TOP
衛生管理コラム

第22話 外国人の方と一緒に働く

よりよい組織作りのために

第20話で、「日本人らしさ」について、お話しました。
戦後教育で多くのものが壊されたとはいえ、日本人の民度は素晴らしいです。
そのため、日本人が主となる組織では、「日本人らしさ」を信じて仕事をして欲しいです。

近年、外国人労働者が増えてきました。
地域に根付いている人もいるでしょうし、日本の生活に馴染めない人もいるかも知れません。

勉強会に呼んでいただける工場で、3名の外国の若い子がいます。
前年と同じように、前に並んで座っているのを見ると、「頑張っているんだな」と嬉しくなります。
いろいろな事情をもった人がいるでしょうが、よい仕事をして、幸せになってくれるのを祈るばかりです。

外国人の方と接するコツはいろいろあるのでしょうが、二つだけ大切と思っていることがあります。
1つめは、先にお話した3つの思い込みを意識して接することです。
祖国を離れて、日本に来ているのですから、いろいろな事情があるかと思います。
特に、彼らの背景を知り、思いを巡らすことも大切と思います。
注意すべきことは注意して、しかし、気持ちをフォローすることも大切です。

2つめは、仕事の説明の仕方と注意の仕方です。
仕事の説明は、何をするかだけでなく、なぜするかも説明し、丁寧な作業ができるまで、見届けた方が良いと思います。
仕事がうまくできず、注意する時は、何がどう悪いのかを、説明します。
いきなり怒るのでなく、何が悪かったか、どうすればよいかを、説明します。
考えさせ、納得してもらうことで、仕事の輪の中に巻き込んでいけたら理想でないでしょうか。

最新の衛生管理コラム 6件

その他
第35話 仕組みつくりの失敗例 第35話では、仕組み作りの失敗例をお話します。 私が、昔勤めた会社で、従業員満足度をあげるために、アンケートを取ったことがありました。 会社の働きやすさとか、上司について、意見をきくという…続き
ペストマネジメント
第39話 HACCP/FSMS対応ペストマネージメントのモニタリング⑲ 好ましくないモニタリング結果への対応⑤ 最後に、対策を立てる時に気をつけたい、2つのことをお話します。 それは、①問題の上流をたどるということ、②対策の目的を見失わないことです。 今話は、「問題の上流をたどる」についてお話します…続き
その他
第34話 仕組み(全体像)が見えないコロナ対策 「よりよい組織の作り方」コラムで、害虫管理や感染症対策は仕組みで考えることが大切とお話しました。 仕組みを作らず、各論で解決しようとすると、視界が狭まり、何をやっているか分からなくなります。…続き
その他
第33話 脳を、働くことに慣らす③ 「意識して仕事をすること」のトレーニングをした人、しなかった人 まだ新人の内から、予定表の客先を見て、自ら準備をしていた人は、仕事がすぐできるようになります。 準備を率先しておこなうこ…続き
ペストマネジメント
第38話 HACCP/FSMS対応ペストマネージメントのモニタリング⑱ 好ましくないモニタリング結果への対応④ 「従事者の意見に充分に耳を傾けて」とか、「誠意を持って指導して」とか書くと、弱気と思われるかも知れません。 「そこまで、従事者に気を使わなければいけないのか」と、疑問を持たれるかも知れません…続き
その他
第32話 脳を、働くことに慣らす② 「仕事の準備をする」というトレーニングは、若い内から始めることをお勧めします。 トレーニングは、できるだけ若い内に始めることをお勧めします。 理由は2つです。 一つ目は、若い方が、環…続き