TOP
衛生管理コラム

第11話 高木美帆選手が見せた仲間への想い

その他

北京オリンピックで、女子団体パシュートで日本チームが銀メダルを獲得しました。
女子スピードスケートでも、いくつかのドラマがありました。
想像できないような、プレッシャーや苦労、努力を経ての試合結果、それぞれの想いがあったと思います。

私の中で、もっとも記憶に残ったのは、2月20日朝、NHK総合 【おはよう日本】に生出演した、女子団体パシュート日本チームの会見での、高木美帆選手の言葉でした。
高木美帆選手と姉・菜那選手、佐藤綾乃選手の3人が生出演しました。
3選手がいろいろな質問を受け、答えていたのですが、その中で高木美帆選手は、チームについての発言で、「4人の・・・」「4人で・・・」と、「4人」を何回も繰り返しました。

4人目、控えとして入っていた押切美沙紀選手のことだと思います。
転倒した高木菜那選手の背中を優しくさすり、頭をなで、抱きしめていた人です。
大会の規定で、1試合も滑っていない選手には、メダルは与えられないため、控えの押切美沙紀選手にメダルはありませんでした。
生出演中、誰もがメダリスト3名に注目していました。
しかし、高木美帆選手は、同じ苦労/努力をしてきた、押切美沙紀選手を忘れて欲しくなかったのだと思います。
「高木美帆選手が見せた仲間への想い」が記憶に残った、素晴らしい会見でした。

どんな組織も、よい仕事をしたり、よい仕組みを回したりするためには、皆の協力が必要です。
結果として、陽の当たる人、陰になる人といるかも知れません。
しかし、一人ひとりの努力に気づき、仲間を大切にする心を忘れずにいたいです。

最新の衛生管理コラム 6件

その他
第35話 仕組みつくりの失敗例 第35話では、仕組み作りの失敗例をお話します。 私が、昔勤めた会社で、従業員満足度をあげるために、アンケートを取ったことがありました。 会社の働きやすさとか、上司について、意見をきくという…続き
ペストマネジメント
第39話 HACCP/FSMS対応ペストマネージメントのモニタリング⑲ 好ましくないモニタリング結果への対応⑤ 最後に、対策を立てる時に気をつけたい、2つのことをお話します。 それは、①問題の上流をたどるということ、②対策の目的を見失わないことです。 今話は、「問題の上流をたどる」についてお話します…続き
その他
第34話 仕組み(全体像)が見えないコロナ対策 「よりよい組織の作り方」コラムで、害虫管理や感染症対策は仕組みで考えることが大切とお話しました。 仕組みを作らず、各論で解決しようとすると、視界が狭まり、何をやっているか分からなくなります。…続き
その他
第33話 脳を、働くことに慣らす③ 「意識して仕事をすること」のトレーニングをした人、しなかった人 まだ新人の内から、予定表の客先を見て、自ら準備をしていた人は、仕事がすぐできるようになります。 準備を率先しておこなうこ…続き
ペストマネジメント
第38話 HACCP/FSMS対応ペストマネージメントのモニタリング⑱ 好ましくないモニタリング結果への対応④ 「従事者の意見に充分に耳を傾けて」とか、「誠意を持って指導して」とか書くと、弱気と思われるかも知れません。 「そこまで、従事者に気を使わなければいけないのか」と、疑問を持たれるかも知れません…続き
その他
第32話 脳を、働くことに慣らす② 「仕事の準備をする」というトレーニングは、若い内から始めることをお勧めします。 トレーニングは、できるだけ若い内に始めることをお勧めします。 理由は2つです。 一つ目は、若い方が、環…続き