心を持つ前に大切なことが…続き