TOP
衛生管理コラム

第22話 トラップ設置

ペストマネジメント

ライトトラップ、粘着トラップ、フェロモントラップの設置について考えます。

ライトトラップは、誘虫灯の光で虫を寄せるため、外に光が見える位置に設置してはいけません。
外というのは、野外という意味だけでなく、準清潔区域における汚染区域、清潔区域における準清潔区域というように、衛生度が低い場所も意味します。
また虫を誘引するため、異物混入が起こる可能性がある場所の近くに、設置してはいけません。
誘引された虫が途中で混入しないように、入り口からライトトラップの間に、製造ラインが来るように設置してはいけません。
ライトトラップは、定期的な捕虫紙交換が必要になるため、捕虫紙交換作業がおこないやすい高さに設置した方が良いです。

粘着トラップは、通常、誘引剤を付けませんが、誘引剤を付ける時は、外に誘引剤の匂いがもれないように配置してください。
誘引剤を使用する場合は、ライトトラップと同じように、製造ライン付近に配置しないようにしてください。
粘着トラップは、床にじか置きになるため、掃除などでなくなったり、ゴミがはき込まれたり、しない場所に置いてください。
粘着トラップは、通常、誘引剤がないため、問題箇所の近くに設置しないと捕獲されません。
また、探知面積が小さい(誘引剤がないため、偶然入った虫しか捕獲されない=付近の虫しか捕れない)ため、より細かな調査に優れます。

フェロモントラップは、フェロモンで誘引するため、外にフェロモンがもれない場所に配置する必要があります。
フェロモントラップを使用する場合は、ライトトラップと同じように、製造ライン付近に配置しないようにしてください。
フェロモンは、どの昆虫にも有効というわけではないので、目的とした昆虫にあったトラップを選んでください。
フェロモントラップで多数捕獲されても、どこで発生したか(細かな発生源が)分からない時などには、粘着トラップを使用して、細かく調査する時もあります。

なお、臭気で誘引する場合、工場内は陰圧(外から工場内に空気が流れ込む)が多いので、外に臭気がもれることは、ほとんどないと考えられます。

最新の衛生管理コラム 6件

マネジメントのヒント
第6話 動画の倍速視聴に思う① コロナ禍の影響で、ほとんどの大学の授業がオンライン授業になりました。 この頃では、対面授業よりオンライン授業の方が良いと考える学生も多いそうです。 理由は、「倍速で聞けるので、時間が有効に…続き
ペストマネジメント
第62話 HACCPが改訂された?④ ハザードはより具体的にすべき① 「食品衛生の一般原則およびHACCP付属文書」の改訂では、ハザードはより具体的にすべき(例 金属片だけでなく、切断後の壊れたブレード由来の金属異物の混入のように、汚染源や発生理由も記述する)と…続き
マネジメントのヒント
第5話 前向きの質問を考える ある方が私の仕事をほめてくれ、 「「なぜ自分はこのようにできないのだろうか?」と思った」と言われた。 「そんなことないですよ」と笑って返したが、 「多分ずっとできないだろう」と直感し…続き
ペストマネジメント
第61話  HACCPが改訂された?③ より注意が必要なGHPについて 「食品衛生の一般原則およびHACCP付属文書」の改訂では、GHP(適正衛生規範)は全て必要としながら、「より厳密な注意が必要なGHPを特定し、厳しく管理する」ことと記載されました。 これは、…続き
マネジメントのヒント
第4話 読書を通じて、「深く考えていなかったこと」に気づく 先日、読書をしていて気づいたことがあります。 急いで読んだ本を後で読み返すと、内容の半分も覚えていないのです。 実用書などを読んだ場合、知識が身につかないのも問題です。 しかし、小説…続き
ペストマネジメント
第60話 HACCPが改訂された?② ハザード分析が重要 「食品衛生の一般原則およびHACCP付属文書」の改訂では、ハザード分析の重要性が、改めて述べられました。 HACCPが義務化されましたが、ハザード分析をおこなわず、各業界が作成した手引き…続き