TOP
衛生管理コラム

第33話 本質を考える② 真心①

マネジメントのヒント

本質を大切にすることをお話ししています。
それでは、人に対する時の心の本質はあるのでしょうか?
人によっていろいろな意見があるでしょうが、私は、真心ではないかと思っています。
真心は、その人がもっとも大切している想いだからです。

第33~35話で、人の本質「真心」を思う時、忘れられない3つのお話しをます。

一人目は、石原慎太郎元都知事です。
2011年の東日本大震災に伴う福島第1原発事故で、原子炉冷却のため、放水作業に赴(おもむ)いた、東京消防庁ハイパーレスキュー隊員達からの活動報告を受けた時のことです。
石原元都知事は、「みなさんの家族や奥さんにすまないと思う。ああ…、もう言葉にできません。本当にありがとうございました」と、涙を隠さず、深々と礼をされました。

チーム派遣を検討する時には、言葉で表せないほど危険という状況しか分かっていませんでした。
派遣された隊員は、ある人は家族と水杯をかわし、ある人は心配させないため「福島に行く」とだけ伝え、決死の思いで出発しました。
後に都知事は、この活動を「まさに命がけの国運を左右する戦い。生命を賭して頑張っていただいたおかげで、大惨事になる可能性が軽減された」と称賛したそうです。

実際に、現場の放射線量は、毎時300ミリシーベルトという高い数値を示し、放水開始後、44トンを放水したところで、1人の隊員から放射線量計のアラームが鳴り、撤収したそうです。
ちなみに、シーベルトは放射線が人体に及ぼす影響の数値で、人間が1年間浴びても大丈夫とされる基準値は1ミリ・シーベルトです。

石原氏には、送り出す先の危険な状態も、隊員達の気持ちも、その家族の思いさえも、自分のこととして感じていたに違いありません。
そこには、決して他人事ではなく、派遣された方・残された家族と、同じ気持ちがあったのだと思います。
だからこそ、多くの部下がついていくのだと思います。

最新の衛生管理コラム 6件

マネジメントのヒント
第39話 鬼滅の刃が描いた「受け継がれる力」 「鬼滅の刃」を4~5回読み返した話をしました。 鬼が永遠の命を持つのに対して、 鬼殺隊員の、限りある命、「なまみ」の身体で、鬼に立ち向かう姿に心を打たれ、 「例え、自分は死んでも、思いは…続き
マネジメントのヒント
第38話 鬼滅の刃に見る「作りこみの極み」 「鬼滅の刃」を全巻4~5回読み返しました。 読むたびに新たな発見がありました。 鬼殺隊の柱を中心とした隊員達の描写 とりわけ鬼殺隊に入るきっかけになったできごとと そのできごとを乗…続き
マネジメントのヒント
第37話 しなやかなリーダーシップ 職場では、先輩や上司、つまり自分より立場が上の人と、価値観が合わない時があります。 私は、転職を繰り返しましたが、辞める時の多くは、周り(主に上司)との摩擦が原因でした。 今話は、会社…続き
ペストマネジメント
第91話 工場を建設する時 工場を建設する時は、当然、製造ラインを中心に計画します。 この時、図面を見せてもらって、防虫対策や防かび対策をチェックさせてもらうのが理想です。 食品工場建設経験が少ない、地元工務店に工事…続き
ペストマネジメント
第90話HACCP/FSMSのお手伝いをする上での「害虫駆除業者の立ち位置」  HACCP/FSMS認証を受けた工場で、害虫管理の仕事をする時、 誤解を恐れずにいえば、 害虫駆除業者の立場は、アドバイザーであるべきと思っています。 正しくいえば、アドバイザーとしてふ…続き
マネジメントのヒント
第36話 不動心について 安倍元総理の慰霊碑(留魂碑)には、安倍元総理が好んで使った「不動心」という言葉が刻まれています。 不動の心は、志に向かって、ゆるぎなく歩む力強い言葉ですが、 不動の心を持つ前に大切なことが…続き