TOP
衛生管理コラム

第35話 本質を考える④ 真心③

マネジメントのヒント

今話は、安倍元総理の真心です。

安倍元総理は、2013年、戦後総理大臣としてはじめて、硫黄島を慰霊のために訪問されました。
硫黄島では、1945年2月19日~3月26日で激しい戦闘が繰り広げられました。
硫黄島が落ちれば、硫黄島を拠点として本土空襲が始まります。
故郷への空襲を1日でも遅らせるため、大切な人達の命を1日でも長らえるため、食料・水もつきた中、玉砕せずに徹底抗戦し、約21,000名中19,900名が戦死/行方不明となりました。
硫黄島の飛行場の滑走路には、未だに日本兵のお骨が眠っています。
その滑走路に立った時、安倍元総理は、突然ひざまずかれて手を合わされたそうです。

安倍元総理の真心を考えた時、もう一つ忘れていけないことがあります。
それは、北朝鮮拉致問題への取り組みです。
安倍元総理が、有本恵子さんのご両親の訴えを受け、拉致問題解決に取り組み始めたのは90年代初め、まだ議員秘書の頃だそうです。
97年に家族会・救う会が運動を始めたとき、共に立ち上がった国会議員は少数で、自民党内から白い目で見られ、出世も遅くなったそうです。
※ちなみに、その時一緒に立ち上がった一人が、2009年急遽した中川昭一議員です。
そのような逆風の中、安倍元総理は家族会に寄り添い続けました。
家族会のホームページを見ると、安倍元総理が亡くなられたことに「殉職」という言葉を使い声明を出しています。
マスコミではあまり語られることのない、北朝鮮への制裁の効果について言及もされています。

安倍元総理は、自分が正しいと思うことを、一筋におこなってきた方です。
帰らぬ人や弱い立場の人に寄り添ってこられました。

真心は、その人のことを想い、その人への気持ちにより添う心です。
言葉としては、使われますが、真心で人に接することができる人が、どのくらいいるのでしょうか?
多くの人に真心で接することができるようになりたいと思います。

そして、同じ職場で働く人にも、真心で接して、皆が幸せに働けるようにできたら良いと思います。

最新の衛生管理コラム 6件

マネジメントのヒント
第44話 時間を有効に使う 会議のあり方② それでは、時間を無駄にしない会議とはどんな会議でしょうか? ① 無駄な会議をしない。 どうでもよいことで皆を集めて、「いまの時間はなんだったのだ?」と思われてはいけません。 「皆を集…続き
マネジメントのヒント
第43話 時間を有効に使う 会議のあり方① 「時間を有効に使うこと」について考えます。 会議の様子を見ると、その組織の時間に対する考え方が分かります。 「無駄な会議」が多い。 皆が時間通りに集合しない。 議題と関係ないことを…続き
ペストマネジメント
第100話 「従業員ができない」でなく ある工場で、従業員によって清掃のできに差が出るということでした。 清掃に手を抜く従業員がいるので、どうしたらいいかと聞かれました。 私は、基準作りをお勧めしました。 従業員はどこまで…続き
ペストマネジメント
第99話 勉強会後活動で得られるもの 第98話で「リーダーには忍耐が必要」と申し上げました。 「日常業務だけでも忙しいのに・・・」そんな声が聞こえそうです。 勉強会後活動で、一般的衛生管理プログラムが進めば リーダーの気…続き
ペストマネジメント
第98話 勉強会後活動はゆっくりと 勉強会後の食品安全管理の実践は、ゆっくりやることです。 5S活動を中心に、やりやすい所から、少しずつやります。 一カ所うまくいったら、別の箇所へ、それがうまくいったら、また別の箇所へ。…続き
ペストマネジメント
第97話 勉強会後活動の利点 ただ勉強会をおこなうだけでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することをお話ししました。 勉強会では、知識を頭に入れるだけです。 知識は実践してこそ理解でき、身につきます。 皆が…続き