TOP
衛生管理コラム

第20話 HACCP/FSMS対応ペストマネージメントのモニタリング④ モニタリングの組み方①

ペストマネジメント

防虫計画を作ったら、その防虫計画が正しく運用されているか、新しく問題が起こっていないかを確認するために、モニタリングをおこないます。
防虫計画のモニタリングは、トラップを仕掛け、トラップに捕獲された虫を調べることによっておこないます。

工場で、主に使用するのは、ライトトラップ、粘着トラップ、フェロモントラップです。
①ライトトラップ:光に誘引される飛来昆虫を、主に捕獲します。
虫の好む光で誘引し、捕獲します。粘着紙で捕獲し、その後粘着紙を調べます。
②粘着トラップ:歩行(実際は這う)昆虫用トラップ。這って移動する虫などを捕獲します。
場合によって誘引剤を設置します。狭い場所での調査にも使用されます。
③フェロモントラップ:一部の貯穀害虫用トラップ。匂いで誘引し粘着紙で捕獲します。

工場のトラップ(特にライトトラップ)設置には3つの目的があります。
1つ目は、捕獲。2つ目は、モニタリングによる環境確認。そして、3つ目は良好な環境の証拠です。

虫の異物混入は、問題箇所から侵入/発生した虫が、製造ラインの危険箇所(異物混入が起こる可能性のある場所)に近づき、製品に混入/付着することで起こります。
もし、モニタリングで、製造ラインの危険箇所で、虫が捕獲されないことを確認できれば、その危険箇所は、問題なく管理できていることになります。
これが、良好な環境の証拠です。

製造ラインの危険箇所を安全に保つためには、問題箇所の虫を減らすだけでなく、問題箇所から危険箇所へ、虫を移動させないようにしなければいけません。
そのために、問題箇所から危険箇所の間にトラップを設置して、危険箇所に近づく虫を捕獲します。

まとめます。
トラップを設置するのは、次の3条件です。
①問題箇所(虫の発生/侵入箇所):問題を解決する/見張るため。
②危険箇所(異物混入が起こる可能性のある場所):危険箇所の状況がよいことを証明するため
③問題箇所と危険箇所の間:問題箇所から危険箇所に虫が移動するのを防ぐ(途中で捕獲する)ため。

最新の衛生管理コラム 6件

その他
第35話 仕組みつくりの失敗例 第35話では、仕組み作りの失敗例をお話します。 私が、昔勤めた会社で、従業員満足度をあげるために、アンケートを取ったことがありました。 会社の働きやすさとか、上司について、意見をきくという…続き
ペストマネジメント
第39話 HACCP/FSMS対応ペストマネージメントのモニタリング⑲ 好ましくないモニタリング結果への対応⑤ 最後に、対策を立てる時に気をつけたい、2つのことをお話します。 それは、①問題の上流をたどるということ、②対策の目的を見失わないことです。 今話は、「問題の上流をたどる」についてお話します…続き
その他
第34話 仕組み(全体像)が見えないコロナ対策 「よりよい組織の作り方」コラムで、害虫管理や感染症対策は仕組みで考えることが大切とお話しました。 仕組みを作らず、各論で解決しようとすると、視界が狭まり、何をやっているか分からなくなります。…続き
その他
第33話 脳を、働くことに慣らす③ 「意識して仕事をすること」のトレーニングをした人、しなかった人 まだ新人の内から、予定表の客先を見て、自ら準備をしていた人は、仕事がすぐできるようになります。 準備を率先しておこなうこ…続き
ペストマネジメント
第38話 HACCP/FSMS対応ペストマネージメントのモニタリング⑱ 好ましくないモニタリング結果への対応④ 「従事者の意見に充分に耳を傾けて」とか、「誠意を持って指導して」とか書くと、弱気と思われるかも知れません。 「そこまで、従事者に気を使わなければいけないのか」と、疑問を持たれるかも知れません…続き
その他
第32話 脳を、働くことに慣らす② 「仕事の準備をする」というトレーニングは、若い内から始めることをお勧めします。 トレーニングは、できるだけ若い内に始めることをお勧めします。 理由は2つです。 一つ目は、若い方が、環…続き