TOP
衛生管理コラム

第44話 仕組みを作り込む③ HACCP/FSSC対応ペストマネジメントを例として

よりよい組織作りのために

HACCP/FSSC対応ペストマネジメントのモニタリングの仕組みについて考えます。

例えば、防虫計画をしっかり立て、それに合わせたモニタリング計画を立て、定期的にモニタリングをおこないます。
トラップは数日内に処理され、モニタリング結果は表だけでなく、分かりやすいグラフや図面付きで出ます
ここまでしっかりおこなったとします。
次におこなう、モニタリング報告会(※コラム「ペストマネジメント」第32話を参照)について考えます。

例1
品質管理担当者が、害虫管理会社から説明を受けるだけの報告会だったらどうでしょう?

品質管理担当者だけでなく、工場長、各製造ラインの責任者まで集まり、害虫管理会社から説明を聞く報告会とします。
例2
工場長は忙しいので、遅れて来たり、途中退席をしたりします。製造ラインの責任者も、急な製造が入れば会場に来ません。
例3
工場長が、報告会の時間を優先し、必ず出席します。前回の決定事項の進捗状況を皆で確認します。
工場長が報告会の終わりに、必ずまとめのコメントを入れます。製造ラインの責任者も報告会を優先し、急ぎの製造が入った場合は、報告会前に品質管理担当者に欠席の連絡をして、その後、報告会の内容を品質管理担当者から教えてもらう様にしています。

仕組み作りのかけ算での、報告会のかけ数はどうなるでしょうか?
例1が、×0、1~0.2 でしょうか?
報告会を開いたとして、
例2では、皆が報告会のことを軽く見て、×0.3~0.5くらいでしょうか?
例3では、皆が「報告は大切である」と認識して、決まったことを守ります。報告会では、自分の意見も述べます。
この場合、効果は、×1.5~3.0くらいではないでしょうか?

例1~3、どのように報告会をおこなうかで、HACCP/FSSC対応ペストマネジメントの効果に、大きな差が出ます。

最新の衛生管理コラム 6件

マネジメントのヒント
第39話 鬼滅の刃が描いた「受け継がれる力」 「鬼滅の刃」を4~5回読み返した話をしました。 鬼が永遠の命を持つのに対して、 鬼殺隊員の、限りある命、「なまみ」の身体で、鬼に立ち向かう姿に心を打たれ、 「例え、自分は死んでも、思いは…続き
マネジメントのヒント
第38話 鬼滅の刃に見る「作りこみの極み」 「鬼滅の刃」を全巻4~5回読み返しました。 読むたびに新たな発見がありました。 鬼殺隊の柱を中心とした隊員達の描写 とりわけ鬼殺隊に入るきっかけになったできごとと そのできごとを乗…続き
マネジメントのヒント
第37話 しなやかなリーダーシップ 職場では、先輩や上司、つまり自分より立場が上の人と、価値観が合わない時があります。 私は、転職を繰り返しましたが、辞める時の多くは、周り(主に上司)との摩擦が原因でした。 今話は、会社…続き
ペストマネジメント
第91話 工場を建設する時 工場を建設する時は、当然、製造ラインを中心に計画します。 この時、図面を見せてもらって、防虫対策や防かび対策をチェックさせてもらうのが理想です。 食品工場建設経験が少ない、地元工務店に工事…続き
ペストマネジメント
第90話HACCP/FSMSのお手伝いをする上での「害虫駆除業者の立ち位置」  HACCP/FSMS認証を受けた工場で、害虫管理の仕事をする時、 誤解を恐れずにいえば、 害虫駆除業者の立場は、アドバイザーであるべきと思っています。 正しくいえば、アドバイザーとしてふ…続き
マネジメントのヒント
第36話 不動心について 安倍元総理の慰霊碑(留魂碑)には、安倍元総理が好んで使った「不動心」という言葉が刻まれています。 不動の心は、志に向かって、ゆるぎなく歩む力強い言葉ですが、 不動の心を持つ前に大切なことが…続き