TOP
衛生管理コラム

第21話 HACCP/FSMS対応ペストマネージメントのモニタリング⑤ モニタリングの組み方②

ペストマネジメント

モニタリング間隔(或いは頻度)は、可能な限り短い方が良いです。
しかし、手間の問題もあります。サービス間隔からして、2週間もしくは1ヶ月間隔が多いです。

製造ラインの危険箇所等、厳しく管理したい場所がある場合、その場所だけ、工場の担当者の方が、毎日チェックする方法もあります。
厳しく管理したい場所は、通常、捕獲数は極めて少ないはずです。数台であれば、工場の方が毎日チェックできると思われます。

設置したトラップ全部を調べることが理想ですが、トラップの数が多いと大変です。
時間がかかり、費用も増えます。
そこで、トラップの数が多い場合、毎回虫を調べる調査用トラップと、虫を調べず捕獲だけする、捕殺用トラップをもうけます。

前室など、どうしても虫が入ってきて、捕獲数が多くなってしまうトラップが捕殺用トラップに当たります。
前室内のトラップは、捕獲数が多く、侵入性昆虫類がほとんどであることが分かっているので、毎回は調べず、年に1~2回調べるだけにします。
それでも、まだトラップ数が多い場合は、問題箇所と危険箇所の間に設置したトラップから、捕殺用トラップをもうけます。

全体のトラップ数が多くなり 捕殺用のトラップをもうけた場合は、全体像を把握するため、年1~2回、全体調査をすることをお勧めします。
調べるのは大変ですが、虫の多い5~6月や9~10月に実施することが理想です。

あるトラップで捕獲数が増えた時、より細かく発生源を調べるために、トラップの数を増やすことがあります。
これには、局所的に発生する昆虫類(第25話で説明予定)で使用することが多い、粘着トラップを使用します。

ライトトラップは、虫の好む光で虫を集めます。
蛍光灯ランプの場合、この光は半年で低減することが知られています。
そのため、誘虫力を維持するため、年に1度以上の誘虫灯交換が必要です。
東化研では、虫が増える4~6月に誘虫灯交換を仕様に入れています。
※誘虫灯交換が長期間必要のないLED誘虫ランプもあります。

最新の衛生管理コラム 6件

ペストマネジメント
第51話 「工夫されないペストマネジメント例」④ 調査結果はメールで送られるだけ お客様と話していると、昆虫調査の結果をメールで送って終わりとしている例が多いのに驚かされます。 害虫管理業者の仕事は、昆虫調査ではなく、虫の混入を無くすことです。 そのために、昆虫調査…続き
その他
第49話 仕事を絞り込むことの応用 第49話では、「仕組みを絞り込むこと」について、人と話をする時への応用をお話します。 簡単です。 話の目的、会話で成し遂げたいことを明らかにします。 そのためには何を話さなければいけ…続き
よりよい組織作りのために
第51話 昔、第三者の監査でおこった出来事 第49話で「作り込まれた仕組みでは運用が楽になり、絞り込まれた仕組みでは、運用が大変になり、組織力が必要になる」とお話しました。 このことを監査の視点で見ると、絞り込まれた仕組みにおいて…続き
ペストマネジメント
第50話 「工夫されないペストマネジメント例」③ 工夫されない報告書 報告書として、調査結果の表とグラフ、トラップの位置を示した図だけ出している場合があります。 害虫管理業者からすると、これは、とっても楽です。 調査結果の表を入力するだけで、グラフも作成され…続き
よりよい組織作りのために
第50話  「作り込まれた仕組み」と「最小限の仕組み」での運用を考える 前話で「作り込まれた仕組みでは運用が楽になり、絞り込まれた仕組みでは、運用が大変になり、組織力が必要になる」とお話しました。 それでは、「ハードを充実さえすれば、従事者の指導は必要なくなるの…続き
よりよい組織作りのために
第49話 「作り込まれた仕組み」と「最小限の仕組み」の運用面での違い 第48話の前室を例として、「作り込まれた仕組み」と「最小限の仕組み」の運用面での違いを考えます。 作り込まれた仕組み(の前室)では、初めての人が利用しても、前室が機能するようになっていま…続き