TOP
衛生管理コラム

第10話 思い込み③「言葉は通じる」その2  相手に伝わったことが全て

よりよい組織作りのために

リーダーが、言っている(指示している)つもりでも、従事者が、思うように動いてくれない時があります。
従事者に、動かない理由をたずねてみると、聞いていないという言葉が返ってくることがあります。
リーダーは言っているつもりでも、従事者には伝わっていないのです。

そのようなリーダーは、3つのことを理解する必要があります。
① 「言葉が通じる」というのは、思い込みである。

②会話では、「話したこと」でなく「相手に伝わったこと」が全てである。
本人は「いつも言ってる」つもりでも、相手に伝わってなければ「言ってない」のと同じです。
「言った」/「言わない」だけでなく、誤解して伝わった場合も同じです。
「そんなことは言ってない」「そんな意味ではない」と言い訳しても、相手にそう伝わったのなら、「そう言った」のと同じです。
リーダーは、会話の厳しさを理解することが大切です。

③従事者にある行動を取ってもらうように指示する場合、会話の目的は「従事者にやって欲しいことを伝える」ではなく、「従事者にやって欲しいことをやってもらう」ことです。
従事者を動かすことが苦手なリーダーを見ていると、(心情的に)伝えにくいことを、あやふやに伝えていることが多いです。
このパターンは優しいリーダーに多いです。
厳しい言い方ですが、端から見ていると、正確に伝えることから逃げている様にも見える場合もあります。

対処の仕方としては、上の3つのことを理解してください。
話すときは、どの様に伝えるか、まず考えてから話をしてください。
話した後は、従事者の行動からどの様に伝わったかを確認し、どこが上手く話せたか、なぜ伝わらなかったなどを、思い返してみてください。
日々練習していくことが大切です。

第11話からは、話の聞き方、話のしかたについて考えます。

最新の衛生管理コラム 6件

その他
第35話 仕組みつくりの失敗例 第35話では、仕組み作りの失敗例をお話します。 私が、昔勤めた会社で、従業員満足度をあげるために、アンケートを取ったことがありました。 会社の働きやすさとか、上司について、意見をきくという…続き
ペストマネジメント
第39話 HACCP/FSMS対応ペストマネージメントのモニタリング⑲ 好ましくないモニタリング結果への対応⑤ 最後に、対策を立てる時に気をつけたい、2つのことをお話します。 それは、①問題の上流をたどるということ、②対策の目的を見失わないことです。 今話は、「問題の上流をたどる」についてお話します…続き
その他
第34話 仕組み(全体像)が見えないコロナ対策 「よりよい組織の作り方」コラムで、害虫管理や感染症対策は仕組みで考えることが大切とお話しました。 仕組みを作らず、各論で解決しようとすると、視界が狭まり、何をやっているか分からなくなります。…続き
その他
第33話 脳を、働くことに慣らす③ 「意識して仕事をすること」のトレーニングをした人、しなかった人 まだ新人の内から、予定表の客先を見て、自ら準備をしていた人は、仕事がすぐできるようになります。 準備を率先しておこなうこ…続き
ペストマネジメント
第38話 HACCP/FSMS対応ペストマネージメントのモニタリング⑱ 好ましくないモニタリング結果への対応④ 「従事者の意見に充分に耳を傾けて」とか、「誠意を持って指導して」とか書くと、弱気と思われるかも知れません。 「そこまで、従事者に気を使わなければいけないのか」と、疑問を持たれるかも知れません…続き
その他
第32話 脳を、働くことに慣らす② 「仕事の準備をする」というトレーニングは、若い内から始めることをお勧めします。 トレーニングは、できるだけ若い内に始めることをお勧めします。 理由は2つです。 一つ目は、若い方が、環…続き