TOP
衛生管理コラム

第40話 JアラートとHACCP

その他

本日、2022年10月6日、一昨日(4日)に引き続き、北朝鮮より弾道ミサイルが発射されました。

4日の弾道ミサイル発射時、Jアラート発信で2つの問題がありました。
1つ目は、発信が遅れたこと。
青森県への情報発信は、ミサイルが県付近の上空を通過したと推定される時刻とほぼ同時刻です。
2つ目は、誤発信があったこと。
過去の訓練での送信先情報が消去されず残っていたため、東京都島しょ部に誤送信されました。

北朝鮮の弾道ミサイルが日本に打ち込まれたら、大きな被害を負うことになります。
その被害を少なくする仕組みの一つが、Jアラートです。
Jアラートの重要性からすると、2つの問題はあまりにお粗末すぎるのでないでしょうか。

Jアラートを整備したことで安心して、バージョンアップされていない(Jアラートを作ることが仕事?)。
誤発信の理由については、開いた口が塞がりません。
本来であれば、Jアラート担当者を置き、情報を集め、バージョンアップを図り、危険地区の避難計画を作り、定期的に予行演習をしなければいけません。

HACCPの11手順(原則6)は、「検証方法の手段を設定する」です。
HACCPプランが正しく実施されているか、有効に機能しているか、プランに修正が必要か否かを、評価し検討します。

JアラートもHACCPも導入しただけでは、意味がありません。
正しく運用してこそ、真の効果を発揮します。
そして、経営者から従事者まで、その大切さを理解し、意識して行動することが必要です。
皆様の製造現場は大丈夫ですか?

最新の衛生管理コラム 6件

ペストマネジメント
第98話 勉強会後活動はゆっくりと 勉強会後の食品安全管理の実践は、ゆっくりやることです。 5S活動を中心に、やりやすい所から、少しずつやります。 一カ所うまくいったら、別の箇所へ、それがうまくいったら、また別の箇所へ。…続き
ペストマネジメント
第97話 勉強会後活動の利点 ただ勉強会をおこなうだけでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することをお話ししました。 勉強会では、知識を頭に入れるだけです。 知識は実践してこそ理解でき、身につきます。 皆が…続き
ペストマネジメント
第96話 勉強会の時に意識したいこと② 勉強会の成果を出すためには、勉強会実施の環境を整えることも大切です。 まず、社長や工場長自身が、「勉強会は大切」という意識を持つことです。 「勉強会は大切」という意識を持つと、準備の大…続き
ペストマネジメント
第95話 勉強会の時に意識したいこと① 食品安全管理では、ルールを守りやすい環境を作ることが大切です。 理想をいえば、守らないと違和感を覚えるような環境が良いです。 食品工場中には、FSMSの認証を取っていても、 いざ、一…続き
ペストマネジメント
第94話 勉強会を食品安全管理に活用する 前話に続き、勉強会を食品安全管理に活用することの続きです。 勉強会の後、従業員が動くようにします。 勉強会後「今日の内容を、日々の仕事に活かしてください」だけでは、 動ける従業員はほ…続き
ペストマネジメント
第93話 勉強会のあり方 従事者の勉強会をおこなう時は、 「おこなわないといけないから」と、ありきたりの勉強会をおこなうのでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することを考えたいです。 話を聞いて終わりでなく、…続き