TOP
衛生管理コラム

第19話 和の心を持つ日本人②

組織運営がうまくいかないと、イライラして悪いところばかりに目がいきがちです。
そんな時こそ、組織の良いところを見つけ、「そう悪いところばかりでないぞ」と思い直すことも大切です。

日本は災害の多い国ですが、災害が起きる度に、復興に向け皆が助け合います。

東日本大震災の時、米軍が救援物資を、あちこちの避難所に届けてくれました。
「トモダチ作戦」と呼ばれた活動です。

その時、米兵がこの様な話を残しています。
日本人は、絶望的な状況下でも、乱れなかった。
救援物資を受け取るのも、並んでリレーをおこない、協力して運んだ。
ある程度物資を受け取ると、「私たちはもう十分です。他の避難場所に渡してください」と言った。
他の国では、救援物資を奪い合い、暴動が起こることもあるのに、日本人の人を思いやる心に、驚いた。
米兵は、「私はあの日のことを忘れない。今でも涙があふれてくる」と語ったそうです。

思えば、電車が止まっても、日本人は、静かに列をなして待避します。
我先に降りようとしたり、交通会社の人に詰め寄ったりする人もいません。
海外の人には、信じがたい光景のようです。
日本人には、秩序があります。
どんな時でも、周りを思いやる優しさもあります。

せっかく日本に生まれ、仕事をしているのです。
従事者を信じて、よりよい組織作りをおこないたいものです。

最新の衛生管理コラム 6件

その他
第35話 仕組みつくりの失敗例 第35話では、仕組み作りの失敗例をお話します。 私が、昔勤めた会社で、従業員満足度をあげるために、アンケートを取ったことがありました。 会社の働きやすさとか、上司について、意見をきくという…続き
ペストマネジメント
第39話 HACCP/FSMS対応ペストマネージメントのモニタリング⑲ 好ましくないモニタリング結果への対応⑤ 最後に、対策を立てる時に気をつけたい、2つのことをお話します。 それは、①問題の上流をたどるということ、②対策の目的を見失わないことです。 今話は、「問題の上流をたどる」についてお話します…続き
その他
第34話 仕組み(全体像)が見えないコロナ対策 「よりよい組織の作り方」コラムで、害虫管理や感染症対策は仕組みで考えることが大切とお話しました。 仕組みを作らず、各論で解決しようとすると、視界が狭まり、何をやっているか分からなくなります。…続き
その他
第33話 脳を、働くことに慣らす③ 「意識して仕事をすること」のトレーニングをした人、しなかった人 まだ新人の内から、予定表の客先を見て、自ら準備をしていた人は、仕事がすぐできるようになります。 準備を率先しておこなうこ…続き
ペストマネジメント
第38話 HACCP/FSMS対応ペストマネージメントのモニタリング⑱ 好ましくないモニタリング結果への対応④ 「従事者の意見に充分に耳を傾けて」とか、「誠意を持って指導して」とか書くと、弱気と思われるかも知れません。 「そこまで、従事者に気を使わなければいけないのか」と、疑問を持たれるかも知れません…続き
その他
第32話 脳を、働くことに慣らす② 「仕事の準備をする」というトレーニングは、若い内から始めることをお勧めします。 トレーニングは、できるだけ若い内に始めることをお勧めします。 理由は2つです。 一つ目は、若い方が、環…続き