TOP
衛生管理コラム

第13話 言葉をつくして、気持ちを伝えることの大切さ・・・小説「コーヒーが冷めないうちに」から

その他

大切な人には、言葉をつくして、気持ちを伝えることが大切とお話しました。
今日は、この件に関して、小説「コーヒーが冷めないうちに」から、お話したいと思います。
「コーヒーが冷めないうちに」は、川口俊和さんが2015年に書き、2017年の本屋大賞にもノミーネートされた小説です。
すごく話題になり、有村架純さん主演で、同名の映画が作られました。
以下は、この本を紹介した文章です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
とある街の、とある喫茶店の
とある座席には不思議な都市伝説があった
その席に座ると、望んだとおりの時間に戻れるという

ただし、そこにはめんどくさい……
非常にめんどくさいルールがあった

1.過去に戻っても、この喫茶店を訪れた事のない者には会う事はできない
2.過去に戻って、どんな努力をしても、現実は変わらない
3.過去に戻れる席には先客がいる。その席に座れるのは、その先客が席を立った時だけ
4.過去に戻っても、席を立って移動する事はできない
5.過去に戻れるのは、コーヒーをカップに注いでから、
そのコーヒーが冷めてしまうまでの間だけ・・・・・・・・・・・・・・・以下もっと説明は続きます
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ここまで読むと、多くの人は、「こんなルールで何が変わるんだ」「なにが解決するんだ」と思うでしょう。
ところが、過去に戻った人は、現実は変わらないのに、心が救われ、それを読んだ人は涙します。

それは、過去に戻って、大切な人に出会い、伝えることができてなかった気持ちを、伝えたり、伝えられたりするからです。
大切な人と、お互いの気持ちを確認しあって、誤解を解き、感謝しあうからです。

実際の私たちは、過去に戻ることはできません。
気持ちを伝えられなかったら、その気持ちを抱いたまま、その後、歩いていかなければなりません。
この小説に共感する人が多いのは、そんな気持ちを、誰もが持っているからかも知れません。
「言葉をつくして、気持ちを伝える」大切にしたいです。

最新の衛生管理コラム 6件

その他
第35話 仕組みつくりの失敗例 第35話では、仕組み作りの失敗例をお話します。 私が、昔勤めた会社で、従業員満足度をあげるために、アンケートを取ったことがありました。 会社の働きやすさとか、上司について、意見をきくという…続き
ペストマネジメント
第39話 HACCP/FSMS対応ペストマネージメントのモニタリング⑲ 好ましくないモニタリング結果への対応⑤ 最後に、対策を立てる時に気をつけたい、2つのことをお話します。 それは、①問題の上流をたどるということ、②対策の目的を見失わないことです。 今話は、「問題の上流をたどる」についてお話します…続き
その他
第34話 仕組み(全体像)が見えないコロナ対策 「よりよい組織の作り方」コラムで、害虫管理や感染症対策は仕組みで考えることが大切とお話しました。 仕組みを作らず、各論で解決しようとすると、視界が狭まり、何をやっているか分からなくなります。…続き
その他
第33話 脳を、働くことに慣らす③ 「意識して仕事をすること」のトレーニングをした人、しなかった人 まだ新人の内から、予定表の客先を見て、自ら準備をしていた人は、仕事がすぐできるようになります。 準備を率先しておこなうこ…続き
ペストマネジメント
第38話 HACCP/FSMS対応ペストマネージメントのモニタリング⑱ 好ましくないモニタリング結果への対応④ 「従事者の意見に充分に耳を傾けて」とか、「誠意を持って指導して」とか書くと、弱気と思われるかも知れません。 「そこまで、従事者に気を使わなければいけないのか」と、疑問を持たれるかも知れません…続き
その他
第32話 脳を、働くことに慣らす② 「仕事の準備をする」というトレーニングは、若い内から始めることをお勧めします。 トレーニングは、できるだけ若い内に始めることをお勧めします。 理由は2つです。 一つ目は、若い方が、環…続き