TOP
衛生管理コラム

第41話 HACCP/FSMS対応ペストマネージメントの従事者教育①

ペストマネジメント

食品安全管理では、従事者の協力/やる気が欠かせません。
「気づかせて、意識を高める」ことが大切です。
それには、「ありきたりの教育」ではなく、従事者に「作業を、自分のことと受け止めてもらう」ような教育にしないといけません。
第41話と第42話では、従事者教育で大切なことをお話しします。

①「勉強会は重要」と従事者に意識づけます。
モニタリング報告会について述べました(第32話)ように、工場全体で「勉強会は大切」という態度をとることが必要です。
決められた時間に、出席者が全て集まり、真剣に聴くことが大切です。
上の人がどうでも良いという態度を取れば、その雰囲気は、まちがいなく従事者に伝染します。
リーダーは、まず上の人への意識づけをおこなわないといけません。

②目的と求める結果を明確にします。
「おこなうことが決められているからおこなう」でなく、「勉強会の目的」と「勉強会によって従事者に何を分かって欲しいのか」を、意識しておこなうことが大切です。
目的は、従事者に「虫混入が起こらないように、日々の作業の中で何に気をつけるか」を分かってもらうことです。
求める結果は、「従事者が、作業ルールの重要性を知り、しっかり守るようになること。注意して作業するようになること」です。

③勉強会の前に、講師と充分に打ち合わせます。
勉強の前に、講師と「勉強会の目的と求める結果」について、打ち合わせます。
事前に打ち合わせることによって、講師に真剣度が伝わります。

最新の衛生管理コラム 6件

ペストマネジメント
第98話 勉強会後活動はゆっくりと 勉強会後の食品安全管理の実践は、ゆっくりやることです。 5S活動を中心に、やりやすい所から、少しずつやります。 一カ所うまくいったら、別の箇所へ、それがうまくいったら、また別の箇所へ。…続き
ペストマネジメント
第97話 勉強会後活動の利点 ただ勉強会をおこなうだけでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することをお話ししました。 勉強会では、知識を頭に入れるだけです。 知識は実践してこそ理解でき、身につきます。 皆が…続き
ペストマネジメント
第96話 勉強会の時に意識したいこと② 勉強会の成果を出すためには、勉強会実施の環境を整えることも大切です。 まず、社長や工場長自身が、「勉強会は大切」という意識を持つことです。 「勉強会は大切」という意識を持つと、準備の大…続き
ペストマネジメント
第95話 勉強会の時に意識したいこと① 食品安全管理では、ルールを守りやすい環境を作ることが大切です。 理想をいえば、守らないと違和感を覚えるような環境が良いです。 食品工場中には、FSMSの認証を取っていても、 いざ、一…続き
ペストマネジメント
第94話 勉強会を食品安全管理に活用する 前話に続き、勉強会を食品安全管理に活用することの続きです。 勉強会の後、従業員が動くようにします。 勉強会後「今日の内容を、日々の仕事に活かしてください」だけでは、 動ける従業員はほ…続き
ペストマネジメント
第93話 勉強会のあり方 従事者の勉強会をおこなう時は、 「おこなわないといけないから」と、ありきたりの勉強会をおこなうのでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することを考えたいです。 話を聞いて終わりでなく、…続き