TOP
衛生管理コラム

第41話 HACCP/FSMS対応ペストマネージメントの従事者教育①

ペストマネジメント

食品安全管理では、従事者の協力/やる気が欠かせません。
「気づかせて、意識を高める」ことが大切です。
それには、「ありきたりの教育」ではなく、従事者に「作業を、自分のことと受け止めてもらう」ような教育にしないといけません。
第41話と第42話では、従事者教育で大切なことをお話しします。

①「勉強会は重要」と従事者に意識づけます。
モニタリング報告会について述べました(第32話)ように、工場全体で「勉強会は大切」という態度をとることが必要です。
決められた時間に、出席者が全て集まり、真剣に聴くことが大切です。
上の人がどうでも良いという態度を取れば、その雰囲気は、まちがいなく従事者に伝染します。
リーダーは、まず上の人への意識づけをおこなわないといけません。

②目的と求める結果を明確にします。
「おこなうことが決められているからおこなう」でなく、「勉強会の目的」と「勉強会によって従事者に何を分かって欲しいのか」を、意識しておこなうことが大切です。
目的は、従事者に「虫混入が起こらないように、日々の作業の中で何に気をつけるか」を分かってもらうことです。
求める結果は、「従事者が、作業ルールの重要性を知り、しっかり守るようになること。注意して作業するようになること」です。

③勉強会の前に、講師と充分に打ち合わせます。
勉強の前に、講師と「勉強会の目的と求める結果」について、打ち合わせます。
事前に打ち合わせることによって、講師に真剣度が伝わります。

最新の衛生管理コラム 6件

その他
第56話 安心して意見を聴ける人(検証をおこなっている人)の見分け方 第54話で、情報には検証が必要であることをお話しました。 最初は、誰の話を信じたら良いのか、分からないこともあるでしょう。 私の見分け方は3つです。 1)情報の出所をしっかりと示す人…続き
ペストマネジメント
第56話 HACCP/FSMS対応ペストマネジメント契約時① 聞き取ること、確認すること 第3話「なおざりになる虫対策」で、防虫業者を変えた時、前の会社と同じ仕様で始める会社についてお話しました。 独自のやり方をおこなうわけでもなく、自分達の考え方を説明するわけでもない会社です。…続き
その他
第55話 アンケート結果でも、事実を歪めることができる。 第54話で、検証の必要性を痛感したお話をしました。 検証は絶対に必要ですが、事実を歪めようとする人達は、あの手この手を使ってきます。 第55話では、アンケートの取り方について検討します…続き
その他
第54話 検証の必要性を痛感する 安倍元総理が亡くなった後の報道で、検証の必要性を痛感しました。 まずは、偏見無しに、次のことを比べてみてください。 〇安倍元総理の銃撃後 <現実> 安倍元総理が亡くなって、世界中か…続き
よりよい組織作りのために
第57話 検証能力について⑤  現場での検証 HACCPでは、手順4(製造工程一覧図作成)~手順7(必須管理点を設定する)で、製造現場を把握して、問題と対策をまとめます。 現場におもむき、仕組みを作ることによって、多くの気づきがあったと…続き
よりよい組織作りのために
第56話 検証能力について④ 情報発信力と得られるもの 第53~55では、検証能力として、情報の取り方についてお話しました。 第56話では、検証しやすい情報発信の仕方について考えます。 「私は、情報発信なんかしない」と思われたかも知れません…続き