TOP
衛生管理コラム

第13話 言葉をつくして、気持ちを伝えることの大切さ・・・小説「コーヒーが冷めないうちに」から

その他

大切な人には、言葉をつくして、気持ちを伝えることが大切とお話しました。
今日は、この件に関して、小説「コーヒーが冷めないうちに」から、お話したいと思います。
「コーヒーが冷めないうちに」は、川口俊和さんが2015年に書き、2017年の本屋大賞にもノミーネートされた小説です。
すごく話題になり、有村架純さん主演で、同名の映画が作られました。
以下は、この本を紹介した文章です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
とある街の、とある喫茶店の
とある座席には不思議な都市伝説があった
その席に座ると、望んだとおりの時間に戻れるという

ただし、そこにはめんどくさい……
非常にめんどくさいルールがあった

1.過去に戻っても、この喫茶店を訪れた事のない者には会う事はできない
2.過去に戻って、どんな努力をしても、現実は変わらない
3.過去に戻れる席には先客がいる。その席に座れるのは、その先客が席を立った時だけ
4.過去に戻っても、席を立って移動する事はできない
5.過去に戻れるのは、コーヒーをカップに注いでから、
そのコーヒーが冷めてしまうまでの間だけ・・・・・・・・・・・・・・・以下もっと説明は続きます
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ここまで読むと、多くの人は、「こんなルールで何が変わるんだ」「なにが解決するんだ」と思うでしょう。
ところが、過去に戻った人は、現実は変わらないのに、心が救われ、それを読んだ人は涙します。

それは、過去に戻って、大切な人に出会い、伝えることができてなかった気持ちを、伝えたり、伝えられたりするからです。
大切な人と、お互いの気持ちを確認しあって、誤解を解き、感謝しあうからです。

実際の私たちは、過去に戻ることはできません。
気持ちを伝えられなかったら、その気持ちを抱いたまま、その後、歩いていかなければなりません。
この小説に共感する人が多いのは、そんな気持ちを、誰もが持っているからかも知れません。
「言葉をつくして、気持ちを伝える」大切にしたいです。

最新の衛生管理コラム 6件

その他
第50話 絞り込んだ仕組みを理解されなかった「毛髪除去の例」 絞り込んだ仕組み作りが理解されないことについて、昔悔しい思いをしたことがあります。 それは、ある食品関連の工場でのことです。 その工場は、従事者入場のための前室を作り、粘着ローラーで毛…続き
ペストマネジメント
第51話 「工夫されないペストマネジメント例」④ 調査結果はメールで送られるだけ お客様と話していると、昆虫調査の結果をメールで送って終わりとしている例が多いのに驚かされます。 害虫管理業者の仕事は、昆虫調査ではなく、虫の混入を無くすことです。 そのために、昆虫調査…続き
その他
第49話 仕事を絞り込むことの応用 第49話では、「仕組みを絞り込むこと」について、人と話をする時への応用をお話します。 簡単です。 話の目的、会話で成し遂げたいことを明らかにします。 そのためには何を話さなければいけ…続き
よりよい組織作りのために
第51話 昔、第三者の監査でおこった出来事 第49話で「作り込まれた仕組みでは運用が楽になり、絞り込まれた仕組みでは、運用が大変になり、組織力が必要になる」とお話しました。 このことを監査の視点で見ると、絞り込まれた仕組みにおいて…続き
ペストマネジメント
第50話 「工夫されないペストマネジメント例」③ 工夫されない報告書 報告書として、調査結果の表とグラフ、トラップの位置を示した図だけ出している場合があります。 害虫管理業者からすると、これは、とっても楽です。 調査結果の表を入力するだけで、グラフも作成され…続き
よりよい組織作りのために
第50話  「作り込まれた仕組み」と「最小限の仕組み」での運用を考える 前話で「作り込まれた仕組みでは運用が楽になり、絞り込まれた仕組みでは、運用が大変になり、組織力が必要になる」とお話しました。 それでは、「ハードを充実さえすれば、従事者の指導は必要なくなるの…続き