TOP
衛生管理コラム

第20話 HACCP/FSMS対応ペストマネージメントのモニタリング④ モニタリングの組み方①

ペストマネジメント

防虫計画を作ったら、その防虫計画が正しく運用されているか、新しく問題が起こっていないかを確認するために、モニタリングをおこないます。
防虫計画のモニタリングは、トラップを仕掛け、トラップに捕獲された虫を調べることによっておこないます。

工場で、主に使用するのは、ライトトラップ、粘着トラップ、フェロモントラップです。
①ライトトラップ:光に誘引される飛来昆虫を、主に捕獲します。
虫の好む光で誘引し、捕獲します。粘着紙で捕獲し、その後粘着紙を調べます。
②粘着トラップ:歩行(実際は這う)昆虫用トラップ。這って移動する虫などを捕獲します。
場合によって誘引剤を設置します。狭い場所での調査にも使用されます。
③フェロモントラップ:一部の貯穀害虫用トラップ。匂いで誘引し粘着紙で捕獲します。

工場のトラップ(特にライトトラップ)設置には3つの目的があります。
1つ目は、捕獲。2つ目は、モニタリングによる環境確認。そして、3つ目は良好な環境の証拠です。

虫の異物混入は、問題箇所から侵入/発生した虫が、製造ラインの危険箇所(異物混入が起こる可能性のある場所)に近づき、製品に混入/付着することで起こります。
もし、モニタリングで、製造ラインの危険箇所で、虫が捕獲されないことを確認できれば、その危険箇所は、問題なく管理できていることになります。
これが、良好な環境の証拠です。

製造ラインの危険箇所を安全に保つためには、問題箇所の虫を減らすだけでなく、問題箇所から危険箇所へ、虫を移動させないようにしなければいけません。
そのために、問題箇所から危険箇所の間にトラップを設置して、危険箇所に近づく虫を捕獲します。

まとめます。
トラップを設置するのは、次の3条件です。
①問題箇所(虫の発生/侵入箇所):問題を解決する/見張るため。
②危険箇所(異物混入が起こる可能性のある場所):危険箇所の状況がよいことを証明するため
③問題箇所と危険箇所の間:問題箇所から危険箇所に虫が移動するのを防ぐ(途中で捕獲する)ため。

最新の衛生管理コラム 6件

ペストマネジメント
第51話 「工夫されないペストマネジメント例」④ 調査結果はメールで送られるだけ お客様と話していると、昆虫調査の結果をメールで送って終わりとしている例が多いのに驚かされます。 害虫管理業者の仕事は、昆虫調査ではなく、虫の混入を無くすことです。 そのために、昆虫調査…続き
その他
第49話 仕事を絞り込むことの応用 第49話では、「仕組みを絞り込むこと」について、人と話をする時への応用をお話します。 簡単です。 話の目的、会話で成し遂げたいことを明らかにします。 そのためには何を話さなければいけ…続き
よりよい組織作りのために
第51話 昔、第三者の監査でおこった出来事 第49話で「作り込まれた仕組みでは運用が楽になり、絞り込まれた仕組みでは、運用が大変になり、組織力が必要になる」とお話しました。 このことを監査の視点で見ると、絞り込まれた仕組みにおいて…続き
ペストマネジメント
第50話 「工夫されないペストマネジメント例」③ 工夫されない報告書 報告書として、調査結果の表とグラフ、トラップの位置を示した図だけ出している場合があります。 害虫管理業者からすると、これは、とっても楽です。 調査結果の表を入力するだけで、グラフも作成され…続き
よりよい組織作りのために
第50話  「作り込まれた仕組み」と「最小限の仕組み」での運用を考える 前話で「作り込まれた仕組みでは運用が楽になり、絞り込まれた仕組みでは、運用が大変になり、組織力が必要になる」とお話しました。 それでは、「ハードを充実さえすれば、従事者の指導は必要なくなるの…続き
よりよい組織作りのために
第49話 「作り込まれた仕組み」と「最小限の仕組み」の運用面での違い 第48話の前室を例として、「作り込まれた仕組み」と「最小限の仕組み」の運用面での違いを考えます。 作り込まれた仕組み(の前室)では、初めての人が利用しても、前室が機能するようになっていま…続き