TOP
衛生管理コラム

第23話 謙虚さと自信①

よりよい組織作りのために

5つの思い込みの最後に、大切な話をします。
「人の能力には限界がある」という思い込みを捨て、「自分はやれる」/「できない試練は来ない」と信じて頑張ってください。
とお話しました。
そうすると、自信過剰になってしまう人がいます。
その人は、努力を続け、仕事も頑張っているのでしょうが、自信過剰では、受け取れるものが非常に少なくなってしまいます。

自信過剰だと、なぜ、受け取るものが少なくなるのでしょうか?
主なものは次の2点です。
1)過剰な自信が目立つと、サポート(アドバイスや紹介、時には技術指導など)をくれる人が減ってしまう。
①周りにいる人が、(気持ち的に)去って行くため、サポートしてくれる人の数自体が減っていってしまいます。
②人脈をもっている人は、人脈を大切にします。紹介して、失礼に当たる人には、大切な人を紹介してくれません。
③人は、微妙な相手の心をも感じます。自分を下に見ている人に、気持ちよく力を貸す人はいません。

2)自分のフィイルターを通して、アドバイスを聞くので、真意が伝わらない。
①言葉を受け取る側の心のあり方によって、同じ言葉を聴いても、受け取れる量もしくは質は変わります。
一度、無の心で全てを聴いて、話者の思考全体を、頭の中に展開できたら、相手のアドバイスは濃密に、身につきます。
しかし、相手のアドバイスを「聞いてあげよう」とか、「この人の考え違うんだよな」とか、思いながら聞いたら、相手が伝えたいことの半分、いえ10分の1も伝わらないこともあります。

話は矛盾するかも知れませんが、人の「現在の」能力には限界があります。
仕事を成し遂げるために、新しい知識を身につけなければいけなかったり、他の人の力を借りなければいけなかったりします。
自信過剰でいると、周りのサポートが得られず、能力を伸ばすのが大変であったり、人の力を借りれなかったりします。
それでは、限界無く伸びることはできません。

謙虚さを身につけることも大切です。
自信過剰の人は、「謙虚さを身につける」と言われて、「そんなことできるか」と思うかも知れません。
或いは言われ続けていて、「またか」と思い、耳をかす気にならないかも知れません。

しかし、謙虚さは、真実の姿を見つめることで、身につきます。
謙虚さだけでなく、揺らがない本当の自信も身につきます。

次回は、真実の姿を見つめることについて、お話したいと思います。

最新の衛生管理コラム 6件

マネジメントのヒント
第44話 時間を有効に使う 会議のあり方② それでは、時間を無駄にしない会議とはどんな会議でしょうか? ① 無駄な会議をしない。 どうでもよいことで皆を集めて、「いまの時間はなんだったのだ?」と思われてはいけません。 「皆を集…続き
マネジメントのヒント
第43話 時間を有効に使う 会議のあり方① 「時間を有効に使うこと」について考えます。 会議の様子を見ると、その組織の時間に対する考え方が分かります。 「無駄な会議」が多い。 皆が時間通りに集合しない。 議題と関係ないことを…続き
ペストマネジメント
第100話 「従業員ができない」でなく ある工場で、従業員によって清掃のできに差が出るということでした。 清掃に手を抜く従業員がいるので、どうしたらいいかと聞かれました。 私は、基準作りをお勧めしました。 従業員はどこまで…続き
ペストマネジメント
第99話 勉強会後活動で得られるもの 第98話で「リーダーには忍耐が必要」と申し上げました。 「日常業務だけでも忙しいのに・・・」そんな声が聞こえそうです。 勉強会後活動で、一般的衛生管理プログラムが進めば リーダーの気…続き
ペストマネジメント
第98話 勉強会後活動はゆっくりと 勉強会後の食品安全管理の実践は、ゆっくりやることです。 5S活動を中心に、やりやすい所から、少しずつやります。 一カ所うまくいったら、別の箇所へ、それがうまくいったら、また別の箇所へ。…続き
ペストマネジメント
第97話 勉強会後活動の利点 ただ勉強会をおこなうだけでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することをお話ししました。 勉強会では、知識を頭に入れるだけです。 知識は実践してこそ理解でき、身につきます。 皆が…続き