TOP
衛生管理コラム

第35話 本質を考える④ 真心③

マネジメントのヒント

今話は、安倍元総理の真心です。

安倍元総理は、2013年、戦後総理大臣としてはじめて、硫黄島を慰霊のために訪問されました。
硫黄島では、1945年2月19日~3月26日で激しい戦闘が繰り広げられました。
硫黄島が落ちれば、硫黄島を拠点として本土空襲が始まります。
故郷への空襲を1日でも遅らせるため、大切な人達の命を1日でも長らえるため、食料・水もつきた中、玉砕せずに徹底抗戦し、約21,000名中19,900名が戦死/行方不明となりました。
硫黄島の飛行場の滑走路には、未だに日本兵のお骨が眠っています。
その滑走路に立った時、安倍元総理は、突然ひざまずかれて手を合わされたそうです。

安倍元総理の真心を考えた時、もう一つ忘れていけないことがあります。
それは、北朝鮮拉致問題への取り組みです。
安倍元総理が、有本恵子さんのご両親の訴えを受け、拉致問題解決に取り組み始めたのは90年代初め、まだ議員秘書の頃だそうです。
97年に家族会・救う会が運動を始めたとき、共に立ち上がった国会議員は少数で、自民党内から白い目で見られ、出世も遅くなったそうです。
※ちなみに、その時一緒に立ち上がった一人が、2009年急遽した中川昭一議員です。
そのような逆風の中、安倍元総理は家族会に寄り添い続けました。
家族会のホームページを見ると、安倍元総理が亡くなられたことに「殉職」という言葉を使い声明を出しています。
マスコミではあまり語られることのない、北朝鮮への制裁の効果について言及もされています。

安倍元総理は、自分が正しいと思うことを、一筋におこなってきた方です。
帰らぬ人や弱い立場の人に寄り添ってこられました。

真心は、その人のことを想い、その人への気持ちにより添う心です。
言葉としては、使われますが、真心で人に接することができる人が、どのくらいいるのでしょうか?
多くの人に真心で接することができるようになりたいと思います。

そして、同じ職場で働く人にも、真心で接して、皆が幸せに働けるようにできたら良いと思います。

最新の衛生管理コラム 6件

マネジメントのヒント
第39話 鬼滅の刃が描いた「受け継がれる力」 「鬼滅の刃」を4~5回読み返した話をしました。 鬼が永遠の命を持つのに対して、 鬼殺隊員の、限りある命、「なまみ」の身体で、鬼に立ち向かう姿に心を打たれ、 「例え、自分は死んでも、思いは…続き
マネジメントのヒント
第38話 鬼滅の刃に見る「作りこみの極み」 「鬼滅の刃」を全巻4~5回読み返しました。 読むたびに新たな発見がありました。 鬼殺隊の柱を中心とした隊員達の描写 とりわけ鬼殺隊に入るきっかけになったできごとと そのできごとを乗…続き
マネジメントのヒント
第37話 しなやかなリーダーシップ 職場では、先輩や上司、つまり自分より立場が上の人と、価値観が合わない時があります。 私は、転職を繰り返しましたが、辞める時の多くは、周り(主に上司)との摩擦が原因でした。 今話は、会社…続き
ペストマネジメント
第91話 工場を建設する時 工場を建設する時は、当然、製造ラインを中心に計画します。 この時、図面を見せてもらって、防虫対策や防かび対策をチェックさせてもらうのが理想です。 食品工場建設経験が少ない、地元工務店に工事…続き
ペストマネジメント
第90話HACCP/FSMSのお手伝いをする上での「害虫駆除業者の立ち位置」  HACCP/FSMS認証を受けた工場で、害虫管理の仕事をする時、 誤解を恐れずにいえば、 害虫駆除業者の立場は、アドバイザーであるべきと思っています。 正しくいえば、アドバイザーとしてふ…続き
マネジメントのヒント
第36話 不動心について 安倍元総理の慰霊碑(留魂碑)には、安倍元総理が好んで使った「不動心」という言葉が刻まれています。 不動の心は、志に向かって、ゆるぎなく歩む力強い言葉ですが、 不動の心を持つ前に大切なことが…続き