TOP
衛生管理コラム

第43話 HACCP/FSMS対応ペストマネジメントの従事者教育③

ペストマネジメント

前話で、従事者勉強会をおこなう上で大切なことをお話しました。
今話では、どのようなことを話せば良いかを考えてみます。

①虫の異物混入について、実感してもらいます。
異物混入は実際に起こることを伝え、異物混入が起こるとお客がどんな気持ちになるか考えてもらいます。
製造者にとっては、何百万分の1でも、消費者には全てであることを伝えます。

②ルールを守らないと、異物混入が起こることを伝えます。
製造工程のどこで、虫が混入する可能性があるか?を伝えます。
実際に混入しそうな場所(製品が裸で流れている場所など)を写真で見せます。

③現場では、どんな虫が混入する可能性があるか?を伝えます。
実際に、虫が侵入/発生している箇所を見せます。
実際の虫や、トラップの捕獲状況などを見せます。
虫が侵入/発生している箇所と製造ラインとの位置関係も説明します。

④虫が危険なことについて説明します。
虫は少しの隙間からも侵入してくること、少しの汚れからも発生することを伝えます。
虫が短期間で増えることを伝えます。

⑤虫の侵入/発生を防ぐために、どのような対策・ルールがあるか話します。
製造現場でおこなっている、実際のルールについて説明します。
製造作業中・清掃作業中の写真があると良い(個人が特定されないようにする)です。
モニタリング結果と合わせて、ルールを守ることの大切さを説明します。

⑥異物混入対策の大切さとルールを再確認します。

以上です。
従事者に、異物混入の恐ろしさと、ルールを守らないと実際に起こる可能性があること、異物混入を防ぐために、何をしなければいけないかを、具体的に伝えることが大切です。

最新の衛生管理コラム 6件

その他
第56話 安心して意見を聴ける人(検証をおこなっている人)の見分け方 第54話で、情報には検証が必要であることをお話しました。 最初は、誰の話を信じたら良いのか、分からないこともあるでしょう。 私の見分け方は3つです。 1)情報の出所をしっかりと示す人…続き
ペストマネジメント
第56話 HACCP/FSMS対応ペストマネジメント契約時① 聞き取ること、確認すること 第3話「なおざりになる虫対策」で、防虫業者を変えた時、前の会社と同じ仕様で始める会社についてお話しました。 独自のやり方をおこなうわけでもなく、自分達の考え方を説明するわけでもない会社です。…続き
その他
第55話 アンケート結果でも、事実を歪めることができる。 第54話で、検証の必要性を痛感したお話をしました。 検証は絶対に必要ですが、事実を歪めようとする人達は、あの手この手を使ってきます。 第55話では、アンケートの取り方について検討します…続き
その他
第54話 検証の必要性を痛感する 安倍元総理が亡くなった後の報道で、検証の必要性を痛感しました。 まずは、偏見無しに、次のことを比べてみてください。 〇安倍元総理の銃撃後 <現実> 安倍元総理が亡くなって、世界中か…続き
よりよい組織作りのために
第57話 検証能力について⑤  現場での検証 HACCPでは、手順4(製造工程一覧図作成)~手順7(必須管理点を設定する)で、製造現場を把握して、問題と対策をまとめます。 現場におもむき、仕組みを作ることによって、多くの気づきがあったと…続き
よりよい組織作りのために
第56話 検証能力について④ 情報発信力と得られるもの 第53~55では、検証能力として、情報の取り方についてお話しました。 第56話では、検証しやすい情報発信の仕方について考えます。 「私は、情報発信なんかしない」と思われたかも知れません…続き