TOP
衛生管理コラム

第38話 「ルールを守る心」を育てる③

よりよい組織作りのために

第36話で、ルールを守ってもらうためには、従事者に、「製品への愛着」を持ってもらうこととお話し、
第37話では、従事者教育で伝えるべきものとして、「製品への愛着」を育てるために、「製品の優れたところ、製品への想い、こだわり、会社の歴史、製品開発の歴史、先輩達の想い、そして、お客様からの声など」をあげました。

第38話では、従事者教育での伝え方について、考えたいと思います。
「製品への愛着」について、淡々と話しても従事者には伝わりません。
従事者には、話す人の気持ちが見えるからです。

話すのは、もっとも製品に愛着を持っている人が相応しいです。
もっとも製品に愛着を持っている人が社長であれば、社長が語るべきです。
一言一言かみしめて、「言霊」として、大切に伝えなければいけません。

しかし、ただ、熱く語ればよいというわけではありません。
「製品への愛着を育てる」ために伝えることが目的であることを忘れてはいけません。
間を置きながら、従事者の目を見て、時には従事者に質問しながら、語ってください。

従事者に「製品への愛着」を感じてもらい、「ルールを守る心」を育てることは大変かも知れません。
しかし、まじめに取り組めば、食品安全の意識作りに大きな差ができます。
おそらく食品製造部門だけでなく、営業部門においても差が出てくると思います。
ぜひ、取り組んでください。

最新の衛生管理コラム 6件

マネジメントのヒント
第44話 時間を有効に使う 会議のあり方② それでは、時間を無駄にしない会議とはどんな会議でしょうか? ① 無駄な会議をしない。 どうでもよいことで皆を集めて、「いまの時間はなんだったのだ?」と思われてはいけません。 「皆を集…続き
マネジメントのヒント
第43話 時間を有効に使う 会議のあり方① 「時間を有効に使うこと」について考えます。 会議の様子を見ると、その組織の時間に対する考え方が分かります。 「無駄な会議」が多い。 皆が時間通りに集合しない。 議題と関係ないことを…続き
ペストマネジメント
第100話 「従業員ができない」でなく ある工場で、従業員によって清掃のできに差が出るということでした。 清掃に手を抜く従業員がいるので、どうしたらいいかと聞かれました。 私は、基準作りをお勧めしました。 従業員はどこまで…続き
ペストマネジメント
第99話 勉強会後活動で得られるもの 第98話で「リーダーには忍耐が必要」と申し上げました。 「日常業務だけでも忙しいのに・・・」そんな声が聞こえそうです。 勉強会後活動で、一般的衛生管理プログラムが進めば リーダーの気…続き
ペストマネジメント
第98話 勉強会後活動はゆっくりと 勉強会後の食品安全管理の実践は、ゆっくりやることです。 5S活動を中心に、やりやすい所から、少しずつやります。 一カ所うまくいったら、別の箇所へ、それがうまくいったら、また別の箇所へ。…続き
ペストマネジメント
第97話 勉強会後活動の利点 ただ勉強会をおこなうだけでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することをお話ししました。 勉強会では、知識を頭に入れるだけです。 知識は実践してこそ理解でき、身につきます。 皆が…続き