TOP
衛生管理コラム

第41話 仕組みを動かすのは人

その他

第40話で、Jアラートを例に、仕組みが機能しないお話をしました。
第41話では、悲しい事故が二度と起こらないように、仕組みを動かすのは人ということを考えます。

静岡県牧之原市の認定こども園で、3歳女児が置き去りにされ、熱中症で亡くなるという痛ましい事故がおきました。
亡くなった園児のご冥福を祈り、園児のご家族に、お悔やみ申し上げます。

今回の事故は、事故防止のために決められていた仕組みが機能しなかったことでした。
確かに、事故防止の仕組みは、正しくおこなえば、問題はおこらないはずでした。
しかし、仕組みが幾重にもなっているので、誰かがやるだろう/誰かがやっただろうと思った結果、痛ましい事故がおきたのでした。

事故を起こした認定こども園では、園長が交代し、さらに、園児の人数確認のマニュアルが改訂され、10月6日から全面的に園児の受け入れが再開されました。
しかし、園児の人数確認マニュアルを見たら、「これは本当にできるのだろうか」と思うものでした。
ただでさえ、保育士達は、忙しいといわれています。
はじめは、できたとしても、だんだんと危機意識が薄れ、形だけになるような気もしました。

誤解を恐れずに述べさせてください。
幾重にもなった対策よりも、2重くらいの対策に絞って、数を減らしているからこその危機意識を持って、まちがいなく対応した方が、事故は防げる気がします。

今回の事故をきっかけに、置き去り防止を支援する安全装置や、置き去りを知らせる装置の開発が進められています。
しかし、装置ができたゆえの安心から、もっとも大切な「点呼」と「降りた後の最終目視確認」がおろそかにならないでしょうか。
「どんな仕組みも、動かすのは人」担当者の使命感・責任感に勝る対策はありません。
このことを忘れないようにしないといけません。

最新の衛生管理コラム 6件

マネジメントのヒント
第39話 鬼滅の刃が描いた「受け継がれる力」 「鬼滅の刃」を4~5回読み返した話をしました。 鬼が永遠の命を持つのに対して、 鬼殺隊員の、限りある命、「なまみ」の身体で、鬼に立ち向かう姿に心を打たれ、 「例え、自分は死んでも、思いは…続き
マネジメントのヒント
第38話 鬼滅の刃に見る「作りこみの極み」 「鬼滅の刃」を全巻4~5回読み返しました。 読むたびに新たな発見がありました。 鬼殺隊の柱を中心とした隊員達の描写 とりわけ鬼殺隊に入るきっかけになったできごとと そのできごとを乗…続き
マネジメントのヒント
第37話 しなやかなリーダーシップ 職場では、先輩や上司、つまり自分より立場が上の人と、価値観が合わない時があります。 私は、転職を繰り返しましたが、辞める時の多くは、周り(主に上司)との摩擦が原因でした。 今話は、会社…続き
ペストマネジメント
第91話 工場を建設する時 工場を建設する時は、当然、製造ラインを中心に計画します。 この時、図面を見せてもらって、防虫対策や防かび対策をチェックさせてもらうのが理想です。 食品工場建設経験が少ない、地元工務店に工事…続き
ペストマネジメント
第90話HACCP/FSMSのお手伝いをする上での「害虫駆除業者の立ち位置」  HACCP/FSMS認証を受けた工場で、害虫管理の仕事をする時、 誤解を恐れずにいえば、 害虫駆除業者の立場は、アドバイザーであるべきと思っています。 正しくいえば、アドバイザーとしてふ…続き
マネジメントのヒント
第36話 不動心について 安倍元総理の慰霊碑(留魂碑)には、安倍元総理が好んで使った「不動心」という言葉が刻まれています。 不動の心は、志に向かって、ゆるぎなく歩む力強い言葉ですが、 不動の心を持つ前に大切なことが…続き