TOP
衛生管理コラム

第21話 思い込みのまとめ

よりよい組織作りのために

第2話から第21話まで、5つの思い込みについて、お話しました。

人は、思うように、ことが運ばないと、つい人のせいにしてしまいたくなります。

しかし、人を変えることはできず、自分から変わって、従事者を含む、周りの環境を変えていかなければなりません。
自分が変わるためには、周りを客観的に見ることが必要です。
そのためには、3つの思い込みを知り、乗り越え、従事者とよい関係を築かなければなりません。
3つの思い込みとは、次の3つです。
「従事者はやる気がある」:従事者が始めからやる気を示すのは希です。やる気が持てるように接しないといけません。
「人は考えて動く」:人は考えて行動することは希です。依頼する時、大切なことや、注意することは、始めから伝え、意識して行動するように、うながしましょう。
「言葉は通じる」:言葉は基本通じないものです。仕事を依頼する時は、自分が話したことでなく、相手に伝わったことが全てと覚悟して、伝えきってください。
日頃から、相手がこちらの話に耳を傾ける、人間関係を作ることも大切です。

これらの思い込みを知り、乗り越えることは大変です。
しかし、この3つの思い込みを捨てることで、人のせいにすることなく、自ら変われるようになります。
従事者との人間関係ができてきて、その環が広がっていくと、組織はどんどんよい方向に向かいます。

人の能力は意識に左右されます。
「人の能力には限界がある」という思い込みを捨て、「自分はやれる」/「できない試練は来ない」と信じて頑張ってください。
組織を変えていくことは大変と感じるかも知れません。
しかし、日本人は、和を大切にし、相手を思いやることができます。どんな時も秩序をもった行動ができます。仕事や商品に工夫を凝らし、よりよいものを作れます。
「欧米は日本より優れる」は思い込みで、「日本人らしさ」を信じていけば、よい組織作りがおこなえます。

自分自身の能力と、日本人の底力を信じることができれば、よりよい組織作りができます。

最新の衛生管理コラム 6件

その他
第35話 仕組みつくりの失敗例 第35話では、仕組み作りの失敗例をお話します。 私が、昔勤めた会社で、従業員満足度をあげるために、アンケートを取ったことがありました。 会社の働きやすさとか、上司について、意見をきくという…続き
ペストマネジメント
第39話 HACCP/FSMS対応ペストマネージメントのモニタリング⑲ 好ましくないモニタリング結果への対応⑤ 最後に、対策を立てる時に気をつけたい、2つのことをお話します。 それは、①問題の上流をたどるということ、②対策の目的を見失わないことです。 今話は、「問題の上流をたどる」についてお話します…続き
その他
第34話 仕組み(全体像)が見えないコロナ対策 「よりよい組織の作り方」コラムで、害虫管理や感染症対策は仕組みで考えることが大切とお話しました。 仕組みを作らず、各論で解決しようとすると、視界が狭まり、何をやっているか分からなくなります。…続き
その他
第33話 脳を、働くことに慣らす③ 「意識して仕事をすること」のトレーニングをした人、しなかった人 まだ新人の内から、予定表の客先を見て、自ら準備をしていた人は、仕事がすぐできるようになります。 準備を率先しておこなうこ…続き
ペストマネジメント
第38話 HACCP/FSMS対応ペストマネージメントのモニタリング⑱ 好ましくないモニタリング結果への対応④ 「従事者の意見に充分に耳を傾けて」とか、「誠意を持って指導して」とか書くと、弱気と思われるかも知れません。 「そこまで、従事者に気を使わなければいけないのか」と、疑問を持たれるかも知れません…続き
その他
第32話 脳を、働くことに慣らす② 「仕事の準備をする」というトレーニングは、若い内から始めることをお勧めします。 トレーニングは、できるだけ若い内に始めることをお勧めします。 理由は2つです。 一つ目は、若い方が、環…続き