TOP
衛生管理コラム

第44話 仕組みを作り込む③ HACCP/FSSC対応ペストマネジメントを例として

よりよい組織作りのために

HACCP/FSSC対応ペストマネジメントのモニタリングの仕組みについて考えます。

例えば、防虫計画をしっかり立て、それに合わせたモニタリング計画を立て、定期的にモニタリングをおこないます。
トラップは数日内に処理され、モニタリング結果は表だけでなく、分かりやすいグラフや図面付きで出ます
ここまでしっかりおこなったとします。
次におこなう、モニタリング報告会(※コラム「ペストマネジメント」第32話を参照)について考えます。

例1
品質管理担当者が、害虫管理会社から説明を受けるだけの報告会だったらどうでしょう?

品質管理担当者だけでなく、工場長、各製造ラインの責任者まで集まり、害虫管理会社から説明を聞く報告会とします。
例2
工場長は忙しいので、遅れて来たり、途中退席をしたりします。製造ラインの責任者も、急な製造が入れば会場に来ません。
例3
工場長が、報告会の時間を優先し、必ず出席します。前回の決定事項の進捗状況を皆で確認します。
工場長が報告会の終わりに、必ずまとめのコメントを入れます。製造ラインの責任者も報告会を優先し、急ぎの製造が入った場合は、報告会前に品質管理担当者に欠席の連絡をして、その後、報告会の内容を品質管理担当者から教えてもらう様にしています。

仕組み作りのかけ算での、報告会のかけ数はどうなるでしょうか?
例1が、×0、1~0.2 でしょうか?
報告会を開いたとして、
例2では、皆が報告会のことを軽く見て、×0.3~0.5くらいでしょうか?
例3では、皆が「報告は大切である」と認識して、決まったことを守ります。報告会では、自分の意見も述べます。
この場合、効果は、×1.5~3.0くらいではないでしょうか?

例1~3、どのように報告会をおこなうかで、HACCP/FSSC対応ペストマネジメントの効果に、大きな差が出ます。

最新の衛生管理コラム 6件

マネジメントのヒント
第44話 時間を有効に使う 会議のあり方② それでは、時間を無駄にしない会議とはどんな会議でしょうか? ① 無駄な会議をしない。 どうでもよいことで皆を集めて、「いまの時間はなんだったのだ?」と思われてはいけません。 「皆を集…続き
マネジメントのヒント
第43話 時間を有効に使う 会議のあり方① 「時間を有効に使うこと」について考えます。 会議の様子を見ると、その組織の時間に対する考え方が分かります。 「無駄な会議」が多い。 皆が時間通りに集合しない。 議題と関係ないことを…続き
ペストマネジメント
第100話 「従業員ができない」でなく ある工場で、従業員によって清掃のできに差が出るということでした。 清掃に手を抜く従業員がいるので、どうしたらいいかと聞かれました。 私は、基準作りをお勧めしました。 従業員はどこまで…続き
ペストマネジメント
第99話 勉強会後活動で得られるもの 第98話で「リーダーには忍耐が必要」と申し上げました。 「日常業務だけでも忙しいのに・・・」そんな声が聞こえそうです。 勉強会後活動で、一般的衛生管理プログラムが進めば リーダーの気…続き
ペストマネジメント
第98話 勉強会後活動はゆっくりと 勉強会後の食品安全管理の実践は、ゆっくりやることです。 5S活動を中心に、やりやすい所から、少しずつやります。 一カ所うまくいったら、別の箇所へ、それがうまくいったら、また別の箇所へ。…続き
ペストマネジメント
第97話 勉強会後活動の利点 ただ勉強会をおこなうだけでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することをお話ししました。 勉強会では、知識を頭に入れるだけです。 知識は実践してこそ理解でき、身につきます。 皆が…続き