TOP
衛生管理コラム

第14話 思い込み③「言葉は通じる」その6 言葉をつくす

よりよい組織作りのために

言葉が通じるというのは思い込みという話をしました。
しかし、ふだんはあまり考えずに話をしてしまいがちです。

特に、夫婦間のように、慣れ親しんだ人と話しをする時は、つい気を緩めてしまいます。
「夫婦だから、詳しく話さなくても、分かるだろう」と思ってしまいます。
しかしこれは大きな間違いです。
詳しく話さなくても分かるのは、お腹の中で育ててくれた母親くらいで、それもきっと幼少期の間くらいです。

親子、夫婦、一緒に仕事をする人、親友など、大切な人との会話は、どうあるべきか?
第12,13話の内容をもとに、言葉をつくして会話することです。

人が動く時は、何かを言われた時ではありません。
言われたことに、納得した時や、その人のために動こうと思った時です。
※納得せず、いやいや動いても、良い仕事はできません。家族なら、楽しく動けません。

相手に伝わっているかだけでなく、相手が納得しているか、こちらの気持ちを汲んでくれているかを、気にしましょう。
正しく気持ちを伝えるために、ありったけの言葉を、さまざまな形に変えて話しましょう。

特に、感謝を伝えることは大切です。
感謝を口にする度に、幸せな気持ちが増えます。
感謝を口にできないまま、その機会を失うと、とても悲しい気持ちになる時が来るかも知れません。

大切な人には、言葉をつくす、日々の会話を大切にしてください。

最新の衛生管理コラム 6件

マネジメントのヒント
第44話 時間を有効に使う 会議のあり方② それでは、時間を無駄にしない会議とはどんな会議でしょうか? ① 無駄な会議をしない。 どうでもよいことで皆を集めて、「いまの時間はなんだったのだ?」と思われてはいけません。 「皆を集…続き
マネジメントのヒント
第43話 時間を有効に使う 会議のあり方① 「時間を有効に使うこと」について考えます。 会議の様子を見ると、その組織の時間に対する考え方が分かります。 「無駄な会議」が多い。 皆が時間通りに集合しない。 議題と関係ないことを…続き
ペストマネジメント
第100話 「従業員ができない」でなく ある工場で、従業員によって清掃のできに差が出るということでした。 清掃に手を抜く従業員がいるので、どうしたらいいかと聞かれました。 私は、基準作りをお勧めしました。 従業員はどこまで…続き
ペストマネジメント
第99話 勉強会後活動で得られるもの 第98話で「リーダーには忍耐が必要」と申し上げました。 「日常業務だけでも忙しいのに・・・」そんな声が聞こえそうです。 勉強会後活動で、一般的衛生管理プログラムが進めば リーダーの気…続き
ペストマネジメント
第98話 勉強会後活動はゆっくりと 勉強会後の食品安全管理の実践は、ゆっくりやることです。 5S活動を中心に、やりやすい所から、少しずつやります。 一カ所うまくいったら、別の箇所へ、それがうまくいったら、また別の箇所へ。…続き
ペストマネジメント
第97話 勉強会後活動の利点 ただ勉強会をおこなうだけでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することをお話ししました。 勉強会では、知識を頭に入れるだけです。 知識は実践してこそ理解でき、身につきます。 皆が…続き