TOP
衛生管理コラム

第31話 仕組み作りで想像すること

よりよい組織作りのために

仕組み作りで想像することの例を、分かりやすいように第29話で話題にした、コロナワクチン接種センターで考えてみましょう。
自分が「ワクチン接種を急ぐ必要がある若者」になります。

①接種センターは渋谷だけど、待つ場所はあるのだろうか?
○待つ場所はどうするか(何名入れるか?隣の人の距離は?)
○入りきれない時はどうするか(外で並べるか?並べるとしたら何人までか?安全は確保できるか?隣の人との距離はどうするか?地域住民の承諾は取れるか?整理券を配るか?)
②受付はどのようにするのだろうか?
受付場所をどうするか(何名ずつ受け付けるか?受付票は?問診票は?問診票を記載する場所は?筆記用具は?体温計は?体温計の消毒は?)
受付を待つ人と、受付を終え(接種待ちの)人を分けられるか?
③接種をどうするか?
先生を何人確保できるかのか?接種場所は何カ所作れるか?ワクチンの確保はどうするか?ワクチンの保存はどうするか?
④待機をどうするか?
接種後の待機時間をどうするか?出る時・待機時間を過ぎている証明をどうするか?待機時間中に副作用が出たらどうするか?隣の人との距離をどうするか?
⑤各自治体との情報共有をどうするか?
受付票と接種証明、接種ワクチンのロット証明など、どうやってリンクさせるか?各自治体への連絡はどうするか?
データーベースで一元管理されているなら、それへのリンクをどうするか?
⑥その他
それぞれの場所の消毒と換気はどうするか?
一日終わった後の消毒作業をどうするか?
ざっと、考えただけでも、以上のことが頭に浮かびます。
これらについて、対策を立て、最終的に現場で検証します。

最新の衛生管理コラム 6件

ペストマネジメント
第39話 HACCP/FSMS対応ペストマネージメントのモニタリング⑲ 好ましくないモニタリング結果への対応⑤ 最後に、対策を立てる時に気をつけたい、2つのことをお話します。 それは、①問題の上流をたどるということ、②対策の目的を見失わないことです。 今話は、「問題の上流をたどる」についてお話します…続き
その他
第34話 仕組み(全体像)が見えないコロナ対策 「よりよい組織の作り方」コラムで、害虫管理や感染症対策は仕組みで考えることが大切とお話しました。 仕組みを作らず、各論で解決しようとすると、視界が狭まり、何をやっているか分からなくなります。…続き
その他
第33話 脳を、働くことに慣らす③ 「意識して仕事をすること」のトレーニングをした人、しなかった人 まだ新人の内から、予定表の客先を見て、自ら準備をしていた人は、仕事がすぐできるようになります。 準備を率先しておこなうこ…続き
ペストマネジメント
第38話 HACCP/FSMS対応ペストマネージメントのモニタリング⑱ 好ましくないモニタリング結果への対応④ 「従事者の意見に充分に耳を傾けて」とか、「誠意を持って指導して」とか書くと、弱気と思われるかも知れません。 「そこまで、従事者に気を使わなければいけないのか」と、疑問を持たれるかも知れません…続き
その他
第32話 脳を、働くことに慣らす② 「仕事の準備をする」というトレーニングは、若い内から始めることをお勧めします。 トレーニングは、できるだけ若い内に始めることをお勧めします。 理由は2つです。 一つ目は、若い方が、環…続き
よりよい組織作りのために
第35話 仕組みつくりは、なぜ敬遠されるか② 2つ目は、仕組みとして作り上げるには、リーダーシップが必要になることです。 自ら率先して、リーダーシップを発揮するのを苦手とする日本人は多いです。 「和をもって尊し」の価値観から来るのかも…続き