TOP
衛生管理コラム

第7話 「鬼滅の刃」にみる、竈門炭治郎の共感力

その他

コラム「よりよい組織作りのために」の中で、共感力の大切さをお話しました。
この共感力を、数年前より大人気の、「鬼滅の刃」の中に見ることができます。
※一部ネタバレがあります。

それは、主人公の竈門炭治郎が、鬼を退治する時に見せる姿勢です。
鬼狩り達は、鬼を憎むべきものとして、一太刀のもとに滅していきます。
しかし炭治郎だけは、鬼の「鬼になる前の境遇」にも思いをはせます。

物書きをめざし挫折し鬼になったのに、鬼の首領から見限られた「鼓を持った鬼」との戦いでは、踏みそうになった「その鬼が生前書いた原稿」をわざわざ避け、その鬼の術を「凄かった」と認めます。
鬼は、「小生の書いたものはゴミなどではない。踏みつけにされるような物ではなかった。血鬼術も鼓も認められた※」と涙を流しながら消えていきます。それを「成仏してください」と炭治郎は見送ります。
鬼滅の刃 第3巻第25話「己を鼓舞せよ」 ※一部変  

那田蜘蛛山の人形を操る鬼との戦いでは、最後に残った鬼「累」が、水柱の富岡義勇に首を切られます。
消滅し始めた累の身体から、抱えきれない程、大きな悲しみの匂いがした時、炭治郎は累の身体に優しく手を伸ばします。
炭治郎が優しく累の身体に手を伸ばした光景を、(はねられて身体と分かれた)累の首が見て、人間だった頃の記憶を取り戻し、父母と出会い、父母の愛に包まれ、ごめんなさいと言いながら、消滅していきます。
鬼滅の刃 第4巻第43話「地獄へ」

人の行動の背景には、いろいろな事情、思いがあります。
その背景を察することができる、その背景に共感することができるのが、優しく、強いリーダーです。
時には、失敗したり、悪いことをしたりする従事者がいるかも知れません。
その時、悪いことは悪いとしかり、しかし失敗した背景をフォローできるような、強いリーダーの下で、働けたら幸せです。

最新の衛生管理コラム 6件

その他
第50話 絞り込んだ仕組みを理解されなかった「毛髪除去の例」 絞り込んだ仕組み作りが理解されないことについて、昔悔しい思いをしたことがあります。 それは、ある食品関連の工場でのことです。 その工場は、従事者入場のための前室を作り、粘着ローラーで毛…続き
ペストマネジメント
第51話 「工夫されないペストマネジメント例」④ 調査結果はメールで送られるだけ お客様と話していると、昆虫調査の結果をメールで送って終わりとしている例が多いのに驚かされます。 害虫管理業者の仕事は、昆虫調査ではなく、虫の混入を無くすことです。 そのために、昆虫調査…続き
その他
第49話 仕事を絞り込むことの応用 第49話では、「仕組みを絞り込むこと」について、人と話をする時への応用をお話します。 簡単です。 話の目的、会話で成し遂げたいことを明らかにします。 そのためには何を話さなければいけ…続き
よりよい組織作りのために
第51話 昔、第三者の監査でおこった出来事 第49話で「作り込まれた仕組みでは運用が楽になり、絞り込まれた仕組みでは、運用が大変になり、組織力が必要になる」とお話しました。 このことを監査の視点で見ると、絞り込まれた仕組みにおいて…続き
ペストマネジメント
第50話 「工夫されないペストマネジメント例」③ 工夫されない報告書 報告書として、調査結果の表とグラフ、トラップの位置を示した図だけ出している場合があります。 害虫管理業者からすると、これは、とっても楽です。 調査結果の表を入力するだけで、グラフも作成され…続き
よりよい組織作りのために
第50話  「作り込まれた仕組み」と「最小限の仕組み」での運用を考える 前話で「作り込まれた仕組みでは運用が楽になり、絞り込まれた仕組みでは、運用が大変になり、組織力が必要になる」とお話しました。 それでは、「ハードを充実さえすれば、従事者の指導は必要なくなるの…続き