TOP
衛生管理コラム

第34話 本質を考える③ 真心②

マネジメントのヒント

前話に続き、真心の話をします。
上皇明仁さま、上皇后美智子さまは、天皇・皇后の時、被災地訪問と戦地慰霊を続けられました。

広く知られるのは、東日本大震災での被災地訪問です。
心臓の冠動脈に異状がみつかり、手術も検討されていた中、上皇明仁さまは、被災者に寄り添うことを優先されました。
上皇さま、上皇后さまは、「被害の大きいところを先にしようとしても、しばらく待つことになる。規模が小さくても、被害に遭った一人ひとりの苦しみは変わらない」と、都内・近郊の被災地から訪問されたそうです。

震源地から遠い、都内・近郊は被害が小さいから・・・と考えるのが普通です。
「被害に遭った一人ひとりの苦しみは変わらない」というお言葉は、被災者の心に真剣に寄り添っていないと出てきません。

被災地に赴き、ひざをつき被災者に寄り添う姿は、声をかけられた被災者本人だけでなく、周りの被災者、テレビで見る国民皆が救われました。
東日本大震災だけでなく、被災があるたびに広く訪問され、被災者に寄り添われました。

戦地慰霊では、「石ぐらい投げられてもいい」との覚悟で、沖縄を訪問されました。
国民の心だけでなく、戦没者の心に寄り添うことにも、心をくだかれました。
パラオ共和国への訪問では、ミクロネシア三国の、ミクロネシア連邦大統領夫妻、マーシャル諸島共和国大統領夫妻も、パラオ国に来て下さり、一緒に慰霊をしてくださったそうです。
サイパン島と硫黄島にも、慰霊の旅をされました。

国民だけでなく、戦没者の心にも寄り添われました。
もちろん、あの戦争を美化することは許されませんし、それは上皇明仁さま、上皇后美智子さまの心にも反することです。
しかし、戦没者への慰霊の気持ちは忘れてはいけないと思います。

上皇明仁さま、上皇后美智子さまのことを思う時、心に静かな感謝がわき上がります。
お二人の真心に対する感謝がわき上がります。

最新の衛生管理コラム 6件

マネジメントのヒント
第44話 時間を有効に使う 会議のあり方② それでは、時間を無駄にしない会議とはどんな会議でしょうか? ① 無駄な会議をしない。 どうでもよいことで皆を集めて、「いまの時間はなんだったのだ?」と思われてはいけません。 「皆を集…続き
マネジメントのヒント
第43話 時間を有効に使う 会議のあり方① 「時間を有効に使うこと」について考えます。 会議の様子を見ると、その組織の時間に対する考え方が分かります。 「無駄な会議」が多い。 皆が時間通りに集合しない。 議題と関係ないことを…続き
ペストマネジメント
第100話 「従業員ができない」でなく ある工場で、従業員によって清掃のできに差が出るということでした。 清掃に手を抜く従業員がいるので、どうしたらいいかと聞かれました。 私は、基準作りをお勧めしました。 従業員はどこまで…続き
ペストマネジメント
第99話 勉強会後活動で得られるもの 第98話で「リーダーには忍耐が必要」と申し上げました。 「日常業務だけでも忙しいのに・・・」そんな声が聞こえそうです。 勉強会後活動で、一般的衛生管理プログラムが進めば リーダーの気…続き
ペストマネジメント
第98話 勉強会後活動はゆっくりと 勉強会後の食品安全管理の実践は、ゆっくりやることです。 5S活動を中心に、やりやすい所から、少しずつやります。 一カ所うまくいったら、別の箇所へ、それがうまくいったら、また別の箇所へ。…続き
ペストマネジメント
第97話 勉強会後活動の利点 ただ勉強会をおこなうだけでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することをお話ししました。 勉強会では、知識を頭に入れるだけです。 知識は実践してこそ理解でき、身につきます。 皆が…続き