TOP
衛生管理コラム

第12話 思い込み③「言葉は通じる」その4  話の聴き方 「聴くに徹しよう」

よりよい組織作りのために

第11話では、日頃の人間関係をよくすること、相手を理解することの大切さをお話しました。
第12話では、話の聴き方について考えます。

これは、述べることは簡単ですが、実際にやるのは難しいです。
3つのステップで聴いてください。
ステップ1:聴くに徹して理解する。
まず、相手の話を無心で聴いてください。
自分の意見を浮かべたり、どのように答えようかと考えたりせず、ただ聴くに徹してください。
話を聴いて、話を理解することだけを意識してください。

ステップ2:相手の気持ちを察してみる。
相手の背景や価値観から、相手の気持ちを察して見てください。
自分だったらと、相手の気持ちになってみてください。

ステップ3:聴いていることを知らせて、相手を安心させる。
相手の目を見たり、相槌をうったり、話が複雑なら、「こういうことだよね」と途中で確認したりしてください。

人は、聞くより話すようにできているため、はじめは大変ですが、この3つのステップで、相手は心を開いてくれます。
中には、話して満足する人もいるかも知れません。

もし、すごく忙しい時に大切な話をされたら、
「あなたの大切な話を、いい加減な状態で聴きたくないので、今やっている仕事のきりがつく○○時まで待って欲しい」
と、丁寧に待ってもらうことをお勧めします。
この時、相手の話を大切に思っていることを、第一に伝えてください。
大切に思っているからこそ、落ち着いて話が聴けるようになるまで、待って欲しいと真剣に伝えてください。

人の話は、真剣に聴く、まず聴くことに徹する。
これだけで、コミュニケーションは改善され、あなたは信頼されます。

最新の衛生管理コラム 6件

ペストマネジメント
第98話 勉強会後活動はゆっくりと 勉強会後の食品安全管理の実践は、ゆっくりやることです。 5S活動を中心に、やりやすい所から、少しずつやります。 一カ所うまくいったら、別の箇所へ、それがうまくいったら、また別の箇所へ。…続き
ペストマネジメント
第97話 勉強会後活動の利点 ただ勉強会をおこなうだけでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することをお話ししました。 勉強会では、知識を頭に入れるだけです。 知識は実践してこそ理解でき、身につきます。 皆が…続き
ペストマネジメント
第96話 勉強会の時に意識したいこと② 勉強会の成果を出すためには、勉強会実施の環境を整えることも大切です。 まず、社長や工場長自身が、「勉強会は大切」という意識を持つことです。 「勉強会は大切」という意識を持つと、準備の大…続き
ペストマネジメント
第95話 勉強会の時に意識したいこと① 食品安全管理では、ルールを守りやすい環境を作ることが大切です。 理想をいえば、守らないと違和感を覚えるような環境が良いです。 食品工場中には、FSMSの認証を取っていても、 いざ、一…続き
ペストマネジメント
第94話 勉強会を食品安全管理に活用する 前話に続き、勉強会を食品安全管理に活用することの続きです。 勉強会の後、従業員が動くようにします。 勉強会後「今日の内容を、日々の仕事に活かしてください」だけでは、 動ける従業員はほ…続き
ペストマネジメント
第93話 勉強会のあり方 従事者の勉強会をおこなう時は、 「おこなわないといけないから」と、ありきたりの勉強会をおこなうのでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することを考えたいです。 話を聞いて終わりでなく、…続き