TOP
衛生管理コラム

第21話 思い込みのまとめ

よりよい組織作りのために

第2話から第21話まで、5つの思い込みについて、お話しました。

人は、思うように、ことが運ばないと、つい人のせいにしてしまいたくなります。

しかし、人を変えることはできず、自分から変わって、従事者を含む、周りの環境を変えていかなければなりません。
自分が変わるためには、周りを客観的に見ることが必要です。
そのためには、3つの思い込みを知り、乗り越え、従事者とよい関係を築かなければなりません。
3つの思い込みとは、次の3つです。
「従事者はやる気がある」:従事者が始めからやる気を示すのは希です。やる気が持てるように接しないといけません。
「人は考えて動く」:人は考えて行動することは希です。依頼する時、大切なことや、注意することは、始めから伝え、意識して行動するように、うながしましょう。
「言葉は通じる」:言葉は基本通じないものです。仕事を依頼する時は、自分が話したことでなく、相手に伝わったことが全てと覚悟して、伝えきってください。
日頃から、相手がこちらの話に耳を傾ける、人間関係を作ることも大切です。

これらの思い込みを知り、乗り越えることは大変です。
しかし、この3つの思い込みを捨てることで、人のせいにすることなく、自ら変われるようになります。
従事者との人間関係ができてきて、その環が広がっていくと、組織はどんどんよい方向に向かいます。

人の能力は意識に左右されます。
「人の能力には限界がある」という思い込みを捨て、「自分はやれる」/「できない試練は来ない」と信じて頑張ってください。
組織を変えていくことは大変と感じるかも知れません。
しかし、日本人は、和を大切にし、相手を思いやることができます。どんな時も秩序をもった行動ができます。仕事や商品に工夫を凝らし、よりよいものを作れます。
「欧米は日本より優れる」は思い込みで、「日本人らしさ」を信じていけば、よい組織作りがおこなえます。

自分自身の能力と、日本人の底力を信じることができれば、よりよい組織作りができます。

最新の衛生管理コラム 6件

その他
第50話 絞り込んだ仕組みを理解されなかった「毛髪除去の例」 絞り込んだ仕組み作りが理解されないことについて、昔悔しい思いをしたことがあります。 それは、ある食品関連の工場でのことです。 その工場は、従事者入場のための前室を作り、粘着ローラーで毛…続き
ペストマネジメント
第51話 「工夫されないペストマネジメント例」④ 調査結果はメールで送られるだけ お客様と話していると、昆虫調査の結果をメールで送って終わりとしている例が多いのに驚かされます。 害虫管理業者の仕事は、昆虫調査ではなく、虫の混入を無くすことです。 そのために、昆虫調査…続き
その他
第49話 仕事を絞り込むことの応用 第49話では、「仕組みを絞り込むこと」について、人と話をする時への応用をお話します。 簡単です。 話の目的、会話で成し遂げたいことを明らかにします。 そのためには何を話さなければいけ…続き
よりよい組織作りのために
第51話 昔、第三者の監査でおこった出来事 第49話で「作り込まれた仕組みでは運用が楽になり、絞り込まれた仕組みでは、運用が大変になり、組織力が必要になる」とお話しました。 このことを監査の視点で見ると、絞り込まれた仕組みにおいて…続き
ペストマネジメント
第50話 「工夫されないペストマネジメント例」③ 工夫されない報告書 報告書として、調査結果の表とグラフ、トラップの位置を示した図だけ出している場合があります。 害虫管理業者からすると、これは、とっても楽です。 調査結果の表を入力するだけで、グラフも作成され…続き
よりよい組織作りのために
第50話  「作り込まれた仕組み」と「最小限の仕組み」での運用を考える 前話で「作り込まれた仕組みでは運用が楽になり、絞り込まれた仕組みでは、運用が大変になり、組織力が必要になる」とお話しました。 それでは、「ハードを充実さえすれば、従事者の指導は必要なくなるの…続き