TOP
衛生管理コラム

第62話 HACCPが改訂された?④ ハザードはより具体的にすべき①

ペストマネジメント

「食品衛生の一般原則およびHACCP付属文書」の改訂では、ハザードはより具体的にすべき(例 金属片だけでなく、切断後の壊れたブレード由来の金属異物の混入のように、汚染源や発生理由も記述する)とあります。
これは、異物管理において、とても大切なことです。

HACCPでは、硬質異物といえば金属性異物が注目され、金属探知機に注目が集まります。
しかし、金属探知機は、全ての硬質異物を感知できるわけではありませんし、あくまでも最終手段です。

金属探知機があることで、金属探知機では検出されない硬質異物の管理がおろそかになったり、従事者の心に安心感が生まれたりしてしまうことが怖いです。

HACCPでは、ハザードだけに眼がいってしまいますが、一般異物も混入すると大きな問題になります。
一般的衛生管理の「設備及び機械器具の保守点検及び衛生管理」の仕組みを作ってください。

金属探知機で検知される金属だけでなく硬質異物全般、硬質異物だけでなくビニールやナイロン等の異物全般が混入しない仕組みを作ってください。

最新の衛生管理コラム 6件

ペストマネジメント
第98話 勉強会後活動はゆっくりと 勉強会後の食品安全管理の実践は、ゆっくりやることです。 5S活動を中心に、やりやすい所から、少しずつやります。 一カ所うまくいったら、別の箇所へ、それがうまくいったら、また別の箇所へ。…続き
ペストマネジメント
第97話 勉強会後活動の利点 ただ勉強会をおこなうだけでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することをお話ししました。 勉強会では、知識を頭に入れるだけです。 知識は実践してこそ理解でき、身につきます。 皆が…続き
ペストマネジメント
第96話 勉強会の時に意識したいこと② 勉強会の成果を出すためには、勉強会実施の環境を整えることも大切です。 まず、社長や工場長自身が、「勉強会は大切」という意識を持つことです。 「勉強会は大切」という意識を持つと、準備の大…続き
ペストマネジメント
第95話 勉強会の時に意識したいこと① 食品安全管理では、ルールを守りやすい環境を作ることが大切です。 理想をいえば、守らないと違和感を覚えるような環境が良いです。 食品工場中には、FSMSの認証を取っていても、 いざ、一…続き
ペストマネジメント
第94話 勉強会を食品安全管理に活用する 前話に続き、勉強会を食品安全管理に活用することの続きです。 勉強会の後、従業員が動くようにします。 勉強会後「今日の内容を、日々の仕事に活かしてください」だけでは、 動ける従業員はほ…続き
ペストマネジメント
第93話 勉強会のあり方 従事者の勉強会をおこなう時は、 「おこなわないといけないから」と、ありきたりの勉強会をおこなうのでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することを考えたいです。 話を聞いて終わりでなく、…続き