TOP
衛生管理コラム

第11話 思い込み③「言葉は通じる」その3  話の聴き方 「相手を理解しよう」

よりよい組織作りのために

第11話では、話の聞き方について考えます。
はじめ、話のしかた、話の聞き方と題して、「話のしかた」を先にお話しするつもりでした。
それでは、なぜ「話の聞き方」を先に持ってきたのでしょうか?

それは「話を聞いて自分を理解しようとしてくれる相手の話には耳を貸す」という、人間関係の大前提があるからです。
このことは、スティーブン・R・コーヴィー著「7つの習慣」の中で、第5の習慣「まず理解に徹し、そして理解される」として、紹介されています※1。
この中で、理解するために相手の話を聴く(「聞く」ではありません)とは、言葉の情報を受け取ることではない。気持ちを受け取り、共感することである(115p)。とあります。
ほとんどの人は、相手の話を聴くときも、理解しようとして聴いているわけではない。次に自分が何を話そうか考えながら聞いている。話しているか、話す準備をしているかのどちらかなのである(119p)。とあります。
他にも、人の話に耳を傾ける上で大切なことが書いてあります。読みやすい本ですので、是非読んでみてください。

思い込み①「従事者はやる気がある」その2でもお話しましたが、大切なことは、相手と向き合うことです。
相手の背景や価値観を日頃から意識して、理解するように努力してみてください。
そうすると、相手の行動や言動が、どの様な気持ちからおこなわれているかが、分かるかも知れません。

今までは、ただ腹立たしかった行動や言動が、少しずつ、理解できるかも知れません。
そうすれば、相手への接し方に余裕が生まれてくるはずです。
そして、相手のあなたへの態度も、少しずつ変わって来ると思います。

「なんで、そんな面倒くさいことを」と思うかも知れません。
でも仕事は一人ではできません。
良好な人間関係ができていない環境での仕事はつらいものです。
楽しく仕事ができる仲間を、少しずつ増やしていくことができたら、仕事が楽しくなります。
ぜひ頑張ってください。

※1 小山鹿梨子まんが、フランクリン・コヴィー・ジャパン監修『まんがでわかる 7つの習慣③』(宝島社、2014年)

最新の衛生管理コラム 6件

その他
第35話 仕組みつくりの失敗例 第35話では、仕組み作りの失敗例をお話します。 私が、昔勤めた会社で、従業員満足度をあげるために、アンケートを取ったことがありました。 会社の働きやすさとか、上司について、意見をきくという…続き
ペストマネジメント
第39話 HACCP/FSMS対応ペストマネージメントのモニタリング⑲ 好ましくないモニタリング結果への対応⑤ 最後に、対策を立てる時に気をつけたい、2つのことをお話します。 それは、①問題の上流をたどるということ、②対策の目的を見失わないことです。 今話は、「問題の上流をたどる」についてお話します…続き
その他
第34話 仕組み(全体像)が見えないコロナ対策 「よりよい組織の作り方」コラムで、害虫管理や感染症対策は仕組みで考えることが大切とお話しました。 仕組みを作らず、各論で解決しようとすると、視界が狭まり、何をやっているか分からなくなります。…続き
その他
第33話 脳を、働くことに慣らす③ 「意識して仕事をすること」のトレーニングをした人、しなかった人 まだ新人の内から、予定表の客先を見て、自ら準備をしていた人は、仕事がすぐできるようになります。 準備を率先しておこなうこ…続き
ペストマネジメント
第38話 HACCP/FSMS対応ペストマネージメントのモニタリング⑱ 好ましくないモニタリング結果への対応④ 「従事者の意見に充分に耳を傾けて」とか、「誠意を持って指導して」とか書くと、弱気と思われるかも知れません。 「そこまで、従事者に気を使わなければいけないのか」と、疑問を持たれるかも知れません…続き
その他
第32話 脳を、働くことに慣らす② 「仕事の準備をする」というトレーニングは、若い内から始めることをお勧めします。 トレーニングは、できるだけ若い内に始めることをお勧めします。 理由は2つです。 一つ目は、若い方が、環…続き