TOP
衛生管理コラム

第19話 力を発揮するために、捨てなければならない2つの思い込み②

よりよい組織作りのために

「人の能力には限界がある」という思い込みを捨て、「自分はやれる」/「できない試練は来ない」と知れば、前向きに取りかかることができ、何でもできるようになります。
これは本当の話です。

しかし、矛盾するようですが、「自分はやれる」/「できない試練は来ない」と思って始めてもできない時があります。
一つ目は、無意識で駄目と思ってしまっている場合です。これはやれると強く信じるしかありません。
二つ目は、能力を身につけている段階の場合です。
「自分はやれる」と意識しても、ない知識/経験が、いきなり自分の中に出てくるわけではありません。
この場合、やれるとは、やるために必要な努力(その努力を続けること)ができるということです。

この時、不思議なことですが、どのように努力したらよいか、方法が見つかったり、手助けしてくれる人が現れたりします。
「自分はやれる」という気持ちがあれば、不思議と努力を続ける環境が整います。

脳は、普通10%しか使用されていないといわれています。
「自分はやれる」と信じることで、使われていない1%が動くだけで、ものすごい成果が現れます。

減点式の学校教育で、できないことばかりに目を向けられてすり込まれた「能力の限界」など、吹き飛ばしてください。

もう一度言います。
「人の能力には限界がある」という思い込みを捨て、「自分はやれる」/「できない試練は来ない」と知ってください。
そして、あきらめずに努力を続けてください。必ず道は開けます。

「その他」コラムの中で、私の「人の能力には限界がある」という思い込みが外れた時の話をいたします。
そちらも参考にしてください。

最新の衛生管理コラム 6件

ペストマネジメント
第98話 勉強会後活動はゆっくりと 勉強会後の食品安全管理の実践は、ゆっくりやることです。 5S活動を中心に、やりやすい所から、少しずつやります。 一カ所うまくいったら、別の箇所へ、それがうまくいったら、また別の箇所へ。…続き
ペストマネジメント
第97話 勉強会後活動の利点 ただ勉強会をおこなうだけでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することをお話ししました。 勉強会では、知識を頭に入れるだけです。 知識は実践してこそ理解でき、身につきます。 皆が…続き
ペストマネジメント
第96話 勉強会の時に意識したいこと② 勉強会の成果を出すためには、勉強会実施の環境を整えることも大切です。 まず、社長や工場長自身が、「勉強会は大切」という意識を持つことです。 「勉強会は大切」という意識を持つと、準備の大…続き
ペストマネジメント
第95話 勉強会の時に意識したいこと① 食品安全管理では、ルールを守りやすい環境を作ることが大切です。 理想をいえば、守らないと違和感を覚えるような環境が良いです。 食品工場中には、FSMSの認証を取っていても、 いざ、一…続き
ペストマネジメント
第94話 勉強会を食品安全管理に活用する 前話に続き、勉強会を食品安全管理に活用することの続きです。 勉強会の後、従業員が動くようにします。 勉強会後「今日の内容を、日々の仕事に活かしてください」だけでは、 動ける従業員はほ…続き
ペストマネジメント
第93話 勉強会のあり方 従事者の勉強会をおこなう時は、 「おこなわないといけないから」と、ありきたりの勉強会をおこなうのでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することを考えたいです。 話を聞いて終わりでなく、…続き