TOP
衛生管理コラム

第11話 思い込み③「言葉は通じる」その3  話の聴き方 「相手を理解しよう」

よりよい組織作りのために

第11話では、話の聞き方について考えます。
はじめ、話のしかた、話の聞き方と題して、「話のしかた」を先にお話しするつもりでした。
それでは、なぜ「話の聞き方」を先に持ってきたのでしょうか?

それは「話を聞いて自分を理解しようとしてくれる相手の話には耳を貸す」という、人間関係の大前提があるからです。
このことは、スティーブン・R・コーヴィー著「7つの習慣」の中で、第5の習慣「まず理解に徹し、そして理解される」として、紹介されています※1。
この中で、理解するために相手の話を聴く(「聞く」ではありません)とは、言葉の情報を受け取ることではない。気持ちを受け取り、共感することである(115p)。とあります。
ほとんどの人は、相手の話を聴くときも、理解しようとして聴いているわけではない。次に自分が何を話そうか考えながら聞いている。話しているか、話す準備をしているかのどちらかなのである(119p)。とあります。
他にも、人の話に耳を傾ける上で大切なことが書いてあります。読みやすい本ですので、是非読んでみてください。

思い込み①「従事者はやる気がある」その2でもお話しましたが、大切なことは、相手と向き合うことです。
相手の背景や価値観を日頃から意識して、理解するように努力してみてください。
そうすると、相手の行動や言動が、どの様な気持ちからおこなわれているかが、分かるかも知れません。

今までは、ただ腹立たしかった行動や言動が、少しずつ、理解できるかも知れません。
そうすれば、相手への接し方に余裕が生まれてくるはずです。
そして、相手のあなたへの態度も、少しずつ変わって来ると思います。

「なんで、そんな面倒くさいことを」と思うかも知れません。
でも仕事は一人ではできません。
良好な人間関係ができていない環境での仕事はつらいものです。
楽しく仕事ができる仲間を、少しずつ増やしていくことができたら、仕事が楽しくなります。
ぜひ頑張ってください。

※1 小山鹿梨子まんが、フランクリン・コヴィー・ジャパン監修『まんがでわかる 7つの習慣③』(宝島社、2014年)

最新の衛生管理コラム 6件

その他
第50話 絞り込んだ仕組みを理解されなかった「毛髪除去の例」 絞り込んだ仕組み作りが理解されないことについて、昔悔しい思いをしたことがあります。 それは、ある食品関連の工場でのことです。 その工場は、従事者入場のための前室を作り、粘着ローラーで毛…続き
ペストマネジメント
第51話 「工夫されないペストマネジメント例」④ 調査結果はメールで送られるだけ お客様と話していると、昆虫調査の結果をメールで送って終わりとしている例が多いのに驚かされます。 害虫管理業者の仕事は、昆虫調査ではなく、虫の混入を無くすことです。 そのために、昆虫調査…続き
その他
第49話 仕事を絞り込むことの応用 第49話では、「仕組みを絞り込むこと」について、人と話をする時への応用をお話します。 簡単です。 話の目的、会話で成し遂げたいことを明らかにします。 そのためには何を話さなければいけ…続き
よりよい組織作りのために
第51話 昔、第三者の監査でおこった出来事 第49話で「作り込まれた仕組みでは運用が楽になり、絞り込まれた仕組みでは、運用が大変になり、組織力が必要になる」とお話しました。 このことを監査の視点で見ると、絞り込まれた仕組みにおいて…続き
ペストマネジメント
第50話 「工夫されないペストマネジメント例」③ 工夫されない報告書 報告書として、調査結果の表とグラフ、トラップの位置を示した図だけ出している場合があります。 害虫管理業者からすると、これは、とっても楽です。 調査結果の表を入力するだけで、グラフも作成され…続き
よりよい組織作りのために
第50話  「作り込まれた仕組み」と「最小限の仕組み」での運用を考える 前話で「作り込まれた仕組みでは運用が楽になり、絞り込まれた仕組みでは、運用が大変になり、組織力が必要になる」とお話しました。 それでは、「ハードを充実さえすれば、従事者の指導は必要なくなるの…続き