TOP
衛生管理コラム

第3話 リーダーを悩ませる3つの思い込み

よりよい組織作りのために

本コラムは、よりよい組織作りのヒントを目指しています。
第2話では、リーダーの大切さと、リーダー自らが、良いリーダーになる覚悟をもつことが大切とお話しました。

第3話では、よりよい組織構築を目指す上で、リーダーを悩ませる3つの思い込みについてお話します。
それは、次の3つです。
思い込み①「従事者はやる気がある」
思い込み②「人は考えてうごく」
思い込み③「言葉は通じる」
それぞれに見ていきます。

思い込み①「従事者はやる気がある」
「従事者はやるきがある」は思い込み=「従事者はやる気がない」ということではありません。
リーダーが望むほど、誰もがやる気を示すわけではないということです。
リーダーは、このことを認識しておかないと、従事者に過度な期待をもってしまいます。

思い込み②「人は考えてうごく」
リーダーは、「そこまで言わなくても分かるだろう」と思ってしまうかも知れません。
しかし、人は、自分が興味を持ったこと以外、思った以上に考えて行動しないものです。
このことを意識するリーダーは少ないと思います。
「人は考えてうごく」と思い込んで指示を出すのと、「人は思った以上に考えない」と知って指示を出すのでは、大きな違いがあります。

思い込み③「言葉は通じる」
口にした言葉が、そのまま相手の耳に入るとは限りません。
話した言葉(言語情報)が、100%伝わると考えてしまいがちです。
しかし、話す内容による影響(言語情報)は、全体の7%だけで、聴覚情報/視覚情報が残り93%といわれています。
さらに、組織内のコミュニケーションでは、日頃の人間関係も大きく関わって来ます。
「従事者に(言葉で)言う」 から 「従事者に(伝えたいことを)伝えきる」 くらいの姿勢が大切です。

次話から、この3つの思い込みについて、掘り下げたいと思います。

最新の衛生管理コラム 6件

ペストマネジメント
第98話 勉強会後活動はゆっくりと 勉強会後の食品安全管理の実践は、ゆっくりやることです。 5S活動を中心に、やりやすい所から、少しずつやります。 一カ所うまくいったら、別の箇所へ、それがうまくいったら、また別の箇所へ。…続き
ペストマネジメント
第97話 勉強会後活動の利点 ただ勉強会をおこなうだけでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することをお話ししました。 勉強会では、知識を頭に入れるだけです。 知識は実践してこそ理解でき、身につきます。 皆が…続き
ペストマネジメント
第96話 勉強会の時に意識したいこと② 勉強会の成果を出すためには、勉強会実施の環境を整えることも大切です。 まず、社長や工場長自身が、「勉強会は大切」という意識を持つことです。 「勉強会は大切」という意識を持つと、準備の大…続き
ペストマネジメント
第95話 勉強会の時に意識したいこと① 食品安全管理では、ルールを守りやすい環境を作ることが大切です。 理想をいえば、守らないと違和感を覚えるような環境が良いです。 食品工場中には、FSMSの認証を取っていても、 いざ、一…続き
ペストマネジメント
第94話 勉強会を食品安全管理に活用する 前話に続き、勉強会を食品安全管理に活用することの続きです。 勉強会の後、従業員が動くようにします。 勉強会後「今日の内容を、日々の仕事に活かしてください」だけでは、 動ける従業員はほ…続き
ペストマネジメント
第93話 勉強会のあり方 従事者の勉強会をおこなう時は、 「おこなわないといけないから」と、ありきたりの勉強会をおこなうのでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することを考えたいです。 話を聞いて終わりでなく、…続き