TOP
衛生管理コラム

第60話 HACCPが改訂された?② ハザード分析が重要

ペストマネジメント

「食品衛生の一般原則およびHACCP付属文書」の改訂では、ハザード分析の重要性が、改めて述べられました。

HACCPが義務化されましたが、ハザード分析をおこなわず、各業界が作成した手引きに則って、文書だけを作ったら終わりと考えてしまう食品等事業者もおられます。
しかし、HACCPの優れた点は、自らの現場に合わせ、食品安全管理の仕組みをつくることです。
そこで大切になってくるのが、自分自身でフローチャートを作り、ハザード分析をおこない、実際の現場で確認することです。
実際におこなってみると、ハザード分析・現場確認の過程で、多くの気づきがあるはずです。

しかし、ハザード分析・現場確認をおこなうことは、ハードルが高いと感じる方が多い様です。
「最初から答えが与えられていないから」が、大きな原因のような気がします。
それで、各業界が出した手引きだけに、最初から頼ってしまう方も多いのだと思います。
各業界が出した手引きや、その手引きに頼るのが、悪いと言っているのではありません。
ハザード分析と、現場確認を、自らおこなうことが大切と言っているのです。

食品等事業者の中には、日々の生産に追われ、その様な時間がないと言う方もいるかも知れません。
それでも、ハザード分析と現場での確認はおこなってください。
それほど、自身でおこなうハザード分析と現場確認では、多くの気づきがあるはずです。

HACCPでは、CCPが主に注目されます。
しかし、HACCPを構築する前提条件となるGHP(適正衛生規範)(日本でいうPRP(Prerequisite Programs)=一般的衛生管理プログラムとほぼ同じ)も非常に大切です。
ハザード分析と現場確認をおこない、製造現場にあった衛生管理プログラムを作っていくことが大切です。

HACCP/FSMS対応ペストマネジメントでも、虫混入防止の視点から、ハザード分析をおこない、現場を確認して、防虫管理(虫混入防止対策)の仕組み作りをおこないます。
全ての面で、ハザード分析、現場確認はとても大切です。

最新の衛生管理コラム 6件

ペストマネジメント
第98話 勉強会後活動はゆっくりと 勉強会後の食品安全管理の実践は、ゆっくりやることです。 5S活動を中心に、やりやすい所から、少しずつやります。 一カ所うまくいったら、別の箇所へ、それがうまくいったら、また別の箇所へ。…続き
ペストマネジメント
第97話 勉強会後活動の利点 ただ勉強会をおこなうだけでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することをお話ししました。 勉強会では、知識を頭に入れるだけです。 知識は実践してこそ理解でき、身につきます。 皆が…続き
ペストマネジメント
第96話 勉強会の時に意識したいこと② 勉強会の成果を出すためには、勉強会実施の環境を整えることも大切です。 まず、社長や工場長自身が、「勉強会は大切」という意識を持つことです。 「勉強会は大切」という意識を持つと、準備の大…続き
ペストマネジメント
第95話 勉強会の時に意識したいこと① 食品安全管理では、ルールを守りやすい環境を作ることが大切です。 理想をいえば、守らないと違和感を覚えるような環境が良いです。 食品工場中には、FSMSの認証を取っていても、 いざ、一…続き
ペストマネジメント
第94話 勉強会を食品安全管理に活用する 前話に続き、勉強会を食品安全管理に活用することの続きです。 勉強会の後、従業員が動くようにします。 勉強会後「今日の内容を、日々の仕事に活かしてください」だけでは、 動ける従業員はほ…続き
ペストマネジメント
第93話 勉強会のあり方 従事者の勉強会をおこなう時は、 「おこなわないといけないから」と、ありきたりの勉強会をおこなうのでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することを考えたいです。 話を聞いて終わりでなく、…続き