TOP
衛生管理コラム

第28話 対策は仕組みで考える~害虫管理の仕組み~

よりよい組織作りのために

先週に引き続き、仕組み作りを考えます。
仕組みとは、(ある事柄に対して)全ての対策を網羅し、組み立てたものです。

食品工場における、虫の異物混入防止の仕組みは、概ね下記の通りです。
敷地内発生抑制、外部侵入防止/内部発生抑制、工場内移動阻止、早期捕獲、検品による発見です。
これらの対策を、原料搬入・保管・製造から製品出荷まで、おこないます。

製造工程分析をおこない、現場で、製造ライン危険箇所と、施設内問題箇所を確認します。
施設内問題箇所に、侵入防止・内部発生抑制対策をおこないます。
侵入防止できなかった虫、発生させてしまった虫は、製造ライン危険箇所に近づける前に、移動を阻止し、早期捕獲するようにします。
それでも、製品に混入させてしまったことを考え、検品で発見できるようにします。
そして、ライトトラップや粘着トラップ、フェロモントラップを、正しく付け、モニタリングします。

仕組みで考えると以上のようになります。

虫の異物混入は、起きてしまうと大問題になりますが、なかなか仕組みとして考えられていません。
前室にライトトラップを付けて終わり、清掃マニュアルを作って終わり、バラバラに対策をしています。
そのため、「うちの工場の防虫管理は~です」と、説明できる工場はほとんどありません。

害虫管理は、仕組み作りをすることで、もっと効果が上がります。
もう一度、害虫管理の仕組み作りについて、考えていただきたいと思います。

最新の衛生管理コラム 6件

マネジメントのヒント
第44話 時間を有効に使う 会議のあり方② それでは、時間を無駄にしない会議とはどんな会議でしょうか? ① 無駄な会議をしない。 どうでもよいことで皆を集めて、「いまの時間はなんだったのだ?」と思われてはいけません。 「皆を集…続き
マネジメントのヒント
第43話 時間を有効に使う 会議のあり方① 「時間を有効に使うこと」について考えます。 会議の様子を見ると、その組織の時間に対する考え方が分かります。 「無駄な会議」が多い。 皆が時間通りに集合しない。 議題と関係ないことを…続き
ペストマネジメント
第100話 「従業員ができない」でなく ある工場で、従業員によって清掃のできに差が出るということでした。 清掃に手を抜く従業員がいるので、どうしたらいいかと聞かれました。 私は、基準作りをお勧めしました。 従業員はどこまで…続き
ペストマネジメント
第99話 勉強会後活動で得られるもの 第98話で「リーダーには忍耐が必要」と申し上げました。 「日常業務だけでも忙しいのに・・・」そんな声が聞こえそうです。 勉強会後活動で、一般的衛生管理プログラムが進めば リーダーの気…続き
ペストマネジメント
第98話 勉強会後活動はゆっくりと 勉強会後の食品安全管理の実践は、ゆっくりやることです。 5S活動を中心に、やりやすい所から、少しずつやります。 一カ所うまくいったら、別の箇所へ、それがうまくいったら、また別の箇所へ。…続き
ペストマネジメント
第97話 勉強会後活動の利点 ただ勉強会をおこなうだけでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することをお話ししました。 勉強会では、知識を頭に入れるだけです。 知識は実践してこそ理解でき、身につきます。 皆が…続き