TOP
衛生管理コラム

第23話 本質の考え方② 7Sを例として

マネジメントのヒント

食品衛生7Sは、食品衛生に携わる人は、誰もが知る概念です。
食品の製造環境にとって重要な“清潔”を目的として、一般的な5S(整理、整頓、清掃、清潔、躾)に“洗浄”と“殺菌”を加えた活動です。
食品安全ネットワークの前会長の米虫先生と、現会長の角野先生が中心になり、2004年より食品企業が取組みやすく、分かり易い衛生管理活動として、提唱(当時の名称は食品衛生新5S)、普及されました。

食品衛生7Sの素晴らしいのは、清潔を目的として、躾を動機づけとしたことです。
※詳しく知りたい方は、食品安全ネットワークのホームページから、食品衛生7Sをひいてみてください。

食品衛生7Sが提唱するまでは、工業生産でいう5Sをそのまま食品衛生に向けて使用していました。
工業生産の5Sは、整理、整頓、清掃、清潔を徹底(躾け)すれば、作業効率が上がるというものです。
食品衛生勉強会では、念仏のごとく、整理、整頓、清掃、清潔、躾を、それぞれの意味を説明しながら唱えていました。

食品安全ネットワークが提唱した食品衛生7Sによって、食品衛生の目的は清潔であり、整理・整頓・清掃・洗浄・殺菌は手段、躾は、マニュアルや手順書、約束事、ルールを守るように動機づけることと、それぞれの言葉に命が吹き込まれました。
まさに、食品衛生の本質だと思われます。

今となっては、機械的に整理、整頓、清掃、清潔、躾をとなえていた自分が恥ずかしいです。
定義を明確にする。本質を考えるとは、この様なことだと思います。

最新の衛生管理コラム 6件

マネジメントのヒント
第44話 時間を有効に使う 会議のあり方② それでは、時間を無駄にしない会議とはどんな会議でしょうか? ① 無駄な会議をしない。 どうでもよいことで皆を集めて、「いまの時間はなんだったのだ?」と思われてはいけません。 「皆を集…続き
マネジメントのヒント
第43話 時間を有効に使う 会議のあり方① 「時間を有効に使うこと」について考えます。 会議の様子を見ると、その組織の時間に対する考え方が分かります。 「無駄な会議」が多い。 皆が時間通りに集合しない。 議題と関係ないことを…続き
ペストマネジメント
第100話 「従業員ができない」でなく ある工場で、従業員によって清掃のできに差が出るということでした。 清掃に手を抜く従業員がいるので、どうしたらいいかと聞かれました。 私は、基準作りをお勧めしました。 従業員はどこまで…続き
ペストマネジメント
第99話 勉強会後活動で得られるもの 第98話で「リーダーには忍耐が必要」と申し上げました。 「日常業務だけでも忙しいのに・・・」そんな声が聞こえそうです。 勉強会後活動で、一般的衛生管理プログラムが進めば リーダーの気…続き
ペストマネジメント
第98話 勉強会後活動はゆっくりと 勉強会後の食品安全管理の実践は、ゆっくりやることです。 5S活動を中心に、やりやすい所から、少しずつやります。 一カ所うまくいったら、別の箇所へ、それがうまくいったら、また別の箇所へ。…続き
ペストマネジメント
第97話 勉強会後活動の利点 ただ勉強会をおこなうだけでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することをお話ししました。 勉強会では、知識を頭に入れるだけです。 知識は実践してこそ理解でき、身につきます。 皆が…続き