TOP
衛生管理コラム

第7話 思い込み②「人は考えてうごく」その1

よりよい組織作りのために

本コラムは、よりよい組織作りのヒントを目指しています。
第4~6話では、「従事者はやる気がある」は思い込みで、従事者のやる気を引き出すことが大切と、お話しました。
第7話では、2つめの思い込み、「人は考えて動く」について、お話します。

あなたは、他の人が、何か失敗したときに「少しは、考えろよ~」とか、「あの人、何も考えていない」とか言ったことはありませんか?
それは、全て、「人は(何かする時)考えて動くもの」という思いがあるからです。

「人は考えて動く」ということが思い込みであることを立証することは、とても簡単です。
それは、自分のことをふりかえってみたら良いです。

自分に責任ある仕事や、得意とする仕事をする時は、いろいろなことに気がつきます。
しかし、それ以外の仕事はどうでしょうか?
いつも手伝いで入っているルーチンワークの現場とか、家事の手伝いとか、以外と流れ作業的にしてませんか?

実は、「頭を使うこと」はとてもエネルギーを使います。
そのため、仕事を効率よくするためには、その仕事をルーチンワーク化することだそうです。

基本、人は考えずに動くものです。
「考えたら分かるだろう」と、安易に依頼しては、期待した結果を得るのは難しいです。
そういえば、「考えたら分かるだろう」と安易に指示を出すのも、何も考えてない行動ですね。

次回、第8話では、「人は考えずに動く」のなら、どの様に依頼すればよいかを、考えます。

最新の衛生管理コラム 6件

マネジメントのヒント
第44話 時間を有効に使う 会議のあり方② それでは、時間を無駄にしない会議とはどんな会議でしょうか? ① 無駄な会議をしない。 どうでもよいことで皆を集めて、「いまの時間はなんだったのだ?」と思われてはいけません。 「皆を集…続き
マネジメントのヒント
第43話 時間を有効に使う 会議のあり方① 「時間を有効に使うこと」について考えます。 会議の様子を見ると、その組織の時間に対する考え方が分かります。 「無駄な会議」が多い。 皆が時間通りに集合しない。 議題と関係ないことを…続き
ペストマネジメント
第100話 「従業員ができない」でなく ある工場で、従業員によって清掃のできに差が出るということでした。 清掃に手を抜く従業員がいるので、どうしたらいいかと聞かれました。 私は、基準作りをお勧めしました。 従業員はどこまで…続き
ペストマネジメント
第99話 勉強会後活動で得られるもの 第98話で「リーダーには忍耐が必要」と申し上げました。 「日常業務だけでも忙しいのに・・・」そんな声が聞こえそうです。 勉強会後活動で、一般的衛生管理プログラムが進めば リーダーの気…続き
ペストマネジメント
第98話 勉強会後活動はゆっくりと 勉強会後の食品安全管理の実践は、ゆっくりやることです。 5S活動を中心に、やりやすい所から、少しずつやります。 一カ所うまくいったら、別の箇所へ、それがうまくいったら、また別の箇所へ。…続き
ペストマネジメント
第97話 勉強会後活動の利点 ただ勉強会をおこなうだけでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することをお話ししました。 勉強会では、知識を頭に入れるだけです。 知識は実践してこそ理解でき、身につきます。 皆が…続き