TOP
衛生管理コラム

第73話 HACCP/FSMS対応ペストマネジメントにおける異物管理②

ペストマネジメント

製造ラインを中心に管理すべき、もっともよい例は、硬質異物混入防止管理です。
HACCPでは、物理的危害要因として、金属異物の管理が日常化されています。

その様な中、硬質異物としたのには、二つの理由があります。
一つ目は、金属以外でも、口に入れば危険な硬質異物があること。
二つ目は、金属異物に限定してしまうと、金属探知機に頼ってしまうためです。

実際の管理を考えます。
製造工程に沿って、劣化しそうな硬質異物(特に金属異物)をチェックします。
特に、一連の機械として存在する製造ラインには注意してください。
チェックした硬質異物を、頻度を決め点検し、劣化が進んだら交換します。

この点検がしっかりおこなわれれば、金属探知機は要らないとさえ思っています。
金属探知機を過信して、日常の点検がおろそかになるなら、金属探知機はむしろない方がよいのかも知れません。
金属だけでなく、硬質異物全般の管理をしっかりやる方が大切と考えます。

是非、製造工程(製造ライン)を中心に、硬質異物を管理する方法、実践してみてください。

最新の衛生管理コラム 6件

ペストマネジメント
第98話 勉強会後活動はゆっくりと 勉強会後の食品安全管理の実践は、ゆっくりやることです。 5S活動を中心に、やりやすい所から、少しずつやります。 一カ所うまくいったら、別の箇所へ、それがうまくいったら、また別の箇所へ。…続き
ペストマネジメント
第97話 勉強会後活動の利点 ただ勉強会をおこなうだけでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することをお話ししました。 勉強会では、知識を頭に入れるだけです。 知識は実践してこそ理解でき、身につきます。 皆が…続き
ペストマネジメント
第96話 勉強会の時に意識したいこと② 勉強会の成果を出すためには、勉強会実施の環境を整えることも大切です。 まず、社長や工場長自身が、「勉強会は大切」という意識を持つことです。 「勉強会は大切」という意識を持つと、準備の大…続き
ペストマネジメント
第95話 勉強会の時に意識したいこと① 食品安全管理では、ルールを守りやすい環境を作ることが大切です。 理想をいえば、守らないと違和感を覚えるような環境が良いです。 食品工場中には、FSMSの認証を取っていても、 いざ、一…続き
ペストマネジメント
第94話 勉強会を食品安全管理に活用する 前話に続き、勉強会を食品安全管理に活用することの続きです。 勉強会の後、従業員が動くようにします。 勉強会後「今日の内容を、日々の仕事に活かしてください」だけでは、 動ける従業員はほ…続き
ペストマネジメント
第93話 勉強会のあり方 従事者の勉強会をおこなう時は、 「おこなわないといけないから」と、ありきたりの勉強会をおこなうのでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することを考えたいです。 話を聞いて終わりでなく、…続き