TOP
衛生管理コラム

第15話 フェロモントラップに感じた哀愁

その他

コラム「ペストマネジメント」でフェロモントラップをご紹介しました。
主に、ノシメマダラメイガ用と、タバコシバンムシ用のフェロモントラップを使います。
共に、性フェロモンという、雌が雄を誘うフェロモンを使用しています。

フェロモンとは、動物が体外に放出する化学物質で、同種の他個体に作用して、特定の行動や生理的変化を起こします。
辞書で調べますと、微生物においても観察されるようです。
人間でも、魅力的な女性に対して、「フェロモンがすごい」と形容したりします。

ある日、実家から送られて来たお米に、ノシメマダラメイガが発生しました。
しかも、大量に。。。結果、当時1DKの部屋に、ノシメマダラメイガが飛び回る事態がおきました。

しかたなく、試験をかねてフェロモントラップを持ち帰り、設置しました。
すると、一週間後、一面ノシメマダラメイガだらけになりました。
はじめは「すごい・・・」と思ったのですが、すぐに、これが全て雄ということに気がつき、「あちゃー・・・」と声に出ました。
捕まってる虫が、まるで自分のように思えたのです。
フラフラ・・・っと、フェロモンに誘われ・・・ピタッ・・・とトラップに・・・

男性にとって、これほど哀愁を感じるトラップはありません。
そう感じるのは、私だけでしょうか。

最新の衛生管理コラム 6件

その他
第35話 仕組みつくりの失敗例 第35話では、仕組み作りの失敗例をお話します。 私が、昔勤めた会社で、従業員満足度をあげるために、アンケートを取ったことがありました。 会社の働きやすさとか、上司について、意見をきくという…続き
ペストマネジメント
第39話 HACCP/FSMS対応ペストマネージメントのモニタリング⑲ 好ましくないモニタリング結果への対応⑤ 最後に、対策を立てる時に気をつけたい、2つのことをお話します。 それは、①問題の上流をたどるということ、②対策の目的を見失わないことです。 今話は、「問題の上流をたどる」についてお話します…続き
その他
第34話 仕組み(全体像)が見えないコロナ対策 「よりよい組織の作り方」コラムで、害虫管理や感染症対策は仕組みで考えることが大切とお話しました。 仕組みを作らず、各論で解決しようとすると、視界が狭まり、何をやっているか分からなくなります。…続き
その他
第33話 脳を、働くことに慣らす③ 「意識して仕事をすること」のトレーニングをした人、しなかった人 まだ新人の内から、予定表の客先を見て、自ら準備をしていた人は、仕事がすぐできるようになります。 準備を率先しておこなうこ…続き
ペストマネジメント
第38話 HACCP/FSMS対応ペストマネージメントのモニタリング⑱ 好ましくないモニタリング結果への対応④ 「従事者の意見に充分に耳を傾けて」とか、「誠意を持って指導して」とか書くと、弱気と思われるかも知れません。 「そこまで、従事者に気を使わなければいけないのか」と、疑問を持たれるかも知れません…続き
その他
第32話 脳を、働くことに慣らす② 「仕事の準備をする」というトレーニングは、若い内から始めることをお勧めします。 トレーニングは、できるだけ若い内に始めることをお勧めします。 理由は2つです。 一つ目は、若い方が、環…続き