TOP
衛生管理コラム

第1話 ペストマネージメント発想の原点

その他

私の社会人生活は、もう30年以上も前、I消毒から始まりました。
食品工場管理を得意とする全国展開の会社です。
私の仕事は営業所のフォローでした。
工場管理のアドバイス、異物検査や工場で働く人の勉強会を担当しました。

I消毒はとてもまじめな会社で、お客のことを第一に考える姿勢を、身につけることができました。
I消毒は研究熱心で、微生物や衛生管理の専門家を顧問として招いていました。
その先生方の下で、私は工場の防虫管理の仕事をしました。

顧問の先生と工場に行って、微生物や衛生管理の仕事を手伝って気づいたことがあります。
それは、先生方は、微生物の問題が起こらないようにするために、問題を特定し、解決し、その問題が起こらないような仕組みを作るということでした。
そこから、工場管理は、仕組みを作ることと学びました。

害虫管理の本質は、虫が発生しないように/虫が侵入しないように、環境を管理することです。
虫が発生しないように/虫が侵入しないように、環境を管理し、虫を減らし、その環境を維持することです。
工場全体で、環境を管理して、虫の異物混入をなくす仕組みを作ることと学びました。

害虫管理は仕組み作りであると学んでから、多くの工場の仕組みつくりを心がけました。
今思えば、試行錯誤の繰り返しでしたが、私の思うことすべてをさせてもらえました。
忙しくても、仕事が楽しくて、いつも笑っていました。
30年経ったいまでも、害虫管理は仕組み作りであると確信しています。

害虫管理は、対処だけを考えると、モグラたたきのようです。
環境管理を個別におこなうと、収拾がつかなくなることもあります。
ペストマネージメントとして、HACCPのように総合的に分析して、しくみを作っていくことが大切です。

最新の衛生管理コラム 6件

その他
第35話 仕組みつくりの失敗例 第35話では、仕組み作りの失敗例をお話します。 私が、昔勤めた会社で、従業員満足度をあげるために、アンケートを取ったことがありました。 会社の働きやすさとか、上司について、意見をきくという…続き
ペストマネジメント
第39話 HACCP/FSMS対応ペストマネージメントのモニタリング⑲ 好ましくないモニタリング結果への対応⑤ 最後に、対策を立てる時に気をつけたい、2つのことをお話します。 それは、①問題の上流をたどるということ、②対策の目的を見失わないことです。 今話は、「問題の上流をたどる」についてお話します…続き
その他
第34話 仕組み(全体像)が見えないコロナ対策 「よりよい組織の作り方」コラムで、害虫管理や感染症対策は仕組みで考えることが大切とお話しました。 仕組みを作らず、各論で解決しようとすると、視界が狭まり、何をやっているか分からなくなります。…続き
その他
第33話 脳を、働くことに慣らす③ 「意識して仕事をすること」のトレーニングをした人、しなかった人 まだ新人の内から、予定表の客先を見て、自ら準備をしていた人は、仕事がすぐできるようになります。 準備を率先しておこなうこ…続き
ペストマネジメント
第38話 HACCP/FSMS対応ペストマネージメントのモニタリング⑱ 好ましくないモニタリング結果への対応④ 「従事者の意見に充分に耳を傾けて」とか、「誠意を持って指導して」とか書くと、弱気と思われるかも知れません。 「そこまで、従事者に気を使わなければいけないのか」と、疑問を持たれるかも知れません…続き
その他
第32話 脳を、働くことに慣らす② 「仕事の準備をする」というトレーニングは、若い内から始めることをお勧めします。 トレーニングは、できるだけ若い内に始めることをお勧めします。 理由は2つです。 一つ目は、若い方が、環…続き