TOP
衛生管理コラム

第60話 HACCPが改訂された?② ハザード分析が重要

ペストマネジメント

「食品衛生の一般原則およびHACCP付属文書」の改訂では、ハザード分析の重要性が、改めて述べられました。

HACCPが義務化されましたが、ハザード分析をおこなわず、各業界が作成した手引きに則って、文書だけを作ったら終わりと考えてしまう食品等事業者もおられます。
しかし、HACCPの優れた点は、自らの現場に合わせ、食品安全管理の仕組みをつくることです。
そこで大切になってくるのが、自分自身でフローチャートを作り、ハザード分析をおこない、実際の現場で確認することです。
実際におこなってみると、ハザード分析・現場確認の過程で、多くの気づきがあるはずです。

しかし、ハザード分析・現場確認をおこなうことは、ハードルが高いと感じる方が多い様です。
「最初から答えが与えられていないから」が、大きな原因のような気がします。
それで、各業界が出した手引きだけに、最初から頼ってしまう方も多いのだと思います。
各業界が出した手引きや、その手引きに頼るのが、悪いと言っているのではありません。
ハザード分析と、現場確認を、自らおこなうことが大切と言っているのです。

食品等事業者の中には、日々の生産に追われ、その様な時間がないと言う方もいるかも知れません。
それでも、ハザード分析と現場での確認はおこなってください。
それほど、自身でおこなうハザード分析と現場確認では、多くの気づきがあるはずです。

HACCPでは、CCPが主に注目されます。
しかし、HACCPを構築する前提条件となるGHP(適正衛生規範)(日本でいうPRP(Prerequisite Programs)=一般的衛生管理プログラムとほぼ同じ)も非常に大切です。
ハザード分析と現場確認をおこない、製造現場にあった衛生管理プログラムを作っていくことが大切です。

HACCP/FSMS対応ペストマネジメントでも、虫混入防止の視点から、ハザード分析をおこない、現場を確認して、防虫管理(虫混入防止対策)の仕組み作りをおこないます。
全ての面で、ハザード分析、現場確認はとても大切です。

最新の衛生管理コラム 6件

マネジメントのヒント
第39話 鬼滅の刃が描いた「受け継がれる力」 「鬼滅の刃」を4~5回読み返した話をしました。 鬼が永遠の命を持つのに対して、 鬼殺隊員の、限りある命、「なまみ」の身体で、鬼に立ち向かう姿に心を打たれ、 「例え、自分は死んでも、思いは…続き
マネジメントのヒント
第38話 鬼滅の刃に見る「作りこみの極み」 「鬼滅の刃」を全巻4~5回読み返しました。 読むたびに新たな発見がありました。 鬼殺隊の柱を中心とした隊員達の描写 とりわけ鬼殺隊に入るきっかけになったできごとと そのできごとを乗…続き
マネジメントのヒント
第37話 しなやかなリーダーシップ 職場では、先輩や上司、つまり自分より立場が上の人と、価値観が合わない時があります。 私は、転職を繰り返しましたが、辞める時の多くは、周り(主に上司)との摩擦が原因でした。 今話は、会社…続き
ペストマネジメント
第91話 工場を建設する時 工場を建設する時は、当然、製造ラインを中心に計画します。 この時、図面を見せてもらって、防虫対策や防かび対策をチェックさせてもらうのが理想です。 食品工場建設経験が少ない、地元工務店に工事…続き
ペストマネジメント
第90話HACCP/FSMSのお手伝いをする上での「害虫駆除業者の立ち位置」  HACCP/FSMS認証を受けた工場で、害虫管理の仕事をする時、 誤解を恐れずにいえば、 害虫駆除業者の立場は、アドバイザーであるべきと思っています。 正しくいえば、アドバイザーとしてふ…続き
マネジメントのヒント
第36話 不動心について 安倍元総理の慰霊碑(留魂碑)には、安倍元総理が好んで使った「不動心」という言葉が刻まれています。 不動の心は、志に向かって、ゆるぎなく歩む力強い言葉ですが、 不動の心を持つ前に大切なことが…続き