TOP
衛生管理コラム

第14話 私が思い込みに支配された例

その他

「あなたは不器用だから・・・」
小さい頃から言われて来ました。
最初に言ったのは、叔父だったのですが、何をもって不器用と言われたかは、定かでありません。
おかげで、中学まで、ずっと物作りが苦手でした(高校時代は、物作り自体がありませんでした)。

社会人になってからのことです。
ゴキブリ防除の試験をするのに、木工でゴキブリの棲み家を作りました。
我ながら力作だと思ったのですが、自分は不器用と思い込んでいます。
「不器用だから、きれいじゃないけど、これで何とか・・・」と、試験担当者に渡しました。
担当者は、それをじっと見て、「不器用な人は、こんなもの作れませんよ」と、笑ってました。

家を買った時、外の灯油タンクが雨ざらしでした。
そこで、灯油タンクがぴったり収まる外枠を作り、屋根を付けました。
ちょうど、リフォーム会社の人が来ていたので、「不器用だから、きっちりとしたものは作れないけど・・・」と、その雨よけを見せたら、じっと見た後、「不器用な人は、こんなもの作れませんよ」と言ってくれました。

思えば、趣味の釣りでは、何種類もの毛針を巻きます。
人前だと緊張して力を発揮できませんが、独りで作ったら、それなりのものを作れる様です。
自分が不器用だと思っている程は、不器用でないのかも知れません。
小さい頃から不器用と言われ続け、そう思い込んでいました。
一度思い込むと、「良いものを作れるイメージ」がわかず、結果 物作りが苦手になっていました。

人は、時に思い込みに支配されてしまいます。
マイナスの思い込みはなくしていきましょう。

最新の衛生管理コラム 6件

その他
第35話 仕組みつくりの失敗例 第35話では、仕組み作りの失敗例をお話します。 私が、昔勤めた会社で、従業員満足度をあげるために、アンケートを取ったことがありました。 会社の働きやすさとか、上司について、意見をきくという…続き
ペストマネジメント
第39話 HACCP/FSMS対応ペストマネージメントのモニタリング⑲ 好ましくないモニタリング結果への対応⑤ 最後に、対策を立てる時に気をつけたい、2つのことをお話します。 それは、①問題の上流をたどるということ、②対策の目的を見失わないことです。 今話は、「問題の上流をたどる」についてお話します…続き
その他
第34話 仕組み(全体像)が見えないコロナ対策 「よりよい組織の作り方」コラムで、害虫管理や感染症対策は仕組みで考えることが大切とお話しました。 仕組みを作らず、各論で解決しようとすると、視界が狭まり、何をやっているか分からなくなります。…続き
その他
第33話 脳を、働くことに慣らす③ 「意識して仕事をすること」のトレーニングをした人、しなかった人 まだ新人の内から、予定表の客先を見て、自ら準備をしていた人は、仕事がすぐできるようになります。 準備を率先しておこなうこ…続き
ペストマネジメント
第38話 HACCP/FSMS対応ペストマネージメントのモニタリング⑱ 好ましくないモニタリング結果への対応④ 「従事者の意見に充分に耳を傾けて」とか、「誠意を持って指導して」とか書くと、弱気と思われるかも知れません。 「そこまで、従事者に気を使わなければいけないのか」と、疑問を持たれるかも知れません…続き
その他
第32話 脳を、働くことに慣らす② 「仕事の準備をする」というトレーニングは、若い内から始めることをお勧めします。 トレーニングは、できるだけ若い内に始めることをお勧めします。 理由は2つです。 一つ目は、若い方が、環…続き