TOP
衛生管理コラム

第21話 思い込みのまとめ

よりよい組織作りのために

第2話から第21話まで、5つの思い込みについて、お話しました。

人は、思うように、ことが運ばないと、つい人のせいにしてしまいたくなります。

しかし、人を変えることはできず、自分から変わって、従事者を含む、周りの環境を変えていかなければなりません。
自分が変わるためには、周りを客観的に見ることが必要です。
そのためには、3つの思い込みを知り、乗り越え、従事者とよい関係を築かなければなりません。
3つの思い込みとは、次の3つです。
「従事者はやる気がある」:従事者が始めからやる気を示すのは希です。やる気が持てるように接しないといけません。
「人は考えて動く」:人は考えて行動することは希です。依頼する時、大切なことや、注意することは、始めから伝え、意識して行動するように、うながしましょう。
「言葉は通じる」:言葉は基本通じないものです。仕事を依頼する時は、自分が話したことでなく、相手に伝わったことが全てと覚悟して、伝えきってください。
日頃から、相手がこちらの話に耳を傾ける、人間関係を作ることも大切です。

これらの思い込みを知り、乗り越えることは大変です。
しかし、この3つの思い込みを捨てることで、人のせいにすることなく、自ら変われるようになります。
従事者との人間関係ができてきて、その環が広がっていくと、組織はどんどんよい方向に向かいます。

人の能力は意識に左右されます。
「人の能力には限界がある」という思い込みを捨て、「自分はやれる」/「できない試練は来ない」と信じて頑張ってください。
組織を変えていくことは大変と感じるかも知れません。
しかし、日本人は、和を大切にし、相手を思いやることができます。どんな時も秩序をもった行動ができます。仕事や商品に工夫を凝らし、よりよいものを作れます。
「欧米は日本より優れる」は思い込みで、「日本人らしさ」を信じていけば、よい組織作りがおこなえます。

自分自身の能力と、日本人の底力を信じることができれば、よりよい組織作りができます。

最新の衛生管理コラム 6件

マネジメントのヒント
第39話 鬼滅の刃が描いた「受け継がれる力」 「鬼滅の刃」を4~5回読み返した話をしました。 鬼が永遠の命を持つのに対して、 鬼殺隊員の、限りある命、「なまみ」の身体で、鬼に立ち向かう姿に心を打たれ、 「例え、自分は死んでも、思いは…続き
マネジメントのヒント
第38話 鬼滅の刃に見る「作りこみの極み」 「鬼滅の刃」を全巻4~5回読み返しました。 読むたびに新たな発見がありました。 鬼殺隊の柱を中心とした隊員達の描写 とりわけ鬼殺隊に入るきっかけになったできごとと そのできごとを乗…続き
マネジメントのヒント
第37話 しなやかなリーダーシップ 職場では、先輩や上司、つまり自分より立場が上の人と、価値観が合わない時があります。 私は、転職を繰り返しましたが、辞める時の多くは、周り(主に上司)との摩擦が原因でした。 今話は、会社…続き
ペストマネジメント
第91話 工場を建設する時 工場を建設する時は、当然、製造ラインを中心に計画します。 この時、図面を見せてもらって、防虫対策や防かび対策をチェックさせてもらうのが理想です。 食品工場建設経験が少ない、地元工務店に工事…続き
ペストマネジメント
第90話HACCP/FSMSのお手伝いをする上での「害虫駆除業者の立ち位置」  HACCP/FSMS認証を受けた工場で、害虫管理の仕事をする時、 誤解を恐れずにいえば、 害虫駆除業者の立場は、アドバイザーであるべきと思っています。 正しくいえば、アドバイザーとしてふ…続き
マネジメントのヒント
第36話 不動心について 安倍元総理の慰霊碑(留魂碑)には、安倍元総理が好んで使った「不動心」という言葉が刻まれています。 不動の心は、志に向かって、ゆるぎなく歩む力強い言葉ですが、 不動の心を持つ前に大切なことが…続き