TOP
衛生管理コラム

第43話 仕組みを作り込む② セールスの仕組みで失敗する例

よりよい組織作りのために

わかりやすい例として、セールス(売れる仕組みつくり)を考えてみましょう。
セールスの理想型は、次の流れです。
見込み客獲得⇒初回(フロントエンド商品)販売⇒定期的コンタクト⇒主製品(バックエンド商品)販売⇒定期販売

例1
見込み客獲得をかなり頑張って(例えば×2)も、フロントエンド商品が欠陥商品(つまり×0)であれば、そこから先に行く人がいないため、定期購入してくれる人は0になります。
見込み客獲得(2) × 初回販売(0) × 定期的コンタクト × 主製品販売 = 定期販売(0)

例2
見込み客獲得をかなり頑張って(例えば×2)、素晴らしいフロントエンド商品を販売して(例えば×2)お客に喜んでもらいました。それでも、定期的コンタクトがなかったり、定期的コンタクトの内容がつまらなかったりしたら(つまり×0)、主製品を購入してくれる人はなく、結果、定期購入してくれる人もいません。
見込み客獲得(2) × 初回購入(2) × 定期的コンタクト(0) × 主製品購入 = 定期購入(0)

例3
見込み客獲得をそこそこ頑張って(例えば×1.2)、良いフロントエンド商品を販売して(例えば×1.2)お客に喜んでもらいました。定期的にメールを送り、主製品がどんなに役立つかを伝えました(例えば×1.2)。
そうしたら、お客はメインとなる商品を購入してくださり、その商品を大変気に入ってくれました(例えば×1.2)。
そうすると、その後、定期的に購入してくれるお客様は、次の様になります。
見込み客作り(1.2)×初回購入(1.2)×定期的コンタクト(1.2)×主製品購入(1.2)= 定期購入(2.07)
全体を、少しずつ頑張る(1.2)だけで、2倍定期購入してもらえることが分かります。

この3つは極端な例ですが、一つでも手をぬくと、よい結果を出せないことが分かると思います。
少しずつでも頑張れば、大きな結果になる可能性が出て来ます。

仕組みを作ること自体大変ですが、仕組みつくりになれてきたら、仕組みを作り込むことを意識して欲しいと思います。
第44話では、食品安全管理の仕組みについて考えます。

最新の衛生管理コラム 6件

ペストマネジメント
第51話 「工夫されないペストマネジメント例」④ 調査結果はメールで送られるだけ お客様と話していると、昆虫調査の結果をメールで送って終わりとしている例が多いのに驚かされます。 害虫管理業者の仕事は、昆虫調査ではなく、虫の混入を無くすことです。 そのために、昆虫調査…続き
その他
第49話 仕事を絞り込むことの応用 第49話では、「仕組みを絞り込むこと」について、人と話をする時への応用をお話します。 簡単です。 話の目的、会話で成し遂げたいことを明らかにします。 そのためには何を話さなければいけ…続き
よりよい組織作りのために
第51話 昔、第三者の監査でおこった出来事 第49話で「作り込まれた仕組みでは運用が楽になり、絞り込まれた仕組みでは、運用が大変になり、組織力が必要になる」とお話しました。 このことを監査の視点で見ると、絞り込まれた仕組みにおいて…続き
ペストマネジメント
第50話 「工夫されないペストマネジメント例」③ 工夫されない報告書 報告書として、調査結果の表とグラフ、トラップの位置を示した図だけ出している場合があります。 害虫管理業者からすると、これは、とっても楽です。 調査結果の表を入力するだけで、グラフも作成され…続き
よりよい組織作りのために
第50話  「作り込まれた仕組み」と「最小限の仕組み」での運用を考える 前話で「作り込まれた仕組みでは運用が楽になり、絞り込まれた仕組みでは、運用が大変になり、組織力が必要になる」とお話しました。 それでは、「ハードを充実さえすれば、従事者の指導は必要なくなるの…続き
よりよい組織作りのために
第49話 「作り込まれた仕組み」と「最小限の仕組み」の運用面での違い 第48話の前室を例として、「作り込まれた仕組み」と「最小限の仕組み」の運用面での違いを考えます。 作り込まれた仕組み(の前室)では、初めての人が利用しても、前室が機能するようになっていま…続き