TOP
衛生管理コラム

第10話 HACCP/FSMS対応ペストマネージメントとは④ 製造ラインの危険箇所の考察

ペストマネジメント

第9話では、製造ラインの危険箇所とは、製品に異物が混入する可能性のある箇所で、具体的には、製品がはだかで流れている箇所とお話しました。

しかし、製造工程中に異物を除去する仕組みがあれば、それ以降になります。
例えば、途中フィルターで濾す工程があり、そこで異物は除去されるのであれば、その後の工程で危険箇所を探します。
また製品がパック/封入されるのであれば、その後は、異物混入は起こらないので、その前の工程で危険箇所を探します。

製品がはだかで流れる距離(危険箇所)が長く、一度に解決できない場合は、次の2つの方法で、段階的に考えます。
あくまでも、優先順位の話です。最終的には全体を管理します。
①危険箇所の範囲を検品後に絞る。
検品によって、異物(虫)が発見/除去されると仮定して、まずは検品後からを危険箇所とする。
②異物混入の起こりやすさを段階分けして、もっとも危険な所から取りかかる。

①、②をおこなう場合、優先的危険箇所決定にいたる検討事項を記録し、第三者に問われた場合、説明できるようにしておく必要があります。

危険箇所として、製造ラインの劣化箇所をあげる方もいます。
製造ラインの一部が劣化して、破片が製品に入る可能性がある場合などです。
この場合、製造ラインの劣化箇所は、危険箇所ではなく、問題箇所と判断します。
問題箇所とは、「問題が起きる(異物になるものが発生する)箇所」です。
防虫管理でいえば、虫が発生する箇所/虫が侵入する箇所です。
管理においては、「危険箇所」と「問題箇所」を、分けて考える必要があります。

最新の衛生管理コラム 6件

ペストマネジメント
第94話 勉強会を食品安全管理に活用する 前話に続き、勉強会を食品安全管理に活用することの続きです。 勉強会の後、従業員が動くようにします。 勉強会後「今日の内容を、日々の仕事に活かしてください」だけでは、 動ける従業員はほ…続き
ペストマネジメント
第93話 勉強会のあり方 従事者の勉強会をおこなう時は、 「おこなわないといけないから」と、ありきたりの勉強会をおこなうのでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することを考えたいです。 話を聞いて終わりでなく、…続き
ペストマネジメント
第92話 工場内に工事業者を入れる時② 工場内に工事業者さんを入れる時に、おこなうべきことを考えます。 まずはおこなうことです。 工事業者さんの出入口を決めます。 できれば1か所にしぼりたいです。 【工事前】 歩行昆虫…続き
ペストマネジメント
第92話 工場内に工事業者を入れる時① 工場でモニタリングをしていると、急に捕獲数が増えることがあります。 何か変わったことがなかったか訊くと、「工事が入った」との言葉を聞いたりします。 品質担当者の方の中には、製造中以外は…続き
マネジメントのヒント
第42話 食品安全で問われるもの 肉まんで有名な会社の異物混入が報道されました。 工場で豚まんのあんの中にビニール片が入っているのを従業員が見つけたそうです。 会社は、混入原因とみられる箇所を確定し、対応すると同時に、1.…続き
マネジメントのヒント
第41話 日本人の持つ「和」の強さを信じる 令和6年能登半島地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。また、犠牲になられた方々に、謹んで哀悼の意を表します。 また、東日本大震災で犠牲になられた方々にも、謹んで哀悼の意を表します…続き