TOP
衛生管理コラム

第29話 しくみ作りを仕事の目的として失敗した例

よりよい組織作りのために

第26~28話で、仕組み作りのお話をしました。
仕組み作りでは、「何の目的で仕組みを作るのか」をはっきりさせることが大切です。
「仕組み作り」そのものを目的にしてはいけません。
目的がぶれて、お粗末なものになってしまうからです。

仕組み作りを目的として失敗した例として、2021年8月、渋谷に開設されたコロナワクチン接種センターがあります。

新型コロナウィルスのワクチンが行き渡っていない若年層向けに、予約なしでコロナワクチンを受けられる様に開設されました。
ところが、本接種センターは、接種は1日200人程度を見込み、正午からの運用開始を予定しました。
当然、初日は早朝から大勢の人が列を作りました。
そのため、午前7時半に受け付けを終了し、300人分の整理券を配布したと、ニュースになりました。

インタービューに答えた一般女性が、「200で足りないなんて、私でも分かりますよ」と言っていました。
全くそうです。多くの人が、接種希望者の想定を、200人としたことに驚いたと思います。

これは、接種会場開設の責任者が、「ワクチン接種を急ぐ必要がある若者に、できるだけ早く多く接種させること」が目的であるのに、「接種会場を開設することだけ」を目的にしたことによる失敗かも知れません。

「ワクチン接種を急ぐ必要がある若者に、できるだけ早く多く接種させること」を目的とした場合、ワクチン接種希望者が、何千人、もしかしたら1万人を超えることは容易に察しできます。
その人数をどう分散させるのか、暑い中どこで待たせるのか、どうやってソーシャルディスタンスを保たせるのか、接種後の副反応観察のための待機場所をどこに設けるか、激しい副反応が出た場合のどのように対応するのか、それらを解決する仕組みが必要でした。
おそらく、ほとんど何も、考えていなかったように思います。

最新の衛生管理コラム 6件

マネジメントのヒント
第44話 時間を有効に使う 会議のあり方② それでは、時間を無駄にしない会議とはどんな会議でしょうか? ① 無駄な会議をしない。 どうでもよいことで皆を集めて、「いまの時間はなんだったのだ?」と思われてはいけません。 「皆を集…続き
マネジメントのヒント
第43話 時間を有効に使う 会議のあり方① 「時間を有効に使うこと」について考えます。 会議の様子を見ると、その組織の時間に対する考え方が分かります。 「無駄な会議」が多い。 皆が時間通りに集合しない。 議題と関係ないことを…続き
ペストマネジメント
第100話 「従業員ができない」でなく ある工場で、従業員によって清掃のできに差が出るということでした。 清掃に手を抜く従業員がいるので、どうしたらいいかと聞かれました。 私は、基準作りをお勧めしました。 従業員はどこまで…続き
ペストマネジメント
第99話 勉強会後活動で得られるもの 第98話で「リーダーには忍耐が必要」と申し上げました。 「日常業務だけでも忙しいのに・・・」そんな声が聞こえそうです。 勉強会後活動で、一般的衛生管理プログラムが進めば リーダーの気…続き
ペストマネジメント
第98話 勉強会後活動はゆっくりと 勉強会後の食品安全管理の実践は、ゆっくりやることです。 5S活動を中心に、やりやすい所から、少しずつやります。 一カ所うまくいったら、別の箇所へ、それがうまくいったら、また別の箇所へ。…続き
ペストマネジメント
第97話 勉強会後活動の利点 ただ勉強会をおこなうだけでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することをお話ししました。 勉強会では、知識を頭に入れるだけです。 知識は実践してこそ理解でき、身につきます。 皆が…続き