TOP
衛生管理コラム

第47話 仕組みの作り込みも、仕事の絞り込みも、「仕組みを作ろうとしている仕事の本質」を理解することが大切

よりよい組織作りのために

仕事の仕組みは、その仕事の本質を知ることが基本です。
「その仕事の本質」とは、仕組みを作ろうとしている仕事(作業)の本質のことです。
※仕事の本質、第42話でお話した「仕事は足し算でなく、かけ算」とは異なります。

例えば、前室による防虫対策の本質とは、「シャッターやドアを二重にして、同時に開けないようにして、前室内で虫を減らし、製造室に入れないこと」です。
例えば、手洗いの本質とは、「石けんで手の汚れを全て落として、消毒液で全て殺菌(除菌)すること」です。
その本質のために、必要なことを抜けなくおこなうのが仕組みです。

仕組み作りとは、その仕事の本質を理解して、実行する(成し遂げる)ことです。
仕組みを作り込むとは、本質を成し遂げるために、完璧に近い仕組みを作ることです。
最小限の仕組みとは、本質を成し遂げるために、絶対に必要なことだけおこなうことです。

最小限の仕組みは、本質を知らないと、絶対に必要なことを、取りこぼすことになりかねません。
仕組みの作り込みは、いろいろプラスされるのだから、本質を考えなくても大丈夫と思うかも知れません。
しかしそれは違います。
本質を知らないと無駄が出てきて、まとまりがなくなります。
要は、仕組みを最小限にするにしても、作り込むにしても、その作業の本質を理解していないとできません。

最新の衛生管理コラム 6件

マネジメントのヒント
第47話 時間を有効に使う 会議のあり方⑤ 時間を有効に使うというお話をしてきた最後に、時間に対する考え方で知った「価値観」の話をしたいと思います。 ある会社で、社員が口にした言葉で、考えさせられたことがあります。 「(ある…続き
マネジメントのヒント
第46話 時間を有効に使う 会議のあり方④ 会議の様子を見れば、時間を大切にする組織かどうかが分かるとお話ししました。 ダラダラとした会議をしている組織は、日頃からダラダラしている。 会議を効果的におこなう組織では、時間のけじめがつ…続き
マネジメントのヒント
第45話 時間を有効に使う 会議のあり方③  先週、会議の注意点についてお話ししましたので、今回は会議のあり方についてお話しします。 大切なことは、会議の経費を意識することです。 会議の経費とは、その会議をおこなうことで、失う費用…続き
マネジメントのヒント
第44話 時間を有効に使う 会議のあり方② それでは、時間を無駄にしない会議とはどんな会議でしょうか? ① 無駄な会議をしない。 どうでもよいことで皆を集めて、「いまの時間はなんだったのだ?」と思われてはいけません。 「皆を集…続き
マネジメントのヒント
第43話 時間を有効に使う 会議のあり方① 「時間を有効に使うこと」について考えます。 会議の様子を見ると、その組織の時間に対する考え方が分かります。 「無駄な会議」が多い。 皆が時間通りに集合しない。 議題と関係ないことを…続き
ペストマネジメント
第100話 「従業員ができない」でなく ある工場で、従業員によって清掃のできに差が出るということでした。 清掃に手を抜く従業員がいるので、どうしたらいいかと聞かれました。 私は、基準作りをお勧めしました。 従業員はどこまで…続き