TOP
衛生管理コラム

第24話 HACCP/FSMS対応ペストマネージメントのモニタリング⑦ 虫がたくさん捕れた捕虫紙の見方

ペストマネジメント

虫を調べる仕事は大変です。特に虫の多い時期は、多くの時間を費やします。
捕虫紙一面に虫がつき、総数500を超えると、数を数えるだけでも大変です。
捕虫紙を見直したとしても、一度目と二度目で数があう自信もありません。
※もちろん、数を数えなおすこともありませんが(^^;)
そうすると、捕虫紙の真ん中部分(両面)だけを数えて10倍したり、中には片面真ん中部分だけ見て、20倍したりする人がいますが、そこまで手をぬくのは好ましくありません。

そこまで手をぬくのに反対な理由は二つです。
①総数の誤差が多い場合があります。
捕虫紙は、よほど真っ黒に虫が着いていない限り、両端は極端に虫が少ないです。そのため単に10(20)倍では総数が多くなってしまいます。
②重要な問題を見逃す可能性があります。
問題のある虫がたくさん捕獲されているが、真ん中だけに捕獲されていなかった場合、もし真ん中だけしか見ないのであれば、
問題のある虫に気づかず、問題がないという結果になってしまいます。

それでは、どうすればよいのか、総数は、真ん中両面数えて8倍して、両端は別にカウントして、合計を求めます。
捕獲数が多く、総数を推定した捕虫紙でも、一度全面を顕微鏡下で目視して、問題のある昆虫類が捕獲されていないか確認します。

HACCP/FSMS対応ペストマネージメントにおけるモニタリングの目的は、環境状況を把握することです。
モニタリングの結果は、環境を把握しやすいものであり、問題を見落とさないものでなければいけません。
たとえ推定でも、できるだけ正しい値に近づけるように、努力をしないといけません。

最新の衛生管理コラム 6件

ペストマネジメント
第94話 勉強会を食品安全管理に活用する 前話に続き、勉強会を食品安全管理に活用することの続きです。 勉強会の後、従業員が動くようにします。 勉強会後「今日の内容を、日々の仕事に活かしてください」だけでは、 動ける従業員はほ…続き
ペストマネジメント
第93話 勉強会のあり方 従事者の勉強会をおこなう時は、 「おこなわないといけないから」と、ありきたりの勉強会をおこなうのでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することを考えたいです。 話を聞いて終わりでなく、…続き
ペストマネジメント
第92話 工場内に工事業者を入れる時② 工場内に工事業者さんを入れる時に、おこなうべきことを考えます。 まずはおこなうことです。 工事業者さんの出入口を決めます。 できれば1か所にしぼりたいです。 【工事前】 歩行昆虫…続き
ペストマネジメント
第92話 工場内に工事業者を入れる時① 工場でモニタリングをしていると、急に捕獲数が増えることがあります。 何か変わったことがなかったか訊くと、「工事が入った」との言葉を聞いたりします。 品質担当者の方の中には、製造中以外は…続き
マネジメントのヒント
第42話 食品安全で問われるもの 肉まんで有名な会社の異物混入が報道されました。 工場で豚まんのあんの中にビニール片が入っているのを従業員が見つけたそうです。 会社は、混入原因とみられる箇所を確定し、対応すると同時に、1.…続き
マネジメントのヒント
第41話 日本人の持つ「和」の強さを信じる 令和6年能登半島地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。また、犠牲になられた方々に、謹んで哀悼の意を表します。 また、東日本大震災で犠牲になられた方々にも、謹んで哀悼の意を表します…続き