TOP
衛生管理コラム

第18話 HACCP/FSMS対応ペストマネージメントのモニタリング② モニタリングの意味

ペストマネジメント

HACCP/FSMS対応ペストマネージメントでは、防虫計画を作るだけではありません。
防虫計画で立てた対策を、正しく、無理なく運用しなければなりません。

防虫対策は、出入り口の開閉管理だったり、5S(微生物だと7S)の徹底だったりと、人が関わる対策がほとんどです。
いつの間にか、抜け落ちがあったり、やり方が変わったりすることも考えられます。
そのため防虫対策が守られているか、新しい問題が起こっていないかを定期的に確認しないといけません。
防虫対策が守られているか、新しい問題が起こっていないかの確認は、定期的に昆虫調査(モニタリング)をおこない、製造環境をチェックすることでおこないます。

先週、虫を捕獲することによって、その場所の環境を推定することができるとお話しました。
環境の変化がなく、虫の捕獲がない(少ない)ままですと、対策がうまくいき、新しい問題も起こってないと思われます。
逆に、捕獲された虫が急激に増えた場合、対策がうまくいっていないか、新しい問題が起こった可能性があります。

いくつかの例を示します。
前室のトラップで、外から入ってくる虫の数が増えると、開閉管理ができていない可能性があります。
工場内部で、局所的に発生するコバエ類が増えると、排水溝の清掃ができていない可能性があります。
食菌性の小さな虫が増えると、カビの発生や、粉だまりができている可能性があります。

モニタリングの意味は、定期的昆虫調査によって、施設の環境状況を把握し追うことです。
施設の環境状況を把握し追うことによって、防虫計画で立てた対策が、正しく運用されているか確認します。

HACCP/FSMS対応ペストマネージメントでは、防虫計画を作るだけではありません。
防虫計画で立てた対策を、正しく、無理なく運用しなければなりません。
防虫計画で立てた対策が、正しく運用されているか、新しい問題が起きていないかを確認するのがモニタリングです。

最新の衛生管理コラム 6件

ペストマネジメント
第98話 勉強会後活動はゆっくりと 勉強会後の食品安全管理の実践は、ゆっくりやることです。 5S活動を中心に、やりやすい所から、少しずつやります。 一カ所うまくいったら、別の箇所へ、それがうまくいったら、また別の箇所へ。…続き
ペストマネジメント
第97話 勉強会後活動の利点 ただ勉強会をおこなうだけでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することをお話ししました。 勉強会では、知識を頭に入れるだけです。 知識は実践してこそ理解でき、身につきます。 皆が…続き
ペストマネジメント
第96話 勉強会の時に意識したいこと② 勉強会の成果を出すためには、勉強会実施の環境を整えることも大切です。 まず、社長や工場長自身が、「勉強会は大切」という意識を持つことです。 「勉強会は大切」という意識を持つと、準備の大…続き
ペストマネジメント
第95話 勉強会の時に意識したいこと① 食品安全管理では、ルールを守りやすい環境を作ることが大切です。 理想をいえば、守らないと違和感を覚えるような環境が良いです。 食品工場中には、FSMSの認証を取っていても、 いざ、一…続き
ペストマネジメント
第94話 勉強会を食品安全管理に活用する 前話に続き、勉強会を食品安全管理に活用することの続きです。 勉強会の後、従業員が動くようにします。 勉強会後「今日の内容を、日々の仕事に活かしてください」だけでは、 動ける従業員はほ…続き
ペストマネジメント
第93話 勉強会のあり方 従事者の勉強会をおこなう時は、 「おこなわないといけないから」と、ありきたりの勉強会をおこなうのでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することを考えたいです。 話を聞いて終わりでなく、…続き