TOP
衛生管理コラム

第22話 トラップ設置

ペストマネジメント

ライトトラップ、粘着トラップ、フェロモントラップの設置について考えます。

ライトトラップは、誘虫灯の光で虫を寄せるため、外に光が見える位置に設置してはいけません。
外というのは、野外という意味だけでなく、準清潔区域における汚染区域、清潔区域における準清潔区域というように、衛生度が低い場所も意味します。
また虫を誘引するため、異物混入が起こる可能性がある場所の近くに、設置してはいけません。
誘引された虫が途中で混入しないように、入り口からライトトラップの間に、製造ラインが来るように設置してはいけません。
ライトトラップは、定期的な捕虫紙交換が必要になるため、捕虫紙交換作業がおこないやすい高さに設置した方が良いです。

粘着トラップは、通常、誘引剤を付けませんが、誘引剤を付ける時は、外に誘引剤の匂いがもれないように配置してください。
誘引剤を使用する場合は、ライトトラップと同じように、製造ライン付近に配置しないようにしてください。
粘着トラップは、床にじか置きになるため、掃除などでなくなったり、ゴミがはき込まれたり、しない場所に置いてください。
粘着トラップは、通常、誘引剤がないため、問題箇所の近くに設置しないと捕獲されません。
また、探知面積が小さい(誘引剤がないため、偶然入った虫しか捕獲されない=付近の虫しか捕れない)ため、より細かな調査に優れます。

フェロモントラップは、フェロモンで誘引するため、外にフェロモンがもれない場所に配置する必要があります。
フェロモントラップを使用する場合は、ライトトラップと同じように、製造ライン付近に配置しないようにしてください。
フェロモンは、どの昆虫にも有効というわけではないので、目的とした昆虫にあったトラップを選んでください。
フェロモントラップで多数捕獲されても、どこで発生したか(細かな発生源が)分からない時などには、粘着トラップを使用して、細かく調査する時もあります。

なお、臭気で誘引する場合、工場内は陰圧(外から工場内に空気が流れ込む)が多いので、外に臭気がもれることは、ほとんどないと考えられます。

最新の衛生管理コラム 6件

その他
第35話 仕組みつくりの失敗例 第35話では、仕組み作りの失敗例をお話します。 私が、昔勤めた会社で、従業員満足度をあげるために、アンケートを取ったことがありました。 会社の働きやすさとか、上司について、意見をきくという…続き
ペストマネジメント
第39話 HACCP/FSMS対応ペストマネージメントのモニタリング⑲ 好ましくないモニタリング結果への対応⑤ 最後に、対策を立てる時に気をつけたい、2つのことをお話します。 それは、①問題の上流をたどるということ、②対策の目的を見失わないことです。 今話は、「問題の上流をたどる」についてお話します…続き
その他
第34話 仕組み(全体像)が見えないコロナ対策 「よりよい組織の作り方」コラムで、害虫管理や感染症対策は仕組みで考えることが大切とお話しました。 仕組みを作らず、各論で解決しようとすると、視界が狭まり、何をやっているか分からなくなります。…続き
その他
第33話 脳を、働くことに慣らす③ 「意識して仕事をすること」のトレーニングをした人、しなかった人 まだ新人の内から、予定表の客先を見て、自ら準備をしていた人は、仕事がすぐできるようになります。 準備を率先しておこなうこ…続き
ペストマネジメント
第38話 HACCP/FSMS対応ペストマネージメントのモニタリング⑱ 好ましくないモニタリング結果への対応④ 「従事者の意見に充分に耳を傾けて」とか、「誠意を持って指導して」とか書くと、弱気と思われるかも知れません。 「そこまで、従事者に気を使わなければいけないのか」と、疑問を持たれるかも知れません…続き
その他
第32話 脳を、働くことに慣らす② 「仕事の準備をする」というトレーニングは、若い内から始めることをお勧めします。 トレーニングは、できるだけ若い内に始めることをお勧めします。 理由は2つです。 一つ目は、若い方が、環…続き