TOP
衛生管理コラム

第72話 HACCP/FSMS対応ペストマネジメントにおける異物管理① 出荷前での発見について

ペストマネジメント

異物混入はないとしても、異物が途中で発見される場合はあると思います。
その時は、見つかってよかったと安心せずに、どこで、なぜ異物混入が起こったかを追跡して下さい。

製造工程(製造ライン)のこの辺で起こったと、推定できることが多いです。
次に、どのようにして、起こったかを考えて下さい。

ありえないことが起こってしまったのか?
起こるべくして起こったのか?
検証して、対策をおこなって下さい。

ちなみに、ありえないことも、一度起こってしまえば、もうありえないことではないです。
非常に手間がかかる場合や、多大な費用が発生しない限り、対策が望まれます。

異物混入を検証すると、製造工程(製造ライン)を中心に、管理を考えることの大切さが分かると思います。
製造工程(製造ライン)を中心に考える習慣を、身につけて欲しです。

第73話では、製造ラインを中心に管理すべき例を、鉱物異物を例に具体的に見ていきます。

最新の衛生管理コラム 6件

ペストマネジメント
第98話 勉強会後活動はゆっくりと 勉強会後の食品安全管理の実践は、ゆっくりやることです。 5S活動を中心に、やりやすい所から、少しずつやります。 一カ所うまくいったら、別の箇所へ、それがうまくいったら、また別の箇所へ。…続き
ペストマネジメント
第97話 勉強会後活動の利点 ただ勉強会をおこなうだけでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することをお話ししました。 勉強会では、知識を頭に入れるだけです。 知識は実践してこそ理解でき、身につきます。 皆が…続き
ペストマネジメント
第96話 勉強会の時に意識したいこと② 勉強会の成果を出すためには、勉強会実施の環境を整えることも大切です。 まず、社長や工場長自身が、「勉強会は大切」という意識を持つことです。 「勉強会は大切」という意識を持つと、準備の大…続き
ペストマネジメント
第95話 勉強会の時に意識したいこと① 食品安全管理では、ルールを守りやすい環境を作ることが大切です。 理想をいえば、守らないと違和感を覚えるような環境が良いです。 食品工場中には、FSMSの認証を取っていても、 いざ、一…続き
ペストマネジメント
第94話 勉強会を食品安全管理に活用する 前話に続き、勉強会を食品安全管理に活用することの続きです。 勉強会の後、従業員が動くようにします。 勉強会後「今日の内容を、日々の仕事に活かしてください」だけでは、 動ける従業員はほ…続き
ペストマネジメント
第93話 勉強会のあり方 従事者の勉強会をおこなう時は、 「おこなわないといけないから」と、ありきたりの勉強会をおこなうのでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することを考えたいです。 話を聞いて終わりでなく、…続き